山口達也の被害者女性(もにか)画像!相手を実話ナックルズの記事内容で特定?

山口達也 画像

ジャニーズ「TOKIO」のメンバー・山口達也(46)が書類送検されたというニュースが飛び込んできた。

 

相手の女性と知り合ったのは、山口が出演するNHK・Eテレ「Rの法則」だったと報じられており、今年2月、山口の自宅マンションでの出来事だったという。

 

そして山口の被害者女性だが、きっかけは「Rの法則」で知り合ったとされているため、レギュラーとして出演しているR’sメンバーで間違いないらしい。

 

R’sメンバーは中学生や高校生、アイドルなど10代が中心のレギュラー出演者。

 

当初、被害者女性は16歳でRの法則メンバー、他にも17歳のメンバーも一緒に居たとのことだったが、後の報道で相手の女性は17歳の方だと分かった。

 

ただ、最初に相手が16歳と報じられたためか、被害者は16歳のメンバー・赤沼葵、一緒に居たという17歳メンバーは城田サクラではないかとネット上に拡散されてしまったのだ。

 

(関連記事….山口達也 相手の女を特定?被害者と友人の名前はRの法則メンバー2人?)

(山口達也の弟(画像) プロレスラーKouzy イケメンで昔はヤンキーだった!)

(山口達也 酒癖の悪さは有名で女癖のエピソードも!病院はどこに入院?)

 

2人の名前が浮上したのは、他に該当するメンバーは報道当日、ふつうにツイッターを更新し、普段と変わらない様子なのに赤沼葵と城田サクラだけは共に今月11日を最後にツイッターの更新がストップしていたという理由からである。

 

しかし、被害者女性だと思われた赤沼葵は、このウウワさに対して「今回の事件の被害者ではありません」と自身のインスタで否定。

 

ツイッターの更新がストップしていたのと、インスタを非公開にしていたのは、「全く別の件のRの法則で炎上してしまってからです」と別の問題に理由があったことを主張したのである。

Sponsored Link

山口達也の相手を実話ナックルズの記事内容で特定?

26日に会見を開いた山口達也は、自宅に居た男性は自分だけ、相手の女性と一緒だった友人には飲酒をすすめていなかったと述べた。

 

しかし、後の報道で山口以外にもう1人男性が居たことが判明。(後に誤報としてフジテレビが謝罪)

 

さらに飲酒をすすめていたということだが、この件に関しての真相は謎のままである。

 

すると、山口の会見を見ていたと思われる雑誌「実話ナックルズ」が「全然真相話してないですよね」とツイッターでつぶやいた。

 

さらに「会見場に入れてくれなかった」など、意味深なツイートをしていたのだ。

 

 

「実話ナックルズ」によると、今回の件が発覚する前の2月28日発売号に「人気情報番組『ZIP!』出演者に未成年アイドル食い疑惑」と題した記事を紙面に掲載していたとか。

 

 

ツイッターの内容が「山口メンバーの裏の顔について、本誌は数ヶ月前から情報を入手。」としているように、実話ナックルズは前から相手の情報などを仕入れていたとみられる。

 

※実話ナックルズ2月28日発売号の記事内容

■「ぶっちゃけ、ウチのコが”ご指名”されるんじゃないかって、ヒヤヒヤもんですよ。万が一明るみになればこちらも巻き添えを食うのは間違いないですから」

■中堅アイドル事務所の関係者が、神妙な面持ちで語るのは、日本人なら多くの人が知っているであろう、朝の人気情報番組『ZIP!』に出演するメンバーZの事である。
飄々としたキャラクターで仕事をこなすが、この”知られざる顔”に関係者は戦々恐々としているようだ。

■「彼、何年か前にパートナーとトラブルを起こしてますよね。その時、一部業界関係者の間に、その”真相”が漏れ伝わっていったんです」(同関係者)

■トラブルを起こしたZは、その原因を「自身のワガママ」、そして「すれ違い」としていた。つまり、仕事に打ち込むあまり相手を顧みる余裕がなくなり、様々な負担を掛け過ぎてしまったのだという。

■「トラブルの原因としては、最も当たり障りのないごくありふれたもの。しかし、マスコミの追及に逃げも隠れもしなかったZは、むしろ男を上げたなどと表されていたものです」(スポーツ紙記者)

■しかし、話はこれで終わらなかった。現在もZがレギュラーを務める某人気番組には、様々なジャンルの若手芸能人が多数出演しているが、知られざる舞台裏を前出の関係者が明かす。

■「Zさんがトラブルを起こした直後ぐらいに、何の前触れもなく、レギュラーだった当時17歳のJKアイドルが、発表もなく降板したんですよ。
その時は、スケジュールの都合かな、くらいに考えていたのですが、後々、別の出演者の所属事務所関係者に、”真相”を聞いたところ、身震いするほどの衝撃を受けました」

■このJKアイドル、仮にA子とするが、彼女はZに気に入られたのか楽屋で連絡先を交換し、プライベートでも交流を持つようになっていったのだという。

■「といっても、あまりの年齢差から、誰も深い仲などとは思わず、単なる『仲良し親子』くらいの認識でした。しかし、実際は違った。A子はZのマンションに何度も通っていて、当然、男女の関係になっていたというんです」(同)

■そしてこの行動が、Zのパートナーとの関係にも支障をもたらした。

■「Zは自宅の他に、仕事のために”衣装部屋”と称するマンションを都心に借りていて、A子との密会場所はそこだった。そしてZのパートナーは、きっと以前からZの浮気を疑っていたのでしょう。
警備会社を使って、常設されている防犯ビデオを確認したというんです。自分のパートナーが、年端もいかないアイドルと2人きりで、”衣装部屋”に入っていった……後は想像通りの展開です」(同)

■Zの”トラブルの真相”だけでも驚きだが、話はこれで終わらない。なんとZは、現在でも共演者、しかもJKを狙って「深い仲」になり続けているのだという。

■「番組サイドにバレて、A子はすぐさまクビになりましたが、Zはそれ以降も”エモノ”を狙い続けていたんです。
現在の準レギュラーにも、1人のJKアイドルがZの毒牙にかけられているし、ゲスト出演した未成年アーティストにも、Zは連絡先の交換を持ちかけていた。
彼の性欲を押さえつけておかないと、いずれ今回のようなトラブルでは済まない、大事件に発展しかねませんよ」(同)

■未成年相手の”性欲モンスター”と化してしまったZ。果たして事態が明るみになる日は来るのか。

 

記事に書かれている内容だが、まずZは山口達也のことのようで、パートナーというのは離婚した元嫁の、高沢悠子のことを指していると思われる。

 

山口は離婚後、Rの法則レギュラーだった当時17歳のJKアイドルと関係を持った。

 

衣装部屋と称するマンションを借りて17歳のJKアイドルと浮気。

 

そのことが元嫁にバレて離婚したと受け取れる。

 

そして相手のJKアイドルは番組サイドにバレて降板。

 

その後も山口は、番組レギュラーメンバーの女子を狙い続けていたとされる。

 

このように、実話ナックルズは山口達也の相手の女性に関した記事を掲載していた。

 

さらに、記事内容にもとづくひとりのアイドルが特定されたのである。

Sponsored Link

山口達也の被害者女性(もにか)画像

実話ナックルズの記事に該当する被害者女性のJKアイドルだが、調べてみると年齢は現在17歳で、山口達也の離婚後に番組を降板していたメンバーが1人見つかった。

 

名前は菅沼もにか(現在は三田萌日香に改名)。

 

元ハコイリムスメに所属していたアイドルで当時は16歳である。

 

(菅沼もにか((三田萌日香))の画像)
山口達也 被害者女性 画像

 

菅沼もにか(三田萌日香)は、山口が離婚した2016年8月直後の9月15日に「Rの法則」を降板している。

 

番組を降板した理由は、文春にお泊りと飲酒を報じられ芸能活動を休止。

 

そのまま番組に復帰することはなかったが、現在は三田萌日香に改名。現在の年齢は17歳である。

 

Rの法則に出演している17歳のメンバーの名前は

・塩川莉世
・城田サクラ
・熊坂瑠家
・木村葉月
・桃果
・石野瑠見
・田辺真南葉
・アンジェリカ
・反田葉月
・和野優衣菜

 

2016年9月に降板した菅沼もにか(三田萌日香)も17歳なので、被害者女性の条件に当てはまる。
ネット上では「相手の女性は菅沼もにかではないか?」という声もあるが、もしそうなら実話ナックルズの記事と食い違いが生じる。

 

実話ナックルズの記事には「2016年に当時17歳のJKアイドルと関係を持った」と書かれているため、当時16歳だった菅沼もにかの年齢と一致しない。

 

また、仮に被害者女性が菅沼もにかだったとしても、とっくに関係を持っているため、いまさら被害届を出すとも考えられないのである。
やはり、特定された相手の女性は、菅沼もにかではないのかもしれない。

 

山口達也はジャニーズJrを使って、メンバーの女の子たちと連絡先を交換していたという話もある。

 

もともと山口は、結婚する前から女性関係の噂は絶えずあり、女好きで有名だという。

 

最近引っ越したという港区のマンションは27階建ての分譲タワーで、国立新美術館にも歩いていける好立地。

 

上層階なら100万円近くする高級マンションに今回の2人を呼び出していたようだが、ほかにも山口の部屋に入ったことがあるという一般人からのツイートが見つかっているのである。

 

会見で山口は部屋に未成年を入れたのは初めてだと述べていたが、どうやらこの話は真実ではなかったようだ。

Sponsored Link

▲トップへ戻る