クリーブランド事件 犯人 アリエル カストロの生い立ちとアマンダベリーのその後は?

クリーブランド監禁事件 犯人 画像

アメリカ・オハイオ州のクリーブランド市で、3人の女性が10年間に及び監禁されていた「クリーブランド監禁事件」が、7月11日のワールド犯罪ミステリー2★美女11年間監禁奇跡の脱出で放送される。

 

犯人は被害者3人と顔見知りだったスクールバス運転手のアリエル・カストロで、2002年から2013年までの11年間にわたり、3人の女性を監禁し、暴行を加えていた。

 

事件が発覚したのは、監禁されていた女性1人が脱出して、叫び声をあげたのを隣人が聞いたことがきっかけだった。

 

なぜ11年もの間、被害者たちは逃げ出さなかったのか。

 

また、3人を監禁していることが、なぜ誰にもバレなかったのか。

 

詳しいことは後に説明するとして、とにかくアリエル・カストロという犯人が被害者に向けてやっていたことは鬼畜だったのである。

 

自分の娘の親友を誘拐して監禁したり、逃走できないよう鎖につないで暴行を加えては、流産させての繰り返し。

 

今回はその中でもひとりの子供を出産した、アマンダベリーのその後など、「クリーブランド監禁事件」の概要に迫ってみようと思う。

クリーブランド監禁事件の犯人 アリエル カストロの生い立ち

クリーブランド監禁事件の犯人・アリエル・カストロの生い立ちは、生まれたのが1960年で、逮捕された当時は52歳。

 

両親はプエルトリコからアメリカに移民して、カストロは9人兄弟の中で育てられた。

 

1979年に地元・クリーブランドの高校を卒業し、1980年代に結婚。

 

娘、息子4人の子供に恵まれ、1991年には地元学区のスクールバス運転手として働き始めた。

 

そして1992年に、12000ドル (当時の価格は約150万円) で自宅を購入。

 

この自宅は3人の女性を監禁していたところで、地下室もあった。

 

また、普段のカストロは、凶悪事件を起こしたのが信じられないくらいの気さくな男で、評判がよく、友人も多かったという。

 

昼間はスクールバスの運転手として働き、夜は趣味のバンドに費やし、ベーシストとしてクラブなどで活躍。

 

カストロの演奏は地元でも人気だったという。

 

だが、一方で仕事などが上手くいかないとき、度々妻に暴力を振るうことがあった。

 

そのせいで夫婦生活は破綻し、1993年には、妻への暴力で逮捕されている。

 

その後は離婚して妻が子供たちを連れて出ていき、カストロは自宅で一人暮らしをしていた。

クリーブランド監禁事件は犯人の娘の親友が被害者に

アリエル・カストロに誘拐された女性3人の当時の年齢は14歳~21歳。

 

一番初めに誘拐されたのは2002年8月21日、当時21歳だったミシェル・ナイトだった。

 

当時のミシェル・ナイトは、離婚したばかりで、夫と2歳になる息子の親権争いをしていたという。

 

事件当日、実家の母親の元を訪れていたミシェルは子供のことで社会福祉士の元へ相談に行くことになっていた。

 

その道中に誘拐されることになるのだが、どうやってカストロはミシェルを自宅に連れ込んだのか。

 

カストロの手口は、2歳だったミシェルの息子に「子犬をあげる」と言って自宅に連れ込み、そのまま監禁したのである。

 

2人目の被害者はミシェルの失踪後から、およそ8か月後で、当時17歳だったアマンダ・ベリーが、地元のハンバーガーショップでバイトを終え、帰宅する途中に誘拐された。

 

カストロと顔見知りだったアマンダ・ベリーは、事件当日、姉に電話して「車で送ってくれる人がいるから」と伝えていたのだ。

 

車で送ってくれる相手というのは、当然犯人のカストロのことで、姉への電話を最後に行方がわからなくなったのである。

 

そして、アマンダ失踪から1年後に3人目の女性がカストロに誘拐された。

 

被害者の女性は当時14歳のジーナ・デヘズース。

 

ジーナ・デヘズースは、カストロの娘・アーリーンと親友で、事件当日は2人が一緒に帰宅する途中だった。

 

クリーブランド監禁事件 被害者 画像

 

カストロの自宅には、親友がいなくなって悲しみに暮れた娘のアーリーンが訪ねてくることもあったという。

 

その時すでに、ジーナ・デヘズースは家の地下室に監禁されていたのだが、分厚いコンクリートの壁に囲まれていたため、助けを求める声も届くことはなかった。

 

被害者3人と顔見知りだったカストロは、口車に乗せて女性たちを車に乗せ、次々に誘拐していったが、最後まで身代金を要求するわけでもなく、11年近く監禁していたのだ。

 

いったい、犯行の動機は何だったのか。

 

言われているのは、妻と離婚して娘や息子とも離れ離れになり、仕事でもミスが重なる。

 

やけになっていたカストロは、そのストレスから自分の娘ほどの若い女性を誘拐していったという。

クリーブランド監禁事件 犯人の洗脳

監禁事件発生後、クリーブランドでは、町の住民たちの協力のもと、捜索が始まった。

 

その中には犯人のアリエル・カストロも白々しく捜索に加わっていたのだ。

 

しかし、有力な情報が得られないまま、3人目の被害者ジーナ・デヘズースの失踪から半年経つと、住民たちの捜索は徐々に縮小されていったという。

 

そして捜索から2年が経過し、3年が過ぎても3人の消息は全く掴めなかった。

 

一方、犯人のカストロはその間も、3人の女性に性的暴行を加えていたという。

 

さらに、被害者たちにテレビニュースを見せ、世間の関心が薄れたことを見せつけ、逃げ出す気力を失わさせていたのだ。

 

これこそが犯人の巧みな洗脳テクニック。

 

カストロは3人に生きていく場所は、ここしかないと思い込ませたのである。

 

また、カストロは逃げることができないよう足に鎖をつないだり、監禁部屋に施錠して閉じ込めていたのだ。

 

その後、足の鎖が外され、ドアの鍵が開いていたときがあったため逃げ出そうとしたが、それをカストロは待ち構えていた。

 

カストロはわざと鍵をかけずに3人を試したのである。

 

仕組んだ罠にまんまとハマった3人は、逃げ出そうとした罰として暴力を受ける。

 

以来、逃げ出すことができなくなり、ついに11年近く月日が経ってしまった。

クリーブランド監禁事件の被害者 アマンダベリーのその後

被害女性3人は逃げることを完全に諦めていたのだが、2013年5月6日、ふたたび逃げるチャンスがやってくる。

 

犯人のアリエル・カストロが11年間の中で唯一、うっかりドアの鍵を締め忘れていたのだ。

 

当初、被害者らは「また罠なのか?」と、逃げるのをちゅうちょしたらしいのだが、「暴力を振るわれても良い、ここで死ぬよりはまし」だと思ったそうだ。

 

そして、勇気を振り絞り、アマンダが地下室から飛び出し、助けを求めた。

 

その声を隣に住むチャールズ・ラムジーが聞いてアマンダを救出。

 

その後、アマンダの通報を受けた警察が駆けつけ、残りの2人もすぐに救助され、カストロが逮捕された。

 

救出された被害者たちはすぐに入院を余儀なくされたが、数ヶ月後には3人とも元気よく退院。

 

退院後はというと、3人が人生を取り戻すための基金が作られ、全米から2億円を超す寄付金が集まったという。

 

そして、その後の3人は報道インタビューにこのように答えている。

 

最初に誘拐されたミシェル・ナイトは

「地獄を歩いてきましたが笑顔が戻ってきました。皆さんの心遣いに感謝して新しい人生が歩めそうです。ありがとう。」

 

2番目に誘拐されたアマンダ・ベリーは

「私は今 家族や友人と幸せに過ごしています。本当に信じられないことです。みなさんが私のプライバシーを尊重してくれて普通の生活に戻れました。」

 

最後に誘拐されたカストロの娘・アーリーンの親友・ジーナ・デヘズースは

「皆さんにお礼を言いたいです。ありがとう。そして、基金のお金で大学に行く。」

 

結局、ミシェル・ナイトとジーナ・デヘズースは最後まで地下に監禁されていたという。

 

カストロはアマンダ・ベリーがお気に入りで、最後の方は2階で過ごすことを許していたという。

 

しかもアマンダだけ子供を産ませていて、事件発覚したとき子供は6歳だった。

 

また、その後の裁判では、誘拐など937件の起訴事実を認め、仮釈放なしの終身刑が告げられた。

 

だが、その1か月後の、2013年9月3日、カストロは独房で自ら命を絶ってしまったのだ。

▲トップへ戻る