ホームアローンの子役が逮捕?死去の噂や年収 結婚 彼女について調査!

ホームアローン 子役 画像

クリスマス時期になると放送されるのは、1991年に公開された映画「ホームアローン」ですね。

 

映画「ホームアローン」は、クリスマス休暇でパリ旅行に行くことになった家族に、1人取り残されてしまった8歳のケビンが2人組の泥棒を相手に戦うコメディ作品。

 

爆笑に次ぐ爆笑で大ヒットした映画は、27年経った現在も人気があります。

 

その作品に子役として主役を務めたのが、マコーレー・カルキン(38)です。

 

マコーレー・カルキンといえば、ホームアローンの子役を務めたことで一躍有名になるが、大人になってからの人生は実に波乱万丈。

 

法を犯して逮捕されると、あまりの激やせぶりから余命半年だと報じられたこともありました。

 

マコーレー・カルキンに関しては、その後も何度か死去の噂がニュースになったこともありましたが、れっきとして現在も生存しています。

 

そこで今回は、ホームアローンの子役を務めたマコーレー・カルキンの兄弟や彼女、結婚について調査してみました。

Sponsored Link

ホームアローンの子役が逮捕

マコーレー・カルキンといえば、笑いと感動の渦を巻き起こした映画「ホームアローン」の子役として有名ですよね。

 

作品の中では超キュートなケビン・マカリスター役を演じて人気を博しましたが、38歳の現在はというと、当時の可愛かった面影が一切なくなっています。

 

家族はバラバラ、さらに乱れた私生活で体がボロボロと、人生迷いまくりでした。

 

そんなマコーレー・カルキンは1980年、アメリカ・ニューヨークのごく普通の家庭に生まれて4歳で芸能界デビュー。

 

オフブロードウェイで初舞台を踏むと、次から次へとオファーが殺到しました。

 

わずか8歳で立て続けに映画にも出演し、9歳の時に「ホームアローン」のオーディションに参加。

 

オーディションでは中々主演が見つからなかったところ、演技が監督に気に入られて、見事主演をつかみとったのです。

 

そして、映画が公開されると大ヒットを記録し、マコーレー・カルキンは10歳という史上最年少で「ゴールデングローブ賞」、「主演男優賞」にノミネート。

 

一気に世界の子役の頂点に立ってしまいました。

 

ところが、その栄光の陰で、映画の出演料が父親に使い込まれていたのが報じられたのです。

 

しかも父親から虐待を受けていて、「ちゃんとやらないと殴るぞ」と、映画に出ることを強要されていたのです。

 

そして、1988年から1994年にかけて14本の作品に出演しましたが、「リッチー・リッチ」を最後に9年間活動休止。

 

活動を休止した理由は、両親が出演料でもめ事を起こして裁判になったことや、学校に行ったり、自分と同年代の子供たちと遊ぶような時間が欲しかったからだったそうです。

 

こうしてマコーレー・カルキンは一時活動休止するも、2003年に「パーティー・モンスター」で俳優復帰を果たします。

 

しかし過去の栄光はどこへやら、鳴かず飛ばずで、その翌年に逮捕されたのでした。

 

逮捕は子役で成功した俳優にありがちなことですが、乱れた私生活によって激やせしたマコーレー・カルキンは、ロン毛に様変わりした姿になっていました。

 

さらにその激やせぶりから、「余命半年」などと報じられたこともあったのです。

Sponsored Link

ホームアローンの子役の兄弟が死去

映画「ホームアローン」の子役だったマコーレー・カルキンの死去が報じられたりしましたが、まったくのデマでした。

 

死去のうわさは、逮捕されたときに激やせし、「余命半年」などと報じられたからです。

 

(激やせしていたころのマコーレー・カルキン)
ホームアローン 子役 激やせ 画像

 

ただ、マコーレー・カルキンの兄弟が死去したことは事実。

 

マコーレー・カルキンは7人兄弟の3番目で、上には兄・シェーン、姉・ダコタがいます。

 

下の兄弟は、弟・キーラン、妹・クイン、弟・クリスチャン、弟・ローリーで、死去したのは姉・ダコタさんだったのです。

 

カルキン家は、死去した姉・ダコタさんを除けば皆俳優。

 

唯一俳優でなかったダコタさんは、10年前の2008年28歳の時にロサンゼルス市内で不慮の事故に遭い、死去したのです。

 

(↓ホームアローンシリーズの動画が無料で視聴できます↓)

※興味があればチェックしてみてくださいね!

ホームアローンの子役の年収と結婚 彼女について

映画「ホームアローン」の子役でブレイクしたマコーレー・カルキンは、これまで15本の映画に出演。

 

その分で稼いだ額は、65億円とも言われています。

 

ただ、年収に関しては、出演した作品に関係するので、その年によってまちまち。

 

それに9年間活動休止していたので、正確な年収はわかっていません。

 

だが、18年間で65億円稼いだことになるので、単純に計算すると年収約3億6千万稼いでいたことにもなります。

 

そんなマコーレー・カルキンは活動休止後、高校の同級生だった女優のレイチェル・マイナーと、1998年4月に17歳という若さで結婚。

 

しかし、結婚生活は長続きせず、妻のレイチェル・マイナーとは2000年に離婚しました。

 

その後は女優のミラ・クニスと交際するも破局。

 

なかなかいい恋愛には恵まれなかったのですが、現在は2017年10月頃に交際が発覚した彼女がいるようです。

 

現在の新しい彼女の名前は女優のブレンダ・ソング(30)で、マコーレー・カルキン同様、子役出身。

 

彼女のブレンダ・ソングは母親がタイ人、父親がミャオ族のアジア系アメリカ人で、熱愛発覚後はいい関係を続けています。

 

(マコーレー・カルキンと彼女のブレンダ・ソング)
ホームアローン 子役 現在 画像

 

そして、当のマコーレー・カルキンは彼女との出会いもあって、やっと健康的な体に戻れた感じ。

 

もう本格的に俳優業に取り組むつもりはないといい、2012年に結成したバンド「The Pizza Underground」の音楽活動に精を出しているとされています。

Sponsored Link

▲トップへ戻る