ほないこか(さとうほなみ)の旦那は飯塚拓也で子どもは居る?

ほないこかの画像

「ゲスの極み乙女。」のドラムを担当するほな・いこかに旦那がいることを、2016年3月10日発売の『週刊文春』が報じている。

 

記事によると、旦那は音楽関係の仕事をしているということだけで、名前が誰なのかは書かれていない。

 

ただ、ネット上では「the chef cooks me」というバンドの元メンバー・飯島拓也氏が旦那では?とウワサが立っている。

 

そして、子どもに関しては現在のところ、いないのでは?と推測されている。

 

はたして、本当に飯島拓也氏がほないこかの旦那なのか気になるところだ。

 

また、川谷絵音の不倫騒動が原因で、ほないこかのグループ脱退がウワサされていたが、どうやらこの情報はガセだったようだ。

 

今後は本名「さとうほなみ」の名前で、女優、タレントとしても活動。

 

すでに、さとうほなみとして、6日放送の「櫻井・有吉THE夜会 」、9日の「行列のできる法律相談所」にも出演予定である。

 

そこで今回は、ほないこかの子どもや旦那について調査してみた。

Sponsored Link

ほないこか(さとうほなみ)の旦那は飯塚拓也?

ゲス不倫騒動では、川谷絵音に続き、ドラムの「ほないこか」も結婚していることが文春によって発覚した。

 

このことを知っていたのは一部だけだったらしいので、おそらくメンバーと事務所関係の人間しか知らなかったことだと思われる。

 

なぜ、ほないこかは旦那がいることを隠していたのか?

 

ほないこかはそのビジュアルから見てもかわいくて、男性ファンが多い。

 

しかもドラムの腕もあり、「かわいすぎるドラマー」として話題にもなっている。

 

そのため『公表しない方がいい』という判断がされたのだとか。

 

また、相手の旦那が誰なのか気になるところだが、現在のところ、「音楽関係者」ということしか分かっていない。

 

音楽関係者といっても色々な仕事があり、絞りきれないが、冒頭でも説明したようにバンド「the chef cooks me」の元メンバー・飯島拓也氏が旦那ではないか?とネット上でウワサされている。

Sponsored Link

ほないこかの子どもは?

ほないこかの旦那とウワサがある飯島拓也氏は、「the chef cooks me」で活動していたころに担当していたのはドラム。

 

先日出演した「櫻井・有吉THE夜会 」でも、ほないこかは、「旦那は同じドラマー」と告白していたので、飯島拓也氏が旦那というのはまんざらウワサだけではなさそうだ。

 

ほないこかの旦那の画像

 

そして、子どもがいるのかいないのか話題になっているようだが、今のところ子どもがいるという明確な情報は上がっていない。

 

おそらく、「子どもはいない」という見解でよいと思う。

ほないこかが本名のさとうほなみで女優に!

「ゲスの極み乙女。」のドラマー「ほないこか」の芸名は、本名の「さとうほなみ」に由来する。

 

そして今度は、本名のさとうほなみで女優、タレントとしても活動することが発表された。

 

ほないこかは現在でこそ、バンドを組んで活動しているが、かつては女優志望だったという。

 

中学生の頃からアイドル活動をしていて、本名の佐藤穂奈美で雑誌の撮影や舞台なんかに出演していた経歴を持っている。

 

しかし、当時は無名で、ほないこかがアイドルだったことをリアルタイムで知っていた者は少なかった。

 

(ほないこかのアイドル時代)
ほないこか アイドル 画像

 

今でこそ、川谷絵音が遊びのつもりで結成した「ゲスの極み乙女。」のメンバーとして名前が売れたが、もし、そのまま女優を目指していたらどうなっていたか分からない。

 

過去には、アイドル並みのビジュアルとドラムの腕を見込み『ピンでも売れる』と踏んで、実際に獲得しようとした芸能事務所もあったとか。

 

結局、その誘いを断り、現在の「ゲスの極み乙女。」に在籍しているのだが、川谷絵音の騒動で嫌気が差したという理由で脱退のウワサも飛び交っていた。

 

だが、川谷絵音がファンの前でこの噂を払拭。

 

ほないこか自身も「グループが活動休止している間は主婦をしていた」と、先日出演した「櫻井・有吉THE夜会 」で語っているのだ。

 

また、女優業に進出するにあたって、ほないこかは、すでに4月から演技やアクションのレッスンを始めていたという。

 

これからは、今まで通りワーナーミュージック・ジャパン所属で音楽活動を行い、それ以外の仕事を知人の紹介で所属することが決まった「オスカープロモーション」が担うということである。

Sponsored Link
  
  

▲トップへ戻る