西城秀樹の子供の学校は森村学園?妻の実家は岐阜で金持ちだった!?

西城秀樹 画像

脳梗塞で闘病中だった歌手の西城秀樹さんが、5月16日に急性心不全で他界した。(享年63歳)

 

療養中だった西城さんは、4月25日にいつも通りにリハビリをして自宅に帰ったらしいのだが、その晩に意識を失って横浜市内の病院に搬送された。

 

しかし、そのまま意識が戻ることがなく、16日午後11時53分に永眠したということだ。

 

西城秀樹さんは45歳のときの2001年5月、17歳年下の一般女性・槙原美紀さんと結婚。(画像あり)

 

岐阜県出身の妻と結婚後、3人の子供にめぐまれたが、2003年と2011年に脳梗塞を発症した。

 

しかもとくに2度目の脳梗塞では、麻痺が残っているなどの後遺症が残り、リハビリに励んでいたという。

 

西城さんの急な知らせは芸能界にも大きな衝撃をもたらし、悲しみの声が広がったのである。

 

そこで今回は、西城秀樹さんの実家や、残された子供が通っている学校、18歳年下の妻との馴れ初めなどについてまとめてみた。

Sponsored Link

西城秀樹の子供の学校は森村学園

脳梗塞で倒れる前の西城秀樹さんは、84年に髄液が漏れて脳圧が下がる症状「低髄液圧症候群」、97年ごろには糖尿病を患った。

 

しかし、病気後もワインを毎晩2本、タバコを1日4箱という生活をしていたという。

 

そんな西城秀樹さんが結婚したのは45歳と、晩婚だったのだが、それからはというと食生活に気を配るようになり、体型維持のためにジムに通ってトレーニングも欠かさなかったそうだ。

 

また、3人の子供を持つ西城秀樹さんは、高1の長女・莉子(りこ)ちゃん、中3の長男・慎之介(しんのすけ)くん、中2の次男・悠天(ゆうま)くんの良き父親としても活躍していた。

 

脳梗塞で倒れたときも「成人する姿までは、見届けなければね。」と、子供たちのことを気遣い、リハビリに励んでいたのである。

 

しかし、西城さんは、2度目の脳梗塞後に両目の視力が低下し、右目は網膜症、左目は白内障が進行していたという。

 

晩年はこのように激やせした姿が公になり、心配する声もあがっていたのだ。

 

西城秀樹 晩年 画像

 

それに残された子供がまだ小さいので、妻の美紀さんも大変だが、将来子供は父親と同じく芸能界を目指すのかもしれない。

 

というのも、生前、西城さんは「妻が連れて歩いていたら、西城秀樹の子どもと知らずに、3人ともそれぞれに声をかけられた」と言っていたので、芸能界入りの可能性があるのだ。

 

しかも西城さんは、子供が芸能界入りすることに反対している様子はなかったので、もし2世が誕生するとなると、そのときはまた話題になることだろう。

 

ちなみに子供の学校は、横浜市にある森村学園だと言われている。

 

森村学園といえば、芸能人の子供が多く通う学校としても知られていて、幼稚園、初等部、中等部、高等部を設置。

 

西城秀樹さんの子供以外にも、紺野美沙子の子供や、三田佳子の子供なんかも学校は森村学園に通っていたそうだ。

Sponsored Link

西城秀樹の妻の実家は岐阜で金持ち

西城秀樹さんは妻の美紀さんと、2001年6月30日に白浜神社で結婚式を挙げた。

 

西城秀樹 妻 画像

出典元:週刊女性PRIME

 

妻の美紀さんの実家は、岐阜で元会社員の一般人。

 

2人の馴れ初めは、西城さんの姉の紹介がきっかけで、交際がスタートしたと言われている。

 

結婚する前の西城秀樹さんは、樹木希林から2人ほどお見合い相手を紹介されたこともあったらしいのだが、相手が若いからという理由で断ったという。

 

それでも樹木希林は、なかなか結婚しない西城さんには、世の中なんにもわからない子がいいだろうと思って19歳の娘さんを紹介したそう。

 

独身時代はそんな逸話もありながら、西城秀樹さんは当時、大阪・北新地のクラブのママだった姉から、「いいお嬢さんがいるから」と引き合わされたのだ。

 

まさしくそのお嬢さんこそが現在の妻・槇原美紀さんだった。

 

美紀さんの父親・槇原博寛さんは、不動産や施設設備などの事業を手がける社長で金持ち。

 

生前、西城さんと一緒にゴルフをするなどして仲がよかったそうだ。

 

また、妻の美紀さんは、2人の子供を岐阜市津島町の産婦人科医院「操レディスホスピタル」で出産しているのである。

 

ところで、生前、西城さんは川崎市内に自宅があったのだが、子供が小学校に通いやすくするため横浜に住居を移した。

 

そのあとに2度目の脳梗塞を患い、美紀さんと二人三脚で復帰を目指していたのだ。

 

なお、妻の美紀さんは夫の訃報に「倒れて、入院してから2、3週間、毎日病院で看病できたことがすごく幸せだった。子供たちも最期に立ち会えたことが良かったと思います。(亡くなった実感がなく)まだ夢のようです」と、マスコミに向けてコメントを残した。

西城秀樹の姉は宅見の?

西城秀樹さんは広島県東区東蟹屋出身。

 

本名は木本龍雄で、帰化する前の名前は李乙龍である。

 

そんな西城さんの実家はパチンコ屋で、父親はテキサスグループ社長だ。

 

さらに西城さんの父親は、パチンコ屋以外にも、不動産や自動車のタイヤの卸しなどの事業を営んでいたので、金持ちだったという。

 

また、デビュー前の西城秀樹さんは、地元の愛宕町で『愛宕町の龍』と呼ばれていたくらいワルで有名だったとか。

 

当時のエピソードとして、友人が暴走族にからまれているのを、ひとりで助けたということもあったようだ。

 

ただ、アイドルになってからの西城さんは遊ぶ暇もなかったので、女性関係も激しくはなかったという。

 

西城さんが「低髄液圧症候群」で入院したときには、松田聖子がお見舞いに来てくれたそうで、「(郷)ひろみはいいなぁ。いつもこんなかわいい子がそばにいてくれて」と笑っていたそう。

 

また、デビューしたての山口百恵からラブレターをもらったときも、西城さんは同じ業界内で付き合うのはかっこ悪いと思って、付き合わなかったそうだ。

 

と、女性関係が少なかった西城秀樹さんだが、実は89年に12歳年上の十朱幸代と浮名を流したことがあった。

 

ところで西城さんの家族には、3歳年上の兄と腹違いの姉がいるのだが、姉についてはいろいろとウワサが立っているようだ。

 

西城さんの姉は現在、大阪で「瀬里奈」というステーキ屋を営んでいるらしいのだが、過去には宅見氏のめかけでもあったという。

宅見氏というのは反社会的勢力・宅見組組長の宅見勝氏のことで、いまから20年前の1997年に死去した。

 

ただ、姉は宅見氏と知り合う前に夫と離婚して、長女がいたが、宅見氏の間にも息子を授かっている。

 

また、姉といえば「ちびまる子ちゃん」の姉が西城さんの熱狂的ファンだったこともあり、死去したニュースが流れると「ちびまる子ちゃん」がツイッターのトレンド入りを果たした。

 

まる子の姉の声を担当した声優・水谷優子さんは、2016年5月17日、51歳の若さで亡くなっているが、偶然にも西城さんと命日が1日違いだったのもトレンド入りした要因の一つだったのだ。

Sponsored Link

▲トップへ戻る