四月は君の嘘(映画)の病気(病名)は何?撮影場所の聖地とキャスト一覧

映画 四月は君の嘘

この記事は、3月26日に地上波初放送される映画「四月は君の嘘」の考察を述べたものである。

 

本作品のストーリー後半でヒロイン・宮園かをり演じる広瀬すずが病気だったことが発覚するのだが、病名は一体何だったのか。

 

また、登場人物のキャストや撮影場所となった聖地など、ネタバレになるが、気になることについてふれている。

 

本作品の原作は、新川直司の同名漫画。(略称は『君嘘』)

 

2014年秋から2015年春にかけてアニメ化され、2016年秋に広瀬すずと山崎賢人のW主演で実写映画化された。

 

そして今回放送されるのは、2016年秋に公開された実写映画版の方。

 

ただ、その内容はというと、アニメをわざわざ実写化しているため、ストーリーがかなりまとめられている。

 

実写化のほとんどはアニメの膨大なストーリーを約2時間でまとめなければいけないので、必然的に無理が生じ、ファンから批判が殺到するケースが多い。

 

この「四月は君の嘘」もまさしくそのパターンで、メインキャストが発表されて早々批判が殺到した作品である。

Sponsored Link

四月は君の嘘(映画)かをりの病気(病名)は何?

映画「四月は君の嘘」は、設定がとにかく曖昧だが、原作、アニメを知らなければ、感動で涙する作品といっても過言ではない。

 

映画「四月は君の嘘」のあらすじを簡単にまとめると、

 

・母親(檀れい)の死を境にピアノが弾けなくなっていた天才ピアニストの有馬公生(山崎賢人)が、バイオリニスト・宮園かをり(広瀬すず)と出会う。

 

・公生がかをりと出会い、コンクールに出場するかをりの演奏を観る。

 

・次のコンクールに出場するかをりの伴奏を公生が担当する。

 

・特別に招待されたコンクール(ガラコン)にかをりが来なかったので、公生がかをりの代役を務めてピアノを演奏し、母親のトラウマを克服。

 

・かをりがコンクールに行けなかったのは倒れたためで、ここで病気を患っていたことが始めてわかる。

 

・公正が東日本ピアノコンクールに出場。同日、かをりが手術を受ける。

 

・かをりが最期に書いた公正宛ての手紙を朗読。

END。

 

公生は母親の死をきっかけに、ピアノを弾くことがトラウマとなり苦しみ続けてきた。

 

そこで、かをりと出会い、再びピアノと母親との思い出に向き合い始める。

 

最終的にトラウマを振り払ってくれたのが、自由で楽しげな演奏をする「宮園かをり」だった。

 

しかし、かをりはひとつ嘘をついていた。

 

渡亮太(中川大志)のことを好きという嘘と、病気を患っていることを隠していたかをりは、自分の命はもう長くないと悟り、自由に生きることを決心。

 

その姿に公生は心を打たれたのだった。

 

そこで、主人公のかをりは結局何の病気だったのか?

 

映画の中では病状だけしかわからず、「白血病」や「筋ジストロフィー」、「ALS」、「多発性硬化症」などの難病だという声がネット上であがっているが、推測でしかない。

 

作者が病名を明かさないのは、かをりは最後に亡くなってしまうので、同じ病気を持つ人への配慮からだそう。

 

このご時勢、作者が病名を明かしてしまうと、同じ病気の患者や家族からクレームが来ることがあるようなので、誤解を与えないために病名を出さないということなのだろう。

Sponsored Link

四月は君の嘘(映画)のキャスト一覧

四月は君の嘘のアニメ版を2時間の実写映画でおさめることは無理がある。

 

そもそも、君嘘はアニメで2クール放送された作品。

 

30分放送が24話で、約12時間分放送していた内容を、たかが2時間程度でまとめて、「何が伝わるんだ」とファンから批判の声があがっている。

 

キャスト陣にしても当然大幅にカットされているため、アニメ版の相座武士、井川絵見、相座凪などは登場しない。

 

さらに設定も曖昧で、アニメ版の中学生に対し、映画版は高校生になっている。

 

これまでもそうだが、アニメを実写化すると原作のイメージがだいぶ崩壊されるため、反対する人は多い。

 

生身の人間では表現できないのでアニメ版がある。

 

自分と同じような意見を持つ人は多いと思う。

 

※映画「四月は君の嘘」のキャスト一覧

・広瀬すず/宮園かをり

・山崎賢人/有馬公生

・石井杏奈(E-girls)/澤部椿

・中川大志/渡亮太

・板谷由夏/瀬戸紘子

・檀れい/有馬早希

・甲本雅裕

・本田博太郎

四月は君の嘘(映画)撮影場所となった聖地

「四月は君の嘘」の原作は、主に東京都練馬区が舞台。

 

作中にも練馬区内に存在する石神井公園や練馬文化センター、道路などが聖地となっている。

 

そして映画版の撮影場所はというと、都内以外にも神奈川、千葉、埼玉、静岡、岐阜といったところが撮影場所に選ばれた。

 

主な撮影場所の聖地は以下の通りである。

 

・高校(外観、屋上、グラウンド)⇒ 神奈川県鎌倉市七里ガ浜2丁目:神奈川県立鎌倉高等学校

・高校の内部⇒ 静岡県熱海市下多賀:静岡県立熱海高等学校

・高校の通学路の桜並木⇒ 静岡県富士宮市宮北町:静岡県立富士宮北高等学校

・有馬公生、澤部椿、渡亮太を乗せたバスが走っていた海沿いの道⇒ 神奈川県逗子市新宿2丁目:国道134号線

・有馬公生、澤部椿、渡亮太が話しながら渡っていた橋⇒ 岐阜県郡上市八幡町島谷:吉田川の新橋

・澤部椿が有馬公生に単なる友人Aとして約束に参加してほしいと話した高台の道⇒ 神奈川県藤沢市片瀬山5丁目:富士見坂

・有馬公生が子供たちと鍵盤ハーモニカを吹く宮園かをりの姿を隠し撮りしようとしてバレた公園⇒ 神奈川県横浜市南区清水ヶ丘:清水ヶ丘公園

・ガラコンサート会場⇒ 埼玉県川口市川口3丁目:川口総合文化センターリリア
※11歳の時の有馬公生が演奏中にピアノの音色が聴こえなくなった会場

・藤和音楽コンクールの会場⇒ 東京都立川市錦町3丁目:たましんRISURUホール

・有馬公生が宮園かをりに誘われて女の子2人にピアノを聴かせたレストラン⇒ 神奈川県茅ヶ崎市中海岸4丁目:Southern Beach Cafe

・歩いていた有馬公生に宮園かをりが声をかけた歩道橋⇒ 神奈川県茅ヶ崎市緑が浜:浜須賀歩道橋

・宮園かをりと有馬公生が走っていた線路沿いの道⇒ 江ノ電沿いの道

・宮園かをりが有馬公生を連れて行って夕陽を見た公園⇒ 神奈川県鎌倉市稲村ケ崎2丁目:稲村ケ崎公園

・澤部椿が降りたバス停⇒ 神奈川県藤沢市片瀬山3丁目:片瀬山住宅街

・宮園かをりと有馬公生が澤部椿と渡亮太の自転車にそれぞれ乗った場所⇒ 神奈川県鎌倉市七里ガ浜2丁目:神奈川県立鎌倉高等学校

・澤部椿と渡亮太がそれぞれ宮園かをりと有馬公生を自転車の後ろに乗せてコンクール会場に向けて走っていた海沿いの道⇒ 神奈川県藤沢市鵠沼海岸1丁目:湘南海岸公園

・宮園かをりと有馬公生がそれぞれ川に飛び込んだ橋⇒ 岐阜県郡上市八幡町島谷:吉田川の新橋
※川の水面から橋までは、高さ12mもある

・有馬公生、瀬戸紘子、小春が話しながら歩いていた商店街⇒ 神奈川県鎌倉市七里ガ浜東3丁目:七里ガ浜商店街

・高校から出てきた宮園かをりと有馬公生が星空を見た場所⇒ 神奈川県鎌倉市七里ガ浜2丁目:神奈川県立鎌倉高等学校

・宮園かをりと有馬公生が「きらきら星」を歌いながら歩いていた坂道⇒ 神奈川県鎌倉市七里ガ浜2丁目:鎌倉高校南側の坂道

・有馬公生と瀬戸紘子が審査員に演奏の時間をずらしてもらえないかと話した場所⇒ 神奈川県横須賀市光の丘:横須賀リサーチパーク1番館

・宮園かをりが入院する「都津原大学病院」の外観⇒ 神奈川県横須賀市光の丘:横須賀リサーチパーク1番館
※宮園かをりの左脚が動かなくなった病院のロビー

・宮園かをりが入院する「都津原大学病院」の内部⇒ 千葉県東金市丘山台3丁目:東千葉メディカルセンター

・宮園かをりと有馬公生が買い物をしていた店⇒ 神奈川県藤沢市辻堂元町6丁目:KONCENT SHONAN T-SITE

・宮園かをりと有馬公生が行列に並んでいた「力餅家」⇒ 神奈川県鎌倉市坂ノ下:力餅家

・宮園かをりと有馬公生が訪れた水族館⇒ 神奈川県藤沢市片瀬海岸2丁目:新江ノ島水族館

・宮園かをりと有馬公生が一緒に行った海岸⇒ 神奈川県三浦市初声町三戸:三戸浜海岸

・澤部椿が有馬公生に告白した高台の公園⇒ 神奈川県横浜市南区清水ヶ丘:清水ヶ丘公園

・宮園かをりが有馬公生に死にたくないと思いを伝えた病院の屋上⇒ 神奈川県鎌倉市笹目町:鎌倉市立御成中学校

・有馬公生が出場した「東日本ピアノコンクール本選」の会場⇒ 東京都立川市柏町5丁目:国立音楽大学講堂

・回想シーンで宮園かをりが後悔を天国に持ち込まないと決意して走り始めた坂道⇒ 神奈川県鎌倉市腰越1丁目:鎌倉高校近くの坂道

引用元:全国ロケ地ガイド

Sponsored Link

▲トップへ戻る