中華航空機 炎上の原因は?名古屋の墜落事故は被害者の数が過去2番目!

中華航空機 炎上

1月5日放送の「トリハダ(秘)スクープ映像100科ジテン」は、2007年沖縄那覇空港に、乗客乗員165名を乗せた中華航空機(120便)が、着陸直後に爆発炎上した事故にスポットをあてる。
続きを読む »

▲トップへ戻る