極楽とんぼ 山本の事件は被害女性のハニートラップ?不祥事って何したの?

極楽とんぼ 山本圭壱 画像

お笑いコンビ「極楽とんぼ」の山本圭壱は、2006年に所属していた事務所の吉本興業から契約を解除された。

 

何したのかというと、当時17歳少女に飲酒させるなどし、北海道警函館西署に任意で事情聴取されたのだ。

 

これを受けて所属事務所の吉本興業は、「反社会的行為に該当する」として、山本との契約を解除したと発表したが、当の山本圭壱は謝罪会見に姿を現さなかったのである。

 

そんな山本が起こした事件は、2006年7月16日~17日にかけ、当時所属していた萩本欽一がオーナーを務める野球チーム『茨城ゴールデンゴールズ』の遠征試合での出来事だった。

 

当時、「極楽とんぼ」の山本らは、北海道函館市に宿泊しており、チームのメンバーと共謀して、不祥事を起こしたというわけだ。

 

そして、吉本興業をクビになった山本は、芸能活動を休止。

 

所属していた『茨城ゴールデンゴールズ』からも除名され、一時音信不通になったのだった。

 

ただ、この事件は、被害女性にハニートラップを仕掛けられた説がささやかれている。

 

そこで今回は、「極楽とんぼ」山本圭壱の事件についてまとめてみた。

Sponsored Link

極楽とんぼ 山本の事件

謝罪会見を開かなかった「極楽とんぼ」の山本圭壱は、事件後、音信不通になったものの、寺で修行したり、飲食店などに勤務しながらテレビ復帰を目指した。

 

しかし、その願いは叶えられずにいたところに、2016年7月30日放送の「めちゃ×2イケてるッ!」の特番で10年ぶりにテレビ復帰し、その後、ふたたび吉本興業と契約を結んだ。

 

ところで、2006年に山本が起こした事件だが、当初、報道では、萩本欽一がオーナーを務める社会人野球チーム「茨城ゴールデンゴールズ」の函館遠征中、 メンバー4人と行った花火大会で被害女性ら4人と知り合い、未成年と知りながら居酒屋で飲ませたとされた。

 

その後は滞在先のホテルに被害女性らを誘い込み、みだらな行為をして、警察に訴えられたとされている。

 

山本は警察の聴取に『17歳とは知らなかった。それに合意の上だった』と話したそうだが、結局、書類送検。

 

後に被害者である少女とその保護者との示談が成立し、被害者が告訴を取り下げたとされている。

 

山本は被害者と保護者が告訴を取り下げたため、不起訴処となったが、フライデーの取材により被害女性のハニートラップ説が浮上。

 

山本がはめられていた可能性があるというのだ。

Sponsored Link

極楽とんぼ 山本の事件は被害女性のハニートラップだった?

事件に関しては、一方的に山本の方が悪いと思われたが、その後、被害女性が取材に応じたことで、ハニートラップ説が浮上したというのだ。

 

どうやら事件は、被害女性の彼氏が被害届を提出させ、事件が発覚したのだという。

 

当初、被害女性は山本のことを友達に話したらしいが、友達が被害女性の彼氏にこの話を伝えたのだとか。

 

それに激怒した彼氏が山本に連絡して「誠意を見せろ」と激怒。

 

だが、山本は彼氏の要求を無視したという。

 

結局、相手にされなかった彼氏が、被害女性を使って山本から金をふんだくろうとしたのが、事件の真相らしい。

 

被害女性からすると、最初からだますつもりはなかったようだが、結果的にはハニートラップを仕掛けたように捉えられているのである。

 

また、2ちゃんなどでは、「極楽とんぼ」の山本圭壱をハニートラップにひっかけた少女は、親子で「美人局」として有名だったとしている。

 

さらに被害女性の名前は、大門美奈という人物だそうで、実は「デリ嬢」だったとも。

 

本人は被害届を出したものの、17歳で「デリ嬢」をしてることが警察にバレるとまずいので、山本に襲われたと嘘を供述したというものだった。

 

それに、現在、被害女性は結婚しているとか、キャバ嬢をしているなどの噂もある。

 

この話は嘘なのか真実なのかは不明だが、本当に名前が大門美奈で「デリ嬢」していて、美人局なら訴えられた山本も黙っているはずもないので、ガセの可能性が高い。

 

一説によると、被害者の少女は田舎の普通の子で女子高生だったが中退。

 

「茨城ゴールデンゴールズ」が来てるからと、ともだちと見に行ったら声を掛けられ、芸能人と飲めるということでついて行ったともされている。

極楽とんぼ 山本 不祥事って何したの?

「極楽とんぼ」の山本圭壱といえば、2006年の事件だけではなく、過去に数々の不祥事事件を起こし、書類送検もされている。

 

当時、所属していた吉本としても相当山本に手を焼いたといい、淫行騒動以外にも不祥事があったというのだ。

 

何したのかというと、事件を起こす前の山本は、ロンブー淳や庄司にナンパを強要し、女の子を連れて来させたり、交際していたホステスに「オレの名前に傷がつく」などと中絶を求めたとして、告発されたこともあった。

 

こうした「前科」から吉本は、山本の素行調査を極秘に実施していたといい、女グセの悪さに警鐘を鳴らしていたそうだ。

 

そして、「淫行事件」とくれば、吉本も山本を易々と復帰させるわけには行かないようで、再契約した今でも表舞台に立たせることをしていない。

 

極楽とんぼの山本が芸能界に完全復帰するには、まだまだ時間がかかりそうだ。

Sponsored Link

▲トップへ戻る