成宮寛貴 カミングアウトされる!薬より本当はセクシャリティの報道が嫌だった?

成宮寛貴 画像

2週にわたってフライデーの薬物疑惑報道を受けた俳優の成宮寛貴(34)が9日、芸能界引退を発表した。

 

成宮の直筆FAX文には、「この仕事をする上で人には絶対知られたくないセクシャリティな部分もクローズアップされてしまい・・・」と、書かれているが、薬物に関する文言は入っていない。

 

さらには「今後これ以上自分のプライバシーが人の悪意により世間に暴露され続けると思うと、自分にはもう耐えられそうにありません。」などと、つづられていた。

 

こうした文言から受ける印象として、本当は薬よりセクシャリティな部分の報道が決め手となって引退を決意したものだと捉えられる。

 

しかし、引退しても肝心の薬物に関して疑惑が晴れたわけではない。

 

事務所側は尿検査を実施した結果、陰性だったと発表していたが、関係者によると、病院で検査を受けることを拒否し、自分で調達した簡易キットで検査をしていたことをカミングアウトされているのだ。

 

また、報道後、所属事務所はフライデーに対し、法的措置をとることを発表していたが、当のフライデー側は成宮の所属事務所からの訴状などは届いていないという。

 

果たして、引退を決意した本当の理由はいったい何だったのか?真相は依然として藪の中だ。

成宮寛貴 薬より本当はセクシャリティの報道が嫌だった?

フライデーが2週にわたり俳優の成宮寛貴の薬物疑惑を報じた件で、成宮は9日、所属事務所を通じて芸能界引退を発表した。

 

報道当初から成宮側は薬物疑惑を否定。

 

所属事務所はフライデーに対し、法的措置をとる構えまで見せていた。

 

しかも所属事務所は、尿検査を実施した結果陰性だったことも発表。

 

だが、その後、事態が急変。

 

成宮寛貴の芸能界引退が発表されたのだ。

 

成宮の直筆FAXには、「心から信頼していた友人に裏切られ複数の人達が仕掛けた罠に落ちてしまいました。この仕事をする上で人には絶対知られたくないセクシャリティな部分もクローズアップされてしまい、このまま間違った情報が拡がり続ける事に言葉では言い表せないような不安と恐怖と絶望感に押しつぶされそうです。」などと、つづられている。

 

この文言から察するに本当は薬物のことよりも、隠したいことが成宮にはあるのでは?という声も囁かれているようだ。

 

もともと成宮は、6歳下の弟を養うため中学からゲイバーで働き、芸能界に入ってからも面倒を見て大学まで行かせた苦労人でもある。

 

セクシャリティな噂は以前から囁かれ、今回の報道でよりクローズアップされてしまった。

 

フライデーに密告したのも交際相手の男性との噂があり、薬仲間なのではとの声が絶えないという。

 

真相は定かではないが、急展開をむかえた成宮の引退は、自分のプライバシーが世間に暴露され続けることに耐え切れなかったのが、本当のところだったのかもしれない。

成宮寛貴の関連記事

成宮寛貴 検査拒否をカミングアウトされる

関係者によると、成宮寛貴は2日のフライデー報道後、所属事務所側から病院で尿検査することを促されたが、これを拒否。

 

自分で調達した簡易キットで検査をしたと、カミングアウトされている。

 

検査結果は陰性で、所属事務所はこの日「本人からの事情聴取、薬物鑑定など必要な調査を行ってきましたが、本人の薬物使用を裏付ける客観的事実は 確認できませんでした」とあらためて疑惑を否定した。

 

だが、その後に成宮寛貴の引退を発表。

 

引退は前日8日に申し出があったといい、所属事務所はこの日、 「突然の申し出に大変驚き、何度も話し合いの機会を持ちましたが、決意が非常に固かったため、受け入れざるを得ないと判断いたしました」と説明し、9日付で契約を解除した。

 

なぜ、成宮は病院での検査を拒否し、自分で調達した簡易キットで検査したのかは、カミングアウトされたことや訴状がフライデーに届いていないことで想像できる。

 

また、突然の引退表明を受け、ドラマ関係や成宮をCMキャラクターに起用している企業各社も対応に追われているようだ。

 

現在、レギュラーはなかったようだが、相棒などは放送できなくなった。

 

CMも所属事務所によると4社に起用されているといい、契約打ち切りによる莫大な違約金が発生するとみられる。

 

当然、そこらへんも所属事務所と話し合いがされていたと思うが、それ相応の覚悟があっての引退だったに違いない。

▲トップへ戻る