小渕健太郎 子供と妻がいて浮気?コメントは?鬼頭里枝アナとも関係があった?

小渕健太郎 画像

2016年10月発売の週刊新潮が、コブクロの小渕健太郎(41)に複数の不倫関係があったことを報じた。

 

当時の記事によると、1人目の浮気相手は30代前半のタレントで、小渕とは2004年に出会い、交際に発展したという。

 

また、翌2005年にスポーツ紙が妻がいたことを報じたが、小渕は報道が出る前に、浮気相手に結婚していることを明かしていたそうだ。

 

そして、2人目の浮気相手は大阪・北新地のホステス(38)で、2009年秋にコブクロのライブツアー中だった小渕らが、来店した時に知り合ったという。

 

その時は朝5時まで飲み明かした後、小渕からホステスの携帯にメールが送られてきたとされている。

 

この女性とは1回きりの関係だったようだが、小渕は過去にも浮気が報じられたり、鬼頭里枝アナとの不倫疑惑が取沙汰された。

 

なので、当時の報道は今さらといったところだったのかもしれないが、それにしてもずいぶんと昔のことを掘り返されたものだ。

 

20歳の時に結婚した妻は報道を知って、どのような心境だったのだろうか。

 

ただ小渕には双子の子供がいるので、離婚することをしなかったし、浮気についてのコメントも発表することはなかった。

Sponsored Link

小渕健太郎 子供と妻がいるのに浮気?

コブクロの小渕健太郎は、20歳のときに、地元宮崎の中学校の同級生と結婚した。

 

小渕健太郎に妻がいたことは、既婚者であることを報じられた2005年3月に、公式HPにて正式に発表している。

 

当時、小渕が発表したコメントは以下の通り。

今回の結婚報道は事実であります。相手は中学の同級生で、高校時代から交際を始め、1997年の冬、私がまだサラリーマンをしていた頃に結婚をいたしました。

結婚は、コブクロ結成以前からの事であったのと、音楽活動とは一線を引いたプライベートな部分であった為、自ら公表するタイミングを見つけられぬまま今日に至りました。

そして今回、新聞報道される事を知り、遅ればせながらこの場を借りてファンの皆さんに報告させていただく事となりました。

小渕健太郎

 

小渕は妻がいることを報じられたときにはコメントを出したが、週刊新潮の浮気疑惑にはコメントを発表しなかった。

 

そして、小渕と妻の間には、2008年12月に誕生した双子がいるが、その年にも小渕は週刊誌に撮られていたのである。

 

その時に撮られた場所は東京・青山にある、とあるラウンジ。

 

VIP席に座っていたのは小渕健太郎と布袋寅泰で、2人は周囲の視線を釘付けにしていたという。

 

その後、小渕は店にいた美女に声を掛けまくり、「3人をお持ち帰り」というものだった。

 

ただ、布袋は見ず知らずの女性が席にやってきても不愉快そうだったといい、結局、その後1時間もしないうちに帰ったらしい。

 

一方、1人残った小渕はいろんな女性に声をかけまくっていたといい、中には「独身?」と尋ねられると「既婚」。

 

結婚してちゃダメ?と上目遣いで言ってのけてたという。

 

最終的には「沢尻エリカ似のモデル風美女を含む計3人の美女を引き連れて店を後にし、1台のタクシーに乗って夜の街に消えていった。」と報じられたのだ。

 

当然、このことも妻は知っているだろうし、今回の浮気疑惑で夫婦関係に危機が訪れたのだろうと想像する。

Sponsored Link

小渕健太郎は鬼頭里枝アナとも関係があった?

かつては結婚したいアーティスト、男性1位に選ばれたことがあるコブクロの小渕健太郎に、妻と双子の子供がいたのである。

 

そして、週刊新潮が報じた年も、小渕は大阪マラソンに出場予定だったので、取材に来る報道陣に対し、浮気に関して何らかのコメントを発表すると思われた。

 

ところで、小渕は2009年に静岡県で活動するフリーアナウンサーの鬼頭里枝(36)とも不倫疑惑が報じられたことがあった。

 

(鬼頭里枝アナの画像)
鬼頭里枝アナ 画像
 

もともと鬼頭里枝アナは、大物歌手と不倫中との噂が立ち、その相手が小渕だとされていたのである。

 

当時の鬼頭アナは自分のブログに小渕とのツーショット写真をアップしていたという。

 

ただ、この件に関しては確証が得られず、ただの噂にとどまっていたのだ。

 

そして、10月20日発売の「週刊新潮」では、コブクロが売れると態度が豹変した、事務所会長の“恫喝”と併せ、記事が掲載されたのだった。

Sponsored Link

▲トップへ戻る