寺内樺風 親の会社の現在と実家の妹の年齢は?性的行為はあった?

寺内樺風 画像

この記事では、埼玉朝霞少女監禁で逮捕された寺内樺風被告についてまとめている。

 

寺内被告は父親、母親、妹の4人家族。

 

実家は大阪府池田市で、現在父親は防犯グッズの会社を経営している。

 

実家は金持ちで、祖父が大学教授など一族には高学歴者が多く、寺内被告も地元の名門・大阪教育大学附属池田中学、大阪教育大付属池田高校、千葉大学工学部へ進学。

 

2年生の時には大学を自主休学して、カナダのバンクーバーに語学留学している。

 

寺内被告は経歴だけを見ると、恵まれた環境で育ってきたようだが、帰国後の2014年3月10日、朝霞市に住む当時中学1年生の少女を連れ去り、自宅で監禁した。

 

それから約2年後の2016年3月27日に行方が分からなくなっていた女子中学生が、JR東中野駅の公衆電話から自宅と警察に助けを求めたのである。

 

そして寺内被告はそのことをニュースで知り、逃亡。

 

指名手配されたが、翌日、静岡県伊東市で発見され、逮捕された。

Sponsored Link

寺内樺風 親の会社の現在は?

寺内樺風被告は千葉大学へ進学する際に千葉に移住した。

 

事件を犯したのは2年の時で、当時、寺内被告は千葉の自宅で女子中学生を監禁。

 

2016年の春に都内の消防設備会社に就職が決まり、東京中野区のアパートへ移ってきたという。

 

中野区の自宅アパートでも女子中学生を監禁していたが、少女が隙を見て助けを求めたことで事件は解決した。

 

そして寺内被告が逮捕されると、間もなくして父親の会社が判明。

 

寺内被告の父親は防犯設備士という民間資格を持っており、経営する会社が「株式会社店舗サポート」という会社名であることがわかったのだ。

 

なぜわかったのかというと、父親の会社は「e-防犯.com」というサイトを通じてインターホンや監視カメラなどの防犯グッズの通信販売を手掛けている。

 

その「e-防犯.com」のホームページ上で父親が「弊社近親者に関する報道についてのお詫び」と題した謝罪文を掲載。

 

社長の名前が寺内被告の父親とみられる男性だったことで発覚した。

 

e-防犯.com 謝罪文

 

そして、現在の「e-防犯.com」だが、事件後はサイトを閉鎖して休業していた。

 

しかし、いつに間にかサイトは復活し、現在は通常どおり営業を再開している。

Sponsored Link

寺内樺風の実家と家族

寺内樺風被告の実家は大阪府池田市で、阪急宝塚線の池田駅から徒歩5分ほどの住宅地にあるそうだ。

 

家は自宅兼事務所になっていて、2011年ごろから防犯設備の販売店を経営しているという。

 

また、4人家族の寺内被告だが、祖父母もいるようだ。

 

祖母の話によると、逮捕された2016年、寺内被告は正月に実家へ帰省していたといい、就職が決まったことから祖父母に「今までありがとうと」と、五千円ずつ渡したとか。

 

妹とも仲が良いらしく、一緒に一泊旅行へ出かけたという。

 

寺内被告の妹はネットの情報によると、2016年時の年齢は15歳だったとか。

 

この情報が本当なら、女子中学生も連れ去られた当時は13歳で、寺内被告の妹と同じ年になる。

 

寺内被告は女子高生が主人公の人気アニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」が好きだったと報じられているので、シスコン気質だった可能性もあるとみられる。

寺内樺風 斎藤杏花さんとの性的行為は?

寺内樺風被告に監禁されていた女子中学生の名前は斎藤杏花さん。

 

問題なのは斎藤さんとやましい行為はあったのかだ。

 

結論から言えば、身体を触られたことはなく、食事などもふつうに与えられていたという。

 

ただ、斎藤さんに重度の心的外傷後ストレス障害(PTSD)を負わせた罪は重く、そのせいで現在も症状に苦しんでいるという。

 

寺内被告は先日の公判で、懲役9年(求刑・懲役15年)が言い渡された。

 

だが、当初弁護側は「統合失調症」を発病していることを主張していた。

 

公判では責任能力があるとして主張は退けられたのだが、寺内被告は前回の公判で、「森の妖精です」「私はおなかが空いています。今なら、1個からあげクン増量中」などとわけのわからないことを言ったり、奇声を上げるなどし、裁判が延期されていたのだ。

 

そして先日の公判では、発達障害「自閉スペクトラム症」の傾向にあったとの鑑定結果が出たことから、責任能力の程度が主な争点となっていた。

 

ただ、今回の寺内被告はというと、演技することなく、おとなしくしていたといい、裁判長から完全責任能力が認められたのだ。

Sponsored Link

▲トップへ戻る