田野岡大和君 父親のインタビューは狂言?両親は冷静で学校側も疑う!

田野岡大和 画像

北海道南部七飯町の山中で、28日から行方不明になっている北海道北斗市立浜分小学校2年、田野岡大和君(7)の捜査は現在も尚続いている。

 

大和君の父親はこれまでのインタビューで行方不明になった経緯を説明しているが、二転三転したことにネット上は「狂言しているのでは?」と、大和君の父親の説明に疑いを持っているようだ。

 

同様に大和君の通う学校側も両親から事情を聞いても怪しい?と思っているらしく、長女から事情を聞いた方がいいかも知れないと言っているとか。

 

行方不明になって5日、いまだ見つからない大和君の安否が心配される。

田野岡大和君 父親のインタビューは狂言?

田野岡大和君の行方が分からなくなったことについて当初、父親はインタビューで「山菜採りの最中に行方不明になった」と説明。

 

ところが、その後、「しつけとして山に置き去りにした」と、明かした。

 

大和君は28日、家族4人で近くの公園を訪れた際、小石を人や車に投げつけたため、両親が「悪いことをするとこうなる」という意味で、七飯町の未舗装の林道で大和君を車から降ろした。

 

ところが、泣きながら車を追いかけてきたので両親は一旦、大和君を車に乗せ、しばらくして再び降車させたとされている。

 

なぜ、父親は行方が分からなくなった経緯の説明を二転三転させたのか?

 

行方不明当時の情報として、大和くんの服装が発表された当初と変わっていたり、大和君の元へ5分後に戻ったというのが、5分~10分後に変わったりしている。

 

なんか違和感ありまくりの上に父親がインタビューに答えているときの目が泳いでいて、何かを隠すような嘘をついているようにしか思えないのである。

田野岡大和君の両親は冷静で学校側も疑う

田野岡大和君の家族について近所の評判は、「大和君は父親や姉と遊ぶ姿が見られており、家族の仲は良かった」とされている。

 

大和君は、元気でちょっといたずら好きらしいが、両親にすごくかわいがられていたそうだ。

 

そんな大和君がいなくなったら普通、取り乱してしまうのではないだろうか?

 

しかし、両親はいたって冷静だとか。

 

大和君の捜索に参加した人は「両親は全然切羽詰まった様子でもなく、学校の先生は親から事情聞いても怪しいので、長女から事情を聞いた方がいいかも」と言っていたそうだ。

 

長女はインタビューで「 私とお母さんは車の中で待っていた。そしたら大和がいなくなったとお父さんから連絡が入った」と説明。

 

長女の説明は父親の証言と食い違っているのだ。

 

学校側も両親を疑っているようで、父親が言うように大和君を置き去りにしている間、車が2台通ったなら子供が1人でいたら、見ず知らずでも「迷子?だの親は?」などと尋ね、保護するなり、通報するなりするはずである。

 

本当に大和君は置き去りにされたのか?謎は深まるばかりである。

▲トップへ戻る