長嶋茂雄の子供 長女に障害?嫁の死因は心臓の病気だった?

長嶋茂雄 画像

ミスターの愛称で知られる長島茂雄氏(82)が緊急入院していることを、女性セブンが報じた。

 
長島氏の病状が気になるところだが、報道によっては「回復に向かっている」というところもあれば、「一進一退を繰り返している」としているところもあって、情報が交差している。

 

長嶋氏といえば2004年3月に脳梗塞を発症して倒れて以来、常に体調が心配されてきた。

 

これまでもズボンのポケットに右手を入れている姿がよく見受けられたが、それも当時の後遺症として右半身にマヒが残っているからだ。

 

なので、今回の入院報道には野球ファンのみならず、病気を心配した人が多かった。

 

国民的スターなだけに、国民はいつまでも長島氏の元気な姿を見ていたいのである。

 

今回は、長嶋茂雄氏を看病している子供のことや、長女の障害のウワサ、2007年に亡くなった嫁の死因について調べてみたので、少し書こうと思う。

Sponsored Link

長嶋茂雄の子供

今回、長嶋茂雄氏が患った病気に関して、現在のところ詳しいことは公表されていない。

 

分かっているのは、脳梗塞の再発ではなく、黄だんの症状が見られることと、胆のうの調子が悪く、胆石ができていたということ。

 

入院先も都内の大学病院ということだけであとは非公表なのだが、おそらく脳梗塞のときと同じ「東京女子医大病院」に入院していると思われる。

 

あとはこのまま病気が回復に向かっているなら一安心だが、万が一にも入院が長引くとなると82歳という高齢なだけに心配だ。

 

そんな長嶋氏を誰が看病しているのかというと、次女の三奈(50)である。

 

長嶋茂雄 子供 三奈 画像

 

長嶋氏の子供は長男の一茂(52)、次男の正興氏(47)、次女の三奈が有名。

 

長男の一茂は最近タレント活動が忙しく、よくテレビに出ている印象があるのと、落書き事件で有名。

元は父親と同じプロ野球選手である。

 

(関連記事)…長嶋一茂宅 落書きの真相が江角マキコの引退理由と関係?

 

大学も同じ立教大学出身で、嫁は元銀座のホステス。

 

次男の正興氏は元レーシングドライバーで、現在は環境関係の仕事に従事している。

 

長嶋茂雄 子供 正興 画像

 

次女の三奈は元テレビ朝日のスポーツ記者で現在はフリーのスポーツキャスターとして活動。

 

三奈に関しては『熱闘甲子園』でメインキャスターを15年間務めていたので、顔だけでも知っている人は多いと思う。

 

よく長嶋茂雄の子供って何人いるの?と疑問に思っているを見かけるで言っておくが、上記の3人以外にあと子供が1人いる。

 

それが長女の有希さんだ。

 

長嶋氏の子供の中で長女の有希さんだけが一般人。

 

他の兄弟と違って世間にあまり知られていないため、子供が3人だけと思っている人が多いのだ。

 

ところで、長男の一茂は今回も長嶋氏のお見舞いに来ていないとか。

 

理由は次女の三奈が長嶋氏の看病しているからだ。

 

2人は父親の長嶋氏が脳梗塞で倒れた際、復帰時期を巡って意見が食い違ったことや、一茂が父親の記念品や愛用品を無断で売却したことなどが原因で不仲になったとされている。

 

復帰に関しては、心配するファンのことを思って早く復帰させてあげようと考えた一茂と、父親のプライドや名誉を考え、完全に元に戻るまでは公の場に立つべきではないという考えの三奈とで意見が合わなかった。

 

すなわち、2人は父親の病気を機に確執が生まれたのだという。

 

なので一茂は父親が脳梗塞で倒れたときも三奈が看病していたため、お見舞いに行かなかったのだそうだ。

Sponsored Link

長嶋茂雄の長女に障害?

長嶋茂雄氏の子供は4人いて、長女の有希さんだけ一般人なので情報がほとんどない。

 

そのためなのか、長女に関してはいろいろなウワサが飛び交っている。

 

諸説ある中で、まずウワサされているのが障害者だという説。

 

長女は障害があるために養護学校入っていたという説があって、さらに社会に出るための訓練として工場で働いていたとウワサされている。

 

また、別のウワサとして、うつ病、引きこもりという説。

 

しかも長嶋家の長女がそんなことになっているのがバレるとまずいので、海外で暮らしていることにしているが、本当は日本にいるという。

 

一方、その逆で本当に海外にいるというウワサもある。

 

有名人・長嶋茂雄の娘に生まれたことを嫌がり、海外に身を潜めているという説だが、これもあくまでウワサ。

 

そして極めつけは、くすりが原因で社会復帰ができないという長嶋家のタブーがささやかれているのである。

 

長女に関しては諸説あるわけだが、そんな中でも唯一、週刊現代が記事に書いていたことがあったのだ。

 

当時、次女の三奈が社長を務めていた長嶋茂雄氏の資産管理会社『オフィスエヌ』に長女の有希さんが役員を務めていた。

 

それを次女の三奈が突然解任したと報じたのである。

 

週刊現代が書いた記事は2010年10月だったので、少なくとも有希さんはそれまで普通に働いていたことになる。

 

なので情報がないといってもここ7、8年のことなのだ。

長嶋茂雄 嫁の死因は心臓の病気

長嶋茂雄氏の嫁・亜希子さんは、出版社「東雲堂書店」の娘で、高校在学中にアメリカへ留学。

 

現地ではミネソタ州の聖テレサ大学を3年で卒業するほど成績優秀で、語学が堪能だった。

 

同年に帰国すると、東京五輪のコンパニオンを務めるのだが、そのときに長嶋茂雄氏と出会う。

 

亜希子さんは当時21歳。

 

長嶋氏は報知新聞の企画で東京五輪の取材をしていて、そのときに亜希子さんを見て一目ぼれし、口説いたという。

 

長嶋夫婦の馴れ初めは、東京五輪がきっかけとなって、1965年1月26日に結婚。

 

2男2女の4人の子供をもうけたが、結婚してから4、5年経ったころに嫁の亜希子さんが、難病の「膠原病(こうげんびょう)」を発症した。

 

長嶋茂雄 嫁 亜希子 画像

 

それからはというものの、亜希子さんは病気治療などが重なり、うつになっていったという。

 

同時に亜希子さんは、新興宗教にはまっていったという記事が週刊誌に掲載され、長嶋氏と別居報道も流れた。

 

その後も亜希子さんの体調が思わしくなく、透析を受け、日によっては車椅子でないと移動できないこともあったという。

 

そして、2007年9月18日、家族で食事に行った帰りに車内で気分が悪くなって、意識不明状態に。

 

家族が救急車を呼んで病院に搬送され、救命措置が施されたが、亜希子さんはそのまま息を引き取った。(享年64歳)

 

突然亡くなった亜希子さんの死因をマスコミは心不全と発表。

 

※心不全とは

「心臓のポンプ機能が低下することで、血液の循環がうまくいかなくなり、さまざまな症状が現れる状態を指す」

 

亜希子さんの死因となった「心不全」は、がんの次に多い日本人死亡原因第2位の心臓の病気で、突然死の場合によく使用される。

Sponsored Link

▲トップへ戻る