桂文枝の浮気相手(画像)と新潮の内容!局部を撮ってメールで送っていた!?

桂文枝 画像

2016年2月に演歌歌手・紫艶(39)との不倫をフライデーに報じられたばかりの落語家・桂文枝(74)だが、今度は週刊新潮が二股不倫を報じて騒動が巻き起こっている。

 

新潮が報じているのは、桂文枝には紫艶の他にも2008年から不倫していた女性がいたという内容だ。

 

その浮気相手とみられる女性は現在56歳。神戸市内で一人暮らししていて仕事は日舞の先生をしているという。

 

顔は若い頃の八千草薫に似ていてチャーミング。小柄で着物が似合う女性だそうだ。(画像あり)

 

また、相手女性は文枝師匠の独特の趣味嗜好に悩まされるようになったということも報じられている。

 

相手女性に対し、「あそこの写真を撮らせろ」とか言って、これを断ると、今度は文枝師匠自身の局部を撮った写真のメールが頻繁に送られてくるようになったそうだ。

 

結局、最近になって相手女性は文枝師匠に愛想を尽かして別れを決意。

 

これまでのことを新潮にリークしたため二股不倫だったことが発覚したわけだが、当の文枝師匠はというと、「知らん」の一点張り。

 

新潮の直撃に対し、「広報を通してや」と言うばかりだったそう。

 

そして所属する吉本興業は「本人は事実関係を否定しています。度が過ぎた付きまとい行為が行われていたので、弁護士と相談して対応を検討しているところです。」との返答だったようだ。

桂文枝の浮気相手(画像)

2人の出会いは2008年12月、浮気相手の女性が大阪の演芸場「天満天神繁昌亭」に足を運んだ際、横にある喫茶コーナーにいるところに桂文枝が現れ、一緒に写真を撮ったのがきっかけだったとか。

 

そして、その写真を送るからと言われた相手女性は、桂文枝に連絡先の書いた名刺を渡すと、早速その日の夜にメールが届いたという。

 

その後相手女性は、年明けの1月、お礼を言うために「繁昌亭」を再び訪れると、今度は文枝師匠の部屋に通されたそうだ。(画像あり)

 

(桂文枝の浮気相手の画像)
桂文枝 浮気相手 画像

 

そこで2人の距離が縮まり、2月には相手女性の家にあがりこむようになり、3月には男女の関係になったという。

 

当時の文枝師匠は、すでに60代半ば。相手女性は現在56歳なので47、8歳といったところだろうか。

 

実を言えば、相手女性にとって初めての男性が文枝師匠だったそうだ。

 

浮気相手の女性が言うには、母親が厳しかったことでそれまで男性経験がなかったとか。

 

でも文枝師匠は「こんな乙女がいるとは思わなかった」と言って喜んでくれたという。

 

以後、文枝師匠は相手女性の家で、たびたび身体の関係を持つようになったそうだ。

桂文枝の新潮の内容

新潮に書かれている内容によると、桂文枝は2016年2月に報じられた紫艶との不倫中も今回の女性と二股交際。

 

身体の関係は4年ほど前から無くなっていたが、最近までは電話やデートは続いていたという。

 

ただ、紫艶との違いは金銭的問題。

 

紫艶には月20万円の愛人手当てが払われていたことが報じられたが、今回の女性に対しては、そのような手当ては無かったようだ。

 

浮気相手の女性はこの件について「お金が欲しくて付き合ったわけじゃないけど、よくよく考えると私は無料で遊べる愛人だったということです。」と語る。

 

また、文枝師匠が浮気相手の女性宅に行くのは2ヶ月に1回ぐらいだったとか。

 

いつも食事をして寝室で過ごすというパターンだったそうだ。

 

また、文枝師匠は平気で弟子も連れてやって来たのだという。

 

弟子はいつも2人くらい入れ替わりでやって来たといい、車を運転させて「ご飯食べさせてや」とやって来る。

 

食事を済ませると2階の寝室で文枝師匠と相手女性は過ごすのだが、下には弟子が落語の稽古中。

 

「2人が2階で何をやっていたのかを弟子は分かっていたと思う」と相手女性は語っている。

 

「将来は一緒に住んで介護をして欲しい」と言われ、「一生大事にします」と書かれた色紙まで受け取った相手女性は、文枝師匠の言葉をつい本気にしてしまった。

 

結局、最後は裏切られることになるとも知らず。

桂文枝が浮気相手に局部の写真を撮ってメールで送っていた?

浮気相手の自宅に弟子まで連れてやって来たという桂文枝は、行動が次第にエスカレートしていったという。

 

「パンツ姿の写真を撮ってメールで送れ」とか、「下の毛を剃らせて」とか言って困らせていたそうだ。

 

挙句には局部の写真を撮ろうとしたという。

 

「愛情があれば撮れるはずや」と諦めなかったそうだ。

 

さらに文枝師匠のメール攻撃は続く。

 

メールで卑猥なことを書いてきたり、自分の局部をアップで撮った写真を送ってくることもあったとか。

 

文枝師匠からすると相手女性が困っているのを楽しんでいたのだそう。

 

相手女性も自分が遊ばれているだけだと段々わかってきたようで「訳もなく涙を流すような毎日だった」と語る。

 

文枝師匠に撮られた写真もどこかでバラ撒かれているのではと思い、心配で一日に何度も電話したりメールしたりするようになったという。

 

だが、不安になった相手女性がかける電話やメールに文枝師匠の返事も次第に冷めたものになっていった。

 

気の焦りから警察沙汰になったこともあったそうだ。

 

それは2013年の夏、相手女性が「繁昌亭」にいる文枝師匠に会いに行くと、体の大きな弟子が止めてきたのだという。

 

押しのけようとすると今度は襟首を掴まれてしまい、結局警察を呼ぶ騒ぎに。

 

翌日、文枝師匠に叱られたという相手女性は、そこで信じられない言葉を聞くことになる。

 

「吉本興業から女性関係をきつく注意されたから、もう君の家には行かれへん。」と言われてしまったそうだ。

▲トップへ戻る