三度目の殺人は器の意味が不明で真犯人は咲江?キャストの娘は誰?

映画 三度目の殺人 画像

2017年に公開された映画「三度目の殺人」が、10月13日の土曜プレミアムにて地上波初放送される。

 

映画「三度目の殺人」は、「海街Diary」、「そして父になる」など、数々の作品を手掛けた是枝裕和監督によるリーガルサスペンス。

 

原作は是枝監督の完全オリジナル脚本なので、存在しない。

 

物語の内容は、福山雅治演じる弁護士の重盛朋章が、役所広司演じる被告人・三隅高司の刑を軽減しようと奮闘する姿を描く。

 

キャストには、被害者の娘で、事件の鍵を握る山中咲江役を広瀬すず、咲江の母親・山中美津江役を斉藤由貴、重盛の弁護士仲間・摂津大輔役を吉田鋼太郎、川島輝役を満島真之介が演じる。

 

とにかく、この映画「三度目の殺人」は、考察を述べようと思っても解釈が人それぞれ異なるので、真相解明は難しい。

 

誰が真犯人なのか、また、タイトルの意味や劇中のセリフにあった「器」など、意味不明でわからないという声が多く聞かれる。

 

結局、これらは是枝監督が、意図的に見る人の想像に任せた内容にしていると思うので、今回はタイトルや器の意味、真犯人が誰なのかについて、深堀りして行こうと思う。

Sponsored Link

映画 三度目の殺人 タイトルと器の意味がわからない?

映画「三度目の殺人」は、「第41回日本アカデミー賞」の最優秀作品賞、助演男優賞、助演女優賞、監督賞、脚本賞、編集賞、計6部門で最優秀賞を受賞した作品。

 

これだけの賞を獲得しているのだから、名作に違いはないのだが、タイトルにある「三度目の殺人」の意味がよくわからないという声が多く聞かれる。

 

それもそのはず、映画の中では三度目の事件について、誰が犯人なのかなど何も触れられていないのだ。

 

今回キャストの役所広司が演じた三隅は、30年前に一度事件を犯していた。

 

二度目は、自身が勤めていた食品工場の社長の殺人容疑。

 

では三度目は?と言うと、この解釈が人によって違ってくる。

 

映画の結末は、裁判により三隅は死刑となった。

 

しかもラストまで「三度目の殺人」に関わる話が出てこなかったのだ。

 

そのため、一般的な考えでは、三隅自身が死刑になったことにより、「三度目の殺人」が成立したのだと解釈できる。

 

ただし、三隅が死刑になったのは、福山雅治演じる重盛が弁護しきれなかった結果にすぎない。

 

もっと深読みすると、裁判に時間を掛けたくなかった、裁判官や検察官、弁護士といった、司法に関わる者たちが三隅を「死刑」にしたのである。

 

一方、ラストのシーンにあった「器」の意味にも、人それぞれ違う捉え方ができる。

 

死刑判決後、弁護士の重盛が三隅と接見するシーンで、「貴方はただの、器?」と質問するが、三隅は「ん?、器ってなんですか?」と、重盛の質問をはぐらかせて映画が終わった。

 

この器という言葉は、物語の中盤くらいで重盛と満島真之介演じる川島が、北海道の元刑事を訪れたときにも出てきたセリフである。

 

その際、元刑事の老人は、三隅の人物像を「なんだか空っぽの器のような」と語っていたように、知る側からすれば不気味。

 

うらみや憎しみがないのに犯行に及ぶのは、いかにも中身の無い体だけがある人間という意味で言った言葉なのだと思う。

 

なので、重盛は北海道でのことを覚えていたから、ラストに器の話しを持ち出し、三隅から確認したかったのではなかろうか。

Sponsored Link

映画 三度目の殺人の真犯人は咲江?

 

映画「三度目の殺人」の犯人・三隅高司を演じた役所広司と、被害者の娘・山中咲江を演じた広瀬すずとの関係は、終盤になって判明する。

 

三隅は、食品工場の社長だった咲江の父親の殺人容疑で逮捕されたが、供述が二転三転するため動機が不明。

 

それでも自分がやったと、犯行を認めるのだった。

 

ところが、1回目の裁判が終わると、咲江は弁護士の前で三隅と知り合ったきっかけや、父親からされていたことを話し、三隅を救うために法廷で真実を話すと言い出しのだ。

 

そのことを重盛から聞かされた三隅は、咲江を守るため、一転して、「自分はやっていない」と無実を訴えたのである。

 

そして、2回目の裁判では、咲江の母親から保険金目当てで依頼されたということで法廷の臨んだが、裁判のやり直しは行われず、三隅は死刑判決を下されたのだった。

 

結局、犯人は三隅ということになったのだが、真相は単独犯だったのか、それとも咲江が共犯なのかに焦点が絞られる。

 

一応、映画の中で三隅と咲江が河川敷で犯行に及んでいるシーンが、伏線として映し出されていたので、その通りに考えれば、全てがしっくりくる。

 

また、三隅には、咲江と同じように足の悪い娘がいた。

 

それに自分なんか生まれてこなければ良かったと感じていたのだが、咲江に自分の娘の姿がかさなり、そんな自分でも最後には、誰かの役に立ちたいと感じていたのかもしれない。

 

そのため、咲江が真実を話さなくても良いように、自分1人が罪を被れるよう一転して、犯行を否認しだしたのだと思う。

 

では、他に真犯人はいないのか?

 

考えられるとすれば、吉田剛太郎演じる弁護士の摂津大輔くらいだろう。

 

真犯人の可能性がある理由としては、三隅は最初、犯行を否認したが、摂津に言われて犯行を認める供述に変えたと語っていた。

 

それに、裁判を最初からやり直すかどうするかになった時、かなり焦っていたのだ。

 

あと、三隅が重盛に娘がいることを言い当てたシーン。

 

人の心が本当に読めるのか、重盛は摂津に娘のことを何か話したか問いただしたが、摂津は否定した。

 

だが、実は裏で三隅と摂津が会っていたから情報を知っていたのだとも考えられる。

 

そして、真犯人を裏付ける肝心な摂津の動機だが、あるとすれば、咲江の身の危険を案じた三隅が、摂津に犯行を依頼したくらいだろう。

 

だが、結局ハメられて、自分が犯人に仕立て上げられたということも考えられる。

映画 三度目の殺人 キャストの娘は誰?

映画「三度目の殺人」に出演しているキャストには、重盛朋章の父親で元裁判長の重盛彰久役を橋爪功、検察官の篠原一葵役を市川実日子が演じた。

 

あと、万引きして補導されそうになった重盛朋章の娘がちょい役で出演。

 

ウソ泣きの演技が上手かった娘・ゆか役を演じたのは、誰なのかというと、子役上がりの女優・蒔田彩珠(まきた あじゅ16歳)だ。

 

蒔田彩珠 画像

 

芸能事務所「ユマニテ」所属の蒔田彩珠は、子役時代にドラマ「ちびまる子ちゃん」や、NHK小説ドラマ「とと姉ちゃん」などに出演。

 

映画では、是枝裕和監督の「海よりもまだ深く」や、今年6月に公開された映画「万引き家族」にもキャストに抜擢された、言わば是枝監督ご用達の女優なのである。

 

(福山雅治、是枝裕和監督関連記事)

 

映画 三度目の殺人のキャスト一覧

重盛朋章/福山雅治

三隅高司/役所広司

山中咲江/広瀬すず

山中美津江/斉藤由貴

摂津大輔/吉田鋼太郎

川島輝/満島真之介

服部亜紀子/松岡依都美

篠原一葵/市川実日子

重盛彰久/橋爪功

重盛ゆか/蒔田彩珠

 

映画 三度目の殺人のあらすじ

勝利にこだわる弁護士・重盛(福山雅治)はやむを得ず、30年前にも殺人の前科がある三隅(役所広司)の弁護を担当することになる。

解雇された工場の社長を殺し、死体に火をつけた容疑で起訴された三隅は犯行を自供しており、このままだと死刑は免れない。

重盛は、どうにか無期懲役に持ち込もうと調査を開始する。

三隅は会う度に供述を変え、動機が希薄なことに重盛は違和感を覚える。

やがて重盛が三隅と被害者の娘・咲江(広瀬すず)の接点にたどりつくと、それまでと異なる事実が浮かび上がっていく。

引用元:movie.walker

Sponsored Link

▲トップへ戻る