卜部弘嵩と高橋ユウの身長差は?フィリピン系ハーフで世界王者なのに弱い?

卜部弘嵩 高橋ユウ 画像

モデルの高橋メアリージュンを姉に持つ、モデルの高橋ユウが7月22日放送の「行列のできる法律相談所」で、交際中の彼氏からのプロポーズを承諾した。

 

高橋の彼氏はフィリピン系ハーフで、格闘技K-1、Krushで一時代を築いた元・世界王者の卜部弘嵩(うらべ ひろたか)選手。

 

現在、2人は同棲中だそうで、交際に発展したエピソードなどを番組で告白するという。

 

これで番組では先週に続き、2週続けてモデルが交際相手からのプロポーズを承諾することになった。

 

先週の仁香はカメラマンの柴田翔平氏、今週の高橋ユウは卜部弘嵩選手からなのだが、いかんせんどちらも知名度が低いため、せっかくのプロポーズも盛り上がりに欠ける。

 

今週の卜部弘嵩選手にしても、知っているのは格闘技ファンくらいだろう。

 

なので、今回はモデル・高橋ユウと身長差のある彼氏・卜部選手について、少し調べてみたので紹介したいと思う。

Sponsored Link

卜部弘嵩と高橋ユウの身長差は?

「行列のできる法律相談所」の出演した高橋ユウが、交際相手の卜部弘嵩選手からプロポーズされるところがニュースサイトなどで紹介されている。

 

だが、そのシーンを写した写真を見ると、卜部選手の方がかなり身長が低いのがわかる。

 

いわゆる身長差カップルなのだが、一体、どれくらいの身長差があるのだろうか。

 

調べてみると、背が低いと思われた卜部選手の身長は169cm、高橋ユウはさすがモデルだけあって173cmと高かった。

 

結果、たったの4cmの身長差だったわけだが、それでも高橋ユウの方がかなり高く見えたのだ。

 

高橋の方が高く見えたのは、おそらくヒールのせいだろう。

 

卜部選手の169cmは、男として低い方だが、めちゃくちゃチビというわけではない。

 

もともと背の高い高橋に、ヒールの分が上乗せされていたので、かなり身長差があるように見えたのだ。

 

では、年齢の方はどうなのか。

 

高橋ユウは1991年1月19日生まれの27歳、卜部選手は1989年5月13日生まれの29歳だった。

 

よって、年齢的には卜部選手の方が2歳上で、学年でいえば1学年上となるのだが、年齢差以上に卜部選手の方が年上に見える。

 

高橋の方は年相応の見た目といえるだろう。

Sponsored Link

卜部弘嵩と高橋ユウはフィリピン系ハーフ

卜部弘嵩選手はフィリピン人の母親を持つハーフで、高橋ユウも母親がフィリピン人のハーフだ。

 

お互い、フィリピン系ハーフということで最初から気が合ったのかもしれない。

 

(高橋ユウの彼氏 卜部弘嵩選手)
高橋ユウ 彼氏 卜部弘嵩 画像

 

そんな高橋は卜部選手と交際するまで、8年間彼氏がいなかったという。

 

8年間も彼氏がいなかったってウソのような話だが、とにかく20歳を超えてから誰とも付き合っていなかったそうだ。

 

また、好きな男性のタイプについては、「外見よりも笑いのツボが一緒の人が良い」とフィーリング重視を主張している。

 

それでも彼氏ができなかったのは、姉の高橋メアリージュンが認めない人とは付き合わないと決めていたためだった。

 

そして昨年2月にようやく、卜部選手が姉に認められたため交際に発展。

 

卜部選手と知り合ったきっかけも姉で、姉の誘いで初めてK-1観戦をした際、リング上の卜部選手に一目惚れしたのだそう。

 

(関連記事)

高橋ユウの実家が貧乏?

姉の高橋メアリージュンほどの知名度はないが、妹の高橋ユウも最近は「秘密のケンミンSHOW」に滋賀県代表として出演するなど活躍中だ。

 

また、姉妹仲が良いことでも知られる。

 

姉の病気がよりいっそう絆を深めることなったらしいのだが、そもそも高橋ユウの実家は、高橋が小学生のとき、父親の会社が倒産し、一家はたちまち貧乏生活に転落したという。

 

普段の食事は焼き肉のタレをかけただけのご飯や、クリスマスでも玉子を乗せただけのインスタントラーメンしか口にできなかったそうだ。

 

それに当時、母親は「モデルになったら体型を維持しなくてはいけない。お肉を我慢する練習をしましょう。」と、姉妹に前向きな言葉を投げかけていたという。

 

高橋は、貧しさを感じさせないように、すごい努力をしてくれた両親に感謝しているといい、現在も実家の借金のために姉妹でお金を入れている家族想いなところがある。

 

今回、行列で卜部弘嵩選手からプロポーズされ、婚約指輪をはめてもらったときも「お父さんお母さんやったで!」と喜びを両親に伝えていたのも、家族想いがあってのことだろう。

卜部弘嵩は世界王者なのに弱い?

卜部弘嵩選手が獲得したタイトルは「第2代K-1 WORLD GP スーパー・フェザー級王者」、「初代・第4代Krushスーパー・フェザー級王者」、「ISKA世界スーパー・ライト級王者」と、3度にわたり世界王者に輝いている。

 

なのに世間から弱いと言われているのだ。

 

ちなみに「行列」が放送される22日、卜部弘嵩選手は後楽園で行われる「Krush.90」で中国との対抗戦に臨むのだが、なぜかつては世界王者だったのに弱いといわれているのか。

 

そのゆえんを調べてみたところ、どうやら卜部選手は弱っちぃ相手に平気で負けるのだという。

 

卜部選手の戦績を見てみると52戦34勝(17KO)15敗3分と、確かに負け数が多いのが分かる。

 

そのため世界王者なのに、弱いと言われていることがわかった。

 

一方、高橋ユウの方もここまで順調な道のりを歩んできたわけではない。

 

高橋は15歳でギャル系ファッション誌「Cawaii!」の専属モデルとしてデビューしたが、有名になった頃に同誌は休刊。

 

その後、女性ファッション誌「PINKY」の専属モデルになるも、同期で仲良くしていた菜々緒に大きな差をつけられてしまった。

 

しかも「PINKY」は専属モデルになって半年で休刊。

 

同期の菜々緒が女優として活躍していく中、その後の高橋はというと、アパレルショップのバイトで生活費を稼がなければならなかったのである。

Sponsored Link

▲トップへ戻る