後藤真希の甥っ子は姉 弥生の子供?母親が転落した自宅場所はどこ? 

後藤真希 子供 画像

アイドルグループ元モーニング娘。のゴマキこと、後藤真希が、9月23日に33歳の誕生日を迎えた。

 

ゴマキといえば、宗教法人創価学会の信者で、甥っ子はイケメン俳優の勧修寺保都(かんしゅうじ たもつ・21)、勧修寺玲旺(かんしゅうじ れお・20)兄弟。

 

甥っ子2人の母親は、後藤真希の一番上の姉・弥生さんの子供だという。

 

そんな後藤真希も現在、2人の子供を持つ母親。

 

2015年12月に第1子となる長女、2017年3月に第2子となる長男を出産している。

 

旦那は、地元・江戸川区の一般男性で、年齢はゴマキの3歳下。

 

交際時、旦那とは1度破局してたらしいのだが、再びヨリを戻して結婚したそうだ。

 

今でこそ幸せな生活を送っている後藤真希も、過去には弟・祐樹(32)の不祥事、母親の時子さん(55)が自宅3階の窓から転落死するなど、不幸が続いた。

 

そこで今回は、ゴマキこと、後藤真希の家族についてまとめてみた。

後藤真希の甥っ子

後藤真希は、13歳のとき、金髪姿で鮮烈デビューし、以来、グループではエースとして活躍した。

 

(関連記事)

 

グループを卒業した現在もタレントとして活動し、来月には小学館より初のエッセイ集を発売する。

 

そんなゴマキと同じく芸能界で活動するのは、、甥っ子の勧修寺保都(かんしゅうじ たもつ)、勧修寺玲旺(かんしゅうじ れお)兄弟だ。

 

(後藤真希の甥っ子・勧修寺保都・勧修寺玲旺 画像)
後藤真希 甥っ子 画像

 

甥っ子の勧修寺保都・玲旺兄弟は、ともに「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」のファイナリストに選出された経歴を持ち、現在俳優として活躍している。

 

兄の保都は2015年、舞台『神様と過ごした10日間 2015』でデビュー。

 

事務所は、BIGBANGらが所属する、韓国大手芸能プロダクション「YGエンターテイメント」だが、日本の「YG JAPAN」所属のため、韓国では活動してない。

 

一方、弟の玲旺は2013年、舞台『グリムの森』でデビュー。

 

事務所は2017年まで、「サンミュージックブレーン」に所属し、現在は「カムトゥルー」にて活動中である。

 

そんな甥っ子たちは、デビュー時、叔母のゴマキとよく似ているとして注目を集めた。

 

しかも弟・玲旺の方が叔母のゴマキそっくりで、叔父の祐樹とも瓜二つなのだ。

後藤真希の甥っ子は姉 弥生の子供

2人から「ネネ」と呼ばれているという後藤真希は、「甥っ子2人が赤ちゃんのときから一緒に生活していた」と語っている。

 

ゴマキには、13歳年の離れた姉・弥生さん、2歳違いの姉・千穂さん、年子の弟・祐樹の兄弟がいて、一時、長女夫婦とその子供、次女らと一緒に生活していると報じられた。

 

(後藤真希の姉・弥生・千穂の画像)
後藤真希 姉 画像

 

合計9人家族で暮していたとされる家は、ゴマキが16歳の時に建てた「ゴマキ御殿」と呼ばれる自宅。

 

(後藤真希の自宅 画像)
後藤真希 自宅 画像

 

この「ゴマキ御殿」に甥っ子2人も、一緒に暮らしていたとみられるので、母親はゴマキの姉である長女の弥生さんということになる。

 

また、長女・弥生さんの職業に関して、週刊誌が報じたこともあった。

 

当時の記事によると、ゴマキの姉・弥生さんは、有名企業に就職した後、結婚したものの、母親が苦労しているのを見て、風俗店に勤務し、生活費としてその金を母親に渡していたとしていたのだ。

 

そして、店を辞めた後は、母親が切り盛りしていた居酒屋が閉店し、長女夫婦によって再建されたが、再び閉店に追いやられたということである。

 

姉・弥生さんが風俗店に勤務していたというのは、あくまでも週刊誌が書いていることなので、信憑性に疑いがある。

 

ちなみに、現在もゴマキと長女夫婦が一緒に住んでいるかは不明。

 

次女の千穂さんは、「ゴマキ御殿」から出て、ダンサーの彼氏と、自宅近くのマンションで同棲中とされている。

後藤真希の母親が転落した自宅の場所

13歳でモーニング娘。のメンバーとしてデビューした後藤真希は、またたくまに人気者となった。

 

だが、2007年、弟・祐樹の不祥事をきっかけにグループを卒業。

 

同時に所属していた「アップフロントエージェンシー」を退社した。

 

その後は、事務所を「エイベックス・エンタテインメント」に移籍し、芸能活動を再開させたが、2010年1月23日、母親の時子さんが自宅3階の窓から転落死。

 

自宅の場所は、瑞江駅近くの東京都江戸川区東瑞江2丁目で、総面積300平方メートルを超える、地上3階建の豪邸。

 

建て替えに掛かった費用6000万円はゴマキが負担したと言われている。

 

最愛の母親を転落死という不慮の事故で亡くし、悲しみにくれたゴマキは、芸能活動を一旦休止。

 

ただ、当時、母親の時子さんの死因について、詳しく報じるところはなかった。

 

自ら命を絶ったというのが大方の見方なのだが、遺書は見つかっていないのである。

 

当時、母親は、服役中の息子に会えないことや、自身の居酒屋のことについて悩んでいたという。

 

しかも、転落した窓が、服役中の息子・祐樹の部屋だったというのも、意味があったのかもしれない。

 

また、事故当日、酒に酔って帰宅した母とゴマキが言い争って、30分後に転落したと報じていたところもあった。

 

いずれにせよ、ゴマキは1996年10月に栃木の男体山で、父親の勝一さんも転落事故で亡くしているので、両親を不幸な事故で亡くしているのだ。

 

ゴマキが歩んできた人生は壮絶すぎだが、2014年に結婚といった大きな人生の転機を迎える。

 

結婚した相手は、弟・祐樹の後輩で、祐樹の結婚式に参列した際に出会ったのだという。

 

すると、一目見て気に入ったゴマキの方が積極的にアピールし、2人はすぐに交際開始。

 

そして、結婚に至るのだが、旦那について1つウワサされていることがある。

 

それは、弟の祐樹が銅線を盗んで逮捕された時、旦那も共犯として、逮捕されていたというのだ。

 

しかし真相は謎に包まれていて、旦那の名前すら明らかになっていない。

 

(後藤真希の旦那 画像)
後藤真希 旦那 画像

 

ちなみに旦那の名前がネット上で、「中谷滋博」だと拡散されているのは、ガセらしい。

 

週刊誌の報道によると、旦那の職業は、地元の解体業で年収は360万円。

 

ほかにも格闘家というのと、刺青を隠すのに長袖ばかり着ているという情報もある。

▲トップへ戻る