メルボルン事件 冤罪の真相は?通訳と勝野兄弟 チャーリーが犯人?

爆報!THE フライデー

この記事では日本人5人がオーストラリアで麻薬の運び屋に仕立てられ、冤罪に巻き込まれた「メルボルン事件」の概要などについて説明する。

 

メルボルン事件とは1992年6月17日、日本人観光客7人がオーストラリアのメルボルンに入国しようとしたところ、スーツケースから総計13キロのヘロインが発見され、麻薬密輸の現行犯として逮捕された事件。

 

逮捕された5人は犯行を否定し、冤罪を主張したが、通訳に問題があって認められなかった。

 

結局、その後の裁判では、旅行を企画した男性に懲役20年、残る4人に懲役15年の判決が下り、全員が刑務所生活を余儀なくされた。

 

一体この事件の真相はどこにあるのか。

 

事件が冤罪なら真犯人は必ず存在するし、その人物が5人を運び屋に仕立て上げたということになる。

 

一説によると、「ガイドのチャーリーが怪しい」、「旅行を企画した勝野良男氏が怪しい」など言われているが、いずれにしても真相は闇の中だ。

メルボルン事件 本多千香の冤罪の真相は?

7人のうち、メルボルン事件で逮捕されたのは、本田千香さん、浅見喜一郎氏、勝野3兄弟の長男・正治氏、次男・光男氏、三男・良男氏の5人。

 

残る2人、石黒めぐみさんと加藤裕美さんは強制送還となった。

 

また、勝野兄弟の次男・光男氏は千香さんが働いていたパブの常連客で、オーストラリア旅行に本田千香さんを誘った人物でもあった。

 

千香さんは光男氏以外は初対面だったのである。

 

そして7人一行は6月15日、成田空港からクアラルンプール経由でオーストラリアに向かった。

 

クアラルンプール空港に着くと、チャーリーという現地ガイドが迎え、一行を2台の車に案内した。

 

そこで石黒さんと加藤さん、良男氏は、他の4人よりも荷物が少なく、1台の車に荷物を積み、千香さん、浅見氏、正治氏、光男氏の4人は、もう1台の車にスーツケースを積み込んだ。

 

しかし、4人のスーツケースを積んでいた車がレストランの駐車場で盗難にあう。

 

翌日になり、紛失していたスーツケースはチャーリーが発見したものの、全てズタズタに切り裂かれていたという。

 

その後4人は、チャーリーから新しいスーツケースを手渡されて、予定どおりメルボルンへと向かった。

 

そして、到着後に4人のスーツケースからヘロインが発見されたということなのだが、なぜか良男氏の荷物からはヘロインは発見されなかったという。

 

にもかかわらず良男氏は逮捕された。

今回の事件が冤罪なら、クアラルンプールで手渡された新しいスーツケースにヘロインが仕込まれていたことになる。

 

そう考えると、怪しいのはどうみても新しいスーツケースを渡した現地ガイドのチャーリーという人物と、ひとりだけヘロインが発見されなかった良男氏だろう。

 

しかもチャーリーは、スーツケースを積んでいた車が盗難にあった際、警察に盗難届けを出していない。

 

さらに、5人が逮捕されてもなぜか警察はチャーリーを捜査しなかったそうだ。

 

また、メルボルン事件に関してはほかにも不可解な点が多く、5人を担当した通訳人も疑わしい。

 

逮捕された5人は英語が話せなかったため、通訳が必要だったのだが、担当した人物の通訳がめちゃくちゃで「分からない」という発言をことごとく「分かりました」と訳されたりして警察に誤解を招いたそうだ。

 

さらに、書類などがすべて英語で書かれているために、5人は何が書いてあることすらわからず。

 

裁判が始まり、自分達の証言が作り話の様に受け取られ、終わってみると罪を認めたことになっていた。

 

5人は通訳のせいで有罪判決を受けることになったのである。

 

やはり、メルボルン事件の真相は、ヘロイン入りのバッグにすり替えられ、運び屋にされた冤罪で、通訳やチャーリー、良男氏が事件に絡んでいた可能性がありそうだ。

メルボルン事件 通訳と勝野兄弟 チャーリーが犯人?

3月2日の「爆報!THE フライデー」でメルボルン事件のことを放送するようだが、この事件は有名なので過去にもテレビで特集されている。

 

そして、冤罪を科せられたひとり、本多千香さんは15年の判決が言い渡されたが、10年に減刑され2002年11月に仮釈放された。

 

他の3人も千香さん同様、2002年11月に仮釈放され日本に帰国。

 

主犯格にされたツアーリーダー勝野良男氏は懲役20年の刑を受けていたが、2006年5月、事件から約14年ぶりに仮釈放されている。

 

これで5人全員が刑務所から出所し、千香さんに至っては60歳を過ぎた。

 

現在、さいたま市内で一人暮らしし、パブのエスコート役の仕事をしながら無罪を証明する手段を探しているそうだ。

 

ここでもう一度「メルボルン事件」に焦点をあててみる。

 

この事件で怪しい人物は通訳と勝野良男氏、ガイドのチャーリー。

 

なかでも良男氏とチャーリーが組んで、残りの4人を運び屋に仕立て上げた可能性が濃厚だ。

 

良男氏は元暴力団で、麻薬売買の前科持ち。

 

良男氏の荷物の中にヘロインは入っていなかったにもかかわらず、逮捕されたのは、事件の主犯格と当局が判断したからなのだろう。

 

そして、良男氏の兄弟・正治氏は元警官、光男氏は建設業なので暴力団とは無関係。

 

浅見氏も元映画のスタントマンということなので事件に携わっていなかったとみられる。

 

一方、クアラルンプールからメルボルンへの航空券を全員分支払っているガイドのチャーリーの動向も怪しい。

 

チャーリーが支払った理由は不明だが、そうしたのにはヘロインの密輸が絡んでいたからとみるのが妥当だろう。

 

また、通訳に関しては犯人ではないにせよ、もっと能力のある通訳人が付いていれば冤罪は生まれなかったかもしれない。

 

逮捕された5人に対してたった1人の通訳人しか割当てられず、しかも通訳が不十分なため、法廷内外での弁護人と被告人との間のコミュニケーションも十分でなく、5人は自己の防御権等の理解が不充分なまま法廷に臨んでいたという。

 

そのおかげで全員が刑務所送り。

 

千香さんなんかは英語が話せなかったため壮絶ないじめに遭ったという。

 

これまで犯行歴のなかった千香さんは、刑務所に入って2ヵ月後にパニック障害を起こすようになって精神安定剤を飲むようになったとか。

 

さらには手首を切って自殺未遂を図っていることを思うと、相当精神的においつめられていたのだろう。

▲トップへ戻る