清原和博の現在が見てられない?12月のインタビューが話題に!彼女のえりなと結婚の噂も

清原和博 現在 12月 画像

12月29日放送のニュースキャスターは「超豪華!芸能ニュースランキング2016決定版」と題し、今年2月に違法薬物を使用したとして逮捕された元プロ野球選手・清原和博氏のインタビュー映像が放送される。

 

清原氏がテレビに出演するのは、今年1月24日に放送された「ワイドナショー」以来。先週には 29日の放送を前に少しだけ予告が流れると、スーツに、七三にセットした髪型、激やせした清原氏の姿にネット上では、「え!?清原別人になって悲惨やん」「この姿は見てられない」など、現在の清原氏の変貌にがっかりする言葉が見受けられた。

 

また、清原氏といえば、モデルの亜希と2014年に離婚。その後、銀座のクラブに勤めるシングルマザーでハーフ美女のえりなと交際していたが、逮捕されて破局したと報じられていた。

 

ところが、現在その彼女と復縁していて、「近々結婚する」との報道があるようだが、はたしてその真相は?

 

今回は、懲役2年6月、執行猶予4年の有罪判決を受け、3月に保釈された清原氏の現在についてまとめてみた。


Sponsored Link


清原和博の現在 12月のインタビューが見てられない

清原和博氏は逮捕前に出演した「ワイドナショー」以来、11か月ぶりに12月29日放送の「ニュースキャスター」に出演するわけだが、これには色んな憶測が飛び交っている。

 

現在の清原氏は、更生に向かっていることをテレビを通じてアピール。司会を務める安住紳一郎アナが、「インタビューをするにあたり、医療機関で証明書を発行していただきました。検査を実施して薬物の検出は認められませんでした」と書面を拡大したものを放送した。

 

だが、清原氏の姿には以前のような風貌が消え去り、髪は七三、激やせした悲惨な姿となってインタビューに応じている。

 

ネット上でも「え!?清原別人になって悲惨やん」「この姿は見てられない」など、現在の清原氏の変貌にがっかりする言葉が飛び交っていた。

 

現在の清原氏は、ガタイが大きく、スキンヘッドという、威圧するかのような昔の姿が消えさってしまっていたのだ。

 

確かにその姿を見ると、本当に更生に向かっているように思えるのだが、今回、テレビインタビューを受けたのには、他に理由があったのだとか。

 

清原氏は3月17日に保釈され、千葉県松戸市の千葉西総合病院に直行。病院が認めたVIPしか入ることのできない「特別室」で、糖尿病の治療を受けた。

 

その後は大阪に戻り、支援者に支えられながら治療に専念。9月には写真週刊誌に沖縄の宮古島でバカンスを楽しむ姿を報じられた。

 

どこにそんな金があったのかは分からないが、今になってはさすがに「金欠」らしい。

 

最近は金に困っているので告白本を出版するという話もあり、前妻の亜希は「自分や息子の話が晒され、また周囲が騒がしくなるのでは」と恐れているという。

 

今回の出演もまさに金のため。これからはテレビ出演などが増えそうということだが、はたして使ってくれる局がどのくらいあるのか、今後に注目される。


Sponsored Link


清原和博の現在 彼女のえりなと結婚の噂も

現在、清原和博氏は、地元大阪ではなく東京に戻って、六本木近くのマンションで暮らしているという。

 

逮捕される前には銀座のクラブに勤めるシングルマザーでハーフ美女の彼女がいたが、逮捕されて破局したと報じられていた。

 

しかも逮捕前に清原氏は、彼女にプロポーズしていたらしい。結婚するため彼女に『クスリはやめた』と言っていたらしいが、隠れて使用し、逮捕。そのことがきっかけで、清原氏と別れることを決意したという。

 

当時、彼女が勤めていたクラブの関係者も「清原が逮捕されてから、彼女は『清原と別れる』と言っていたんですが、切れなかったようです。清原のマンションに足しげく通っていて、『清原をサポートして結婚する』と親しいホステスに言っているようです」と明かす。

 

清原氏と親しかった銀座のクラブ関係者も「清原は彼女と再婚するために治療に専念しているようですよ」と話していた。

 

復縁したとか言われていたが、結局、逮捕されても破局していなかったことになる。では清原氏の彼女とはいったい誰なのか?

 

分かっているのは母親がアメリカ人のハーフ。父親が大手航空会社の役員。大手芸能プロに所属し、2009年ごろまで芸能活動をしていた。 現役大学生ながら、銀座のクラブで働き娘が1人いるシングルマザーということ。

 

ネッ上でも「えりな」などと、何人かの名前は挙がっているが、完全に特定するところまではいってない。


Sponsored Link


▲トップへ戻る