増渕良亮(MELM)がしゃぶしゃぶ事件の犯人!Facebook削除で逃亡か?

芸能プロ社長 パワハラ 画像

「週刊新潮」が報じた芸能プロダクション社長の従業員パワハラに関して、ネット上では批判の声が上がっている。

 

記事によると、パワハラがあったのは2015年12月20日に行われた忘年会での出来事で、新潮は当時の様子を録画した動画を公開した。

 

忘年会を主催したのは、雑誌『Popteen』の元モデルなどが所属する東京・渋谷区の芸能プロダクションで、被害者は当時23歳の従業員。

 

加害者は当時25歳の芸能プロダクション社長で、けがを負わされた従業員は刑事告訴も検討しているという。

 

今回のしゃぶしゃぶ事件に関して思うのは、パワハラなどといった悪質の域を超え、れっきとした刑事事件に発展する事案であることだ。

 

ネット上でも怒りの声が上がっており、加害者である芸能プロ社長の名前を特定しようと模索している。

 

ただ、現在のところ、それらしき事務所と社長名が上がっているが、情報が不十分のため、断定するに至らずといった状況だ。

しゃぶしゃぶ事件の犯人の名前を特定?

週刊新潮が報じたしゃぶしゃぶ事件に関して、動画を見たネット民から「芸能プロダクション社長を逮捕しろ!」という声が上がっている。

 

ただ、被害者の従業員は、事件当日かなり酔ってたらしく、自分からしゃぶしゃぶの鍋に顔を突っ込んだと思っていたらしい。

 

そして従業員はその後、録画されていることを知って、初めて社長にやられた事がわかったのだという。

 

なお、従業員は忘年会から1年後、イベントの運営を巡って、ありもしない借金を背負わされて退社したそうだ。

 

そこで、加害者の特定になるのだが、社長は当時25歳なので、ようは1990年生まれの現在28歳の芸能プロダクション社長を探せば良いことになる。

 

あとはPopteenの元モデルなどが所属する、東京・渋谷区の芸能プロダクションになるのだが、まず渋谷区には155社もの芸能プロダクションがあるので、探すのが大変。

 

しかもPopteenの元モデルといっても、人数が多すぎてこちらも所属する事務所を探すのには苦労がいる。

 

それでも、該当すると思われる芸能プロダクションが2、3社見つかり、社長の名前も上がっている。

 

そして、その中で、一番該当すると思われている女社長がいるのだが、年齢が28歳とか36歳などと言われているので、今のところこの女社長が加害者だとはっきり特定されたわけではない。

 

それにネット上では、加害者は女とされているが、新潮の報道には従業員の顔を鍋に押しつけているのは男と書かれているし、動画を見ても指示していたのが男か女かは区別がつかないのだ。

 

ただ、ネット上で特定された女社長はバーニング系列の芸能プロダクションの社長なので、週刊新潮があえて名前を報じなかった可能性もある。

 

もし、この件がテレビなどマスコミがスルーするようなら、ネットが特定した人物はビンゴだったということだ。

 

追記

新潮が報じた「しゃぶしゃぶ事件」がニュースで取り上げられたことにより、芸能プロダクションの社長の名前が判明した。

 

従業員の顔を鍋に押し付けていた犯人は、渋谷にある芸能事務所「株式会社MELM」の社長・増渕良亮という男らしい。

 

増渕良亮が社長を務める「株式会社MELM」には、ギャルモデルすずちゃすこと、小関鈴香やmisa、三浦朱梨、りぃちゃらぽっぽこと、佐々木莉沙らが所属している。

 

そして、しゃぶしゃぶ事件当日、MELMに所属するモデルの何人かが忘年会に参加し、現場にもいたようなのだ。

 

現場にいたモデルが誰なのかは分かっていないが、誰ひとりと止めに入る者はいなかった。

 

当事者の増渕良亮はFacebookを削除して逃亡中。

 

顔写真が公開されるのも時間の問題だろう。

 

(信憑性は不明だがネット上で公開されている増渕良亮の顔写真)
増渕良亮 画像

芸能プロ社長殺害事件

ここからは、余談になるので興味のある方だけどうぞ。

 

今回は増渕良亮社長が加害者だったが、過去には別の芸能事務所の社長が被害者になった事件がある。

 

その事件は今から半世紀以上も前に起こった「大手芸能事務所社長A氏殺害事件」のことだ。

 

このA氏とは、滝本匡孝さんのことで、当時、芸能プロダクション「三芸プロ」の社長をしていた人物。

 

滝本氏という人物は、かつて三木鶏郎のマネージャーを務めており、1960年2月銀座に民放コマーシャル専門の「三芸プロ」を設立したのだった。

 

当時は業界でも有名な社長だったそうで、経営も順調だったが、あるとき事件が起こる。

 

事件の詳細は以下の通り。

 

1964年4月24日、滝本氏は東京都港区芝高輪北町「永楽荘」の自宅に血まみれになって帰ってきたという。

 

しかし、帰ってきたのも束の間、滝本氏は息絶えてしまったということだ。

 

死因は、何者かに鋭利な刃物で頭部などを深く切りさかれことによる出血多量だったとされており、最後は妻(29)に向かって「犯人はブルーバード(車)だ」とだけ言って亡くなったのである。

 

すぐさま警察は現場検証を開始。

 

滝本氏が言った通り、自宅前には車のスリップ跡と大量の血が発見されたという。

 

さらに、側の電柱の下に刃物を包む鞘状の形をした新聞紙の包が発見されていた。

 

開くとそれは料理献立記事が切り抜かれていたものだったという。

 

警察は、新聞の配達管轄の捜査や犯行に使われた「ブルーバード」の行方捜査を開始。

 

また、滝本氏の周辺捜査も開始したのであった。

 

しばらくしてブルーバード」は盗難車だということが判明。

 

翌朝には品川南大井で乗り捨てられているのが発見されたということだ。

 

犯人の手掛かりがなくなり、滝本氏の友人や知人からも不審者がでてこなく、捜査が難航すると思いきや、あるとき警察は有力な情報を掴むのであった。

芸能プロ社長殺害事件の犯人

警察が掴んだ情報というのは、「三芸プロ」の従業員で総務課長の島田敏之(29)が、会社で金銭トラブルを起こしているというものだった。

 

そこで、警察は島田の勤務態度や交友関係などを徹底的に洗いだしたのである。

 

その結果、島田は会社の預金600万円を別の口座に移し替えていたことで、滝本氏から叱られていたことが判明したのであった。

 

さらに私生活では妻子がありながら2人の愛人がいて、生活も派手だったことや以前務めていた会計事務所で恐喝事件を起こしていることも判明。

 

結果、警察は島田が犯人と断定したが、事件があった日は本人にまぎれもない「アリバイ」が成立していたのだ。

 

そこで、警察は再度調査を改めることになるのだが、以前起こした恐喝事件で共犯だった小林(29)に面会し事情聴取するのであった。

 

小林は、島田から「一年前に殺人話を持ちかけられて怖くなり絶交状態だった」と証言したといい、これにより警察は島田が滝本氏の殺人を依頼したものとみて逮捕したということだ。

 

島田は調べに対し、犯行を認め、動機は「滝本氏を殺害して会社を乗っ取るつもりだった」と供述したという。

 

また、滝本氏を殺害した人物だが、競艇場で知り合った酒井(25)という男が謝礼60万円で引き受け、帰宅を待ち伏せして殺害したことが判明した。

 

後に酒井は逮捕されるが当初、犯行を否認するも酒井の実弟の妻が切り抜きしていた新聞の「料理献立記事」が発見され、現場に落ちていたものと完全に合致したことで犯行を全面的に認めたという。

 

以上がこの事件のおおまかな詳細である。

 

また、1審の裁判で島田は精神病と認定され無罪となり、酒井には無期懲役が言い渡された。

 

しかしこれに検察側は、島田の無罪は納得できないと控訴。

 

改めて島田の精神鑑定を慶応大学に依頼した結果、島田は仮病を使っていたのがバレ、2人に無期懲役が言い渡され罪が確定している。

▲トップへ戻る