天才を育てた女房のあらすじとキャスト一覧!子供兄弟の子役は誰?

ドラマ 天才を育てた女房

2月23日の金曜ロードSHOW!は、読売テレビ創立60周年記念ドラマ「天才を育てた女房~世界が認めた数学者と妻の愛~」が放送される。

 

本ドラマは大阪生まれの天才数学者・岡潔氏が、数学に捧げた人生を妻・みちさんの目線で描いたヒューマンストーリー。

 

主演キャストには、女優の天海祐希と俳優の佐々木蔵之介が夫婦役で出演。

 

その他キャストに生瀬勝久、萬田久子、笹野高史、寺田農、渡辺哲、泉ピン子、内場勝則らが岡夫婦を支える家族・友人・同僚たちを演じる。

 

また、岡夫婦には3人の子供がおり、長男・煕哉氏、長女・すがねさん、次女のさおりさん兄弟を事務所に所属する子役タレントが演じる。

 

今回は、天海祐希主演ドラマ「天才を育てた女房」のあらすじやキャストについてまとめてみた。

Sponsored Link

天才を育てた女房のあらすじ

伝説の天才数学者としてその名を世界に轟かせた岡潔氏。

 

知るひとは少ないかもしれないが、岡潔氏は世界の数学者が長年取り組みながらも解けなかった難問を解いたことが認められ、1960年に文化勲章を受章した人物である。

 

あのノーベル賞受賞者の湯川秀樹、朝永振一郎の恩師でもあり、文化勲章受章の著書には『春宵十話』をはじめ、多くの文学・哲学書がある。

 

岡潔氏は1901年(明治34年)4月19日に大阪市東区(現在は中央区)に生まれ、ほどなくして和歌山県紀見村(現在の橋本市)に移り住んだ。

 

幼少期~中学時代を紀見村で過ごした岡氏だったが、中学3年の時にたまたま父親の書棚にあったウィリアム・クリッフォ−ド著書「数理釈義」を発見。

 

それをきっかけに数学の魅力に取りつかれた岡氏は、著書で説かれている定理に夢中になったのだ。

 

そして今回のドラマのあらすじには、数学を究めるためだけに生きる夫に振り回されながらも、温かく辛抱強く支える妻・みちさんの人生が描かれているのである。

 

※ドラマ 天才を育てた女房 あらすじ

大正13(1924)年、大阪・日本橋。雷鳴とどろく曇り空の中、みちは潔と運命の出会いをする。

結婚後、京都大学の講師になった潔は背広にノーネクタイ、晴れの日でも雨靴をはいて大学に通い、講義中も自分の研究に没頭する。

見かねた上司から留学を勧められ、一人フランスに旅立つことに。

残されたみちは「私を置いていくな!」と怒り、潔を追いかける。

世界の難問を解決しても、日本の数学界からはなかなか理解されない潔。

家計は火の車で、みちは離婚を考えるものの思い直し、夫の良き理解者であり続ける。

そして1960年、潔はついに文化勲章を受章する--。

Sponsored Link

天才を育てた女房のキャスト一覧

ドラマ「天才を育てた女房」は岡夫婦の絆を描いた物語。

 

天海祐希が演じるのは、夫を信じ、温かく辛抱強く支える妻のみちさん。

 

佐々木蔵之介が、天才数学者・岡潔氏を熱演する。

 

その他のキャストとして、生瀬勝久が京都大学で岡氏の学友・秋月康夫役、笹野高史が明治から昭和初期にかけて活躍した天才的将棋士・阪田三吉役、泉ピン子が貧しい生活ながら夫の阪田三吉を支えた妻・阪田コユウ役を演じる。

 

また、寺田農は岡氏の父親・岡寛治役を、渡辺哲はみちの父親・小山玄松役、萬田久子がみちの姉・北村みよしを演じ、内場勝則がみちの姉・北村みよしの夫・北村純一郎を演じる。

 

※ドラマ 天才を育てた女房のキャスト一覧と相関図

ドラマ 天才を育てた女房 相関図

出典元:天才を育てた女房の公式サイトより

 

岡みち/天海祐希

岡潔/佐々木蔵之介

岡寛治/寺田農

秋月康夫/生瀬勝久

木下雅則/立川談春

阪田三吉/笹野高史

阪田ユウコ/泉ピン子

小山玄松/渡辺哲

北村純一郎/内場勝則

北村みよし/萬田久子

天才を育てた女房の子供兄弟を演じた子役は誰?

岡夫婦には長男、長女、次女の3人の子供がいる。

 

名前は長男が煕哉氏、長女がすがねさん、次女がさおりさんで、それぞれの兄弟を子役タレントが演じている。

 

まず、ドラマの中で19歳の岡煕哉役を演じている子役だが、土師野隆之介(はしのりゅうのすけ)くんと言って、赤ちゃんから大人までのタレント育成&マネージメントをする「セントラル株式会社」に所属。

 

生年月日は2003年4月19日で、過去にはNHK大河ドラマ「平清盛」の牛若丸役や「白夜行」桐原亮司の息子役、映画では「MONSTERS」で山田孝之の幼少役や「最後の命」柳楽優弥の幼少役などを務めている。

 

そして、長女のすがねさん役は、3歳のすがね役を田中乃愛(たなかのあ)ちゃんが演じ、幼少期のすがね役を高丸えみり(たかまるえみり)ちゃんが演じている。

 

田中乃愛ちゃんは「セントラル株式会社」に所属する子役で、生年月日は2013年7月9日。

 

過去にはドラマ「過保護のカホコ」で糸の幼少役や「コウノドリ」にも出演。

 

ももクロの「泣いてもいいんだよ」のPVにも出ている。

 

また、高丸えみりちゃんは3歳~18歳までの子役タレントが大勢いる「スマイルモンキー」に所属。

 

生年月日は2009年5月16日で、舞台を中心に活動。

 

テレビの方では、昨年の「痛快TVスカッとジャパン」や「世界一受けたい授業」の関西弁ナレーションなどを担当した。

 

そして最後になるが、0歳時のさおり役を「テアトルアカデミー」に所属する石田あん、石田えまちゃんが務めている。

 

今回、ドラマの主人公となった岡潔氏は昭和53(1978)年3月1日に他界。(享年78歳)

 

妻のみちさんは、それから3か月後に亡くなった。

Sponsored Link

▲トップへ戻る