ひとり農業にやらせ疑惑?渡辺は何者?喫茶店や近所の評判が悪く企画終了か!

金スマ ひとり農業

中居正広が司会を務める金スマの名物企画「ひとり農業」に、やらせ疑惑が浮上している。

 

やらせ疑惑を報じているのは「週刊女性」で、記事によると農業は渡辺ヘルムート直道氏がひとりでやっているのではなく、3人ほどのスタッフが手伝いに来ているという。

 

さらに、渡辺ヘルムート氏は近所の評判がすこぶる悪いとか。

 

渡辺ヘルムート氏が営む喫茶店「ハレルヤ」を訪れた客も、「テレビで見るのと全然印象が違う」と証言しており、「渡辺氏の態度にがっかりした」と答えているのだ。

 

テレビの印象と違うと言われている渡辺はいったい何者なのか?

 

喫茶店に訪れてくる客とはいっさい話さない。

 

近所付き合いもなく、会ってもあいさつしないなど、周囲の人たちとうまく付き合えてないといい、しまいには「出て行け」とまで言われているという。

 

「ひとり農業」といえば金スマの人気企画。

 

せっかく10年間続いたが、この調子では終わりを告げることにもなりそうだ。

Sponsored Link

ひとり農業にやらせ疑惑?

「ひとり農業」がピンチにさらされている。

 

これまでひとり農業にやらせ疑惑はささやかれていたが、週刊誌が報じたことにより現実味を帯びてきたのだ。

 

出演者の渡辺ヘルムート直道氏は、2008年に住民票を茨城県に移し、自給自足のひとり農業を開始。

 

普段は2015年から新しく始めた喫茶店の方に住んでいるらしく、テレビの撮影があるときだけ畑に行って農業をやっているそうだ。

 

ひとり農業について近所に住む人は、「ひとり農業なんてまったくの嘘。ひとりであんなにできるわけがない。近くに住むテレビスタッフがバイクでやって来ていつも4人くらいで畑をやっているよ」と証言する。

 

「ひとり農業」は、農業を経験したことがない渡辺氏が、単身で農業を営むというコンセプトで始まった企画。

 

近所の証言がもし、本当ならば、やらせ確定となってしまうのだ。

 

今回のやらせ疑惑を報じている「週刊女性」の記事には、「ひとり農業ではなくスタッフ3人と協力している」と書かれており、真実を確かめるべく、渡辺ヘルムート直道氏を直撃したという。

 

すると、返ってきた答えは「確かに草むしりくらいはスタッフもやったかもしれませんが基本的には自分一人でやっていますよ」。

 

強い口調でそう言うと、家の中に入って行ったそうだ。

Sponsored Link

ひとり農業の渡辺ヘルムート直道は何者?

「ひとり農業」の出演者・渡辺ヘルムート直道氏は何者なのか?

 

渡辺ヘルムートという名前の由来は、父親がキリスト教の牧師で、子供のころに洗礼を受けて「ヘルムート」が付いたのだという。

 

たしかに名前に「ヘルムート」と付けば何者?って感じだが、理由はそういったことからである。

 

そんな渡辺氏は、1971年静岡県伊東市生まれの静岡県立大学出身。

 

元「金スマ」のディレクターで、1994年からテレビ番組制作会社で働いていたが、2008年3月に退職し、現在の住所・茨城県常陸大宮市に移住してひとり農業を始める。

 

現在、移住して10年経つのだが、なぜか近所の人たちとうまく付き合えていないという。

 

渡辺氏は2014年に美容師の知永子さんと結婚し、今では自分の両親も茨城に呼び寄せて生活している。

(関連記事….金スマ ひとり農業 喫茶店の場所は?渡辺が嫁と離婚してる!?)

 

家族もできて近所に溶け込んでいるかと思われていたのだが、町内会に顔を出さない、挨拶すらできないことから、周囲にはあまりよく思われていないそうだ。

 

そんな状況だから「ひとり農業」に反発する声もあがっているという。

 

渡辺氏の性格は、大人しくて生真面目なところがあるが、もう少し上手くやれるはず。

 

そして、「週刊女性」が渡辺氏に対する近所の評判を本人に確かめたらしいのだが、挨拶に関しては自分ではしているつもりなんだとか。

 

ただ、「出て行け」と言われたことについては事実だという。

 

周囲から出て行けと毎回言われている渡辺氏は、その度、返事に困っているといい、毎回ケンカになるので最近は町内会に顔を出していないそうだ。

 

「なぜここにいるんだ?」と言われても、何も言い返しようがないと話す渡辺氏。

 

このままでは居づらくなって、企画自体が終了してしまう可能性が出てきているのである。

Sponsored Link

ひとり農業 喫茶店の評判

渡辺ヘルムート直道氏はひとり農業のほかに喫茶店「ハレルヤ」を営んでいる。

 

しかし、この喫茶店の評判もあまり良いとはいえないようだ。

 

まず、喫茶店はめったに営業しないらしく、開けたとしても午後1時から4時までの3時間で終了するとか。

 

近所の人はまず行かないらしいのだが、番組を見て訪れる人は後を絶たないという。

 

そして、店に訪れたことがあるという人の話によると、渡辺氏に「いつも見てますよ」と声をかけても知らんぷりされるのだとか。

 

テレビで見ている渡辺氏と全然違う態度に正直がっかりしたそうだ。

 

しかも「コーヒー一杯飲むのに30分も待たされた」と店内の事情を語っており、店が営業している間、渡辺氏は無言でパソコンに向かい話しかけられたくないという雰囲気を醸し出しているのだという。

 

近所の人にも愛想がないと言われている渡辺氏だが、この事実についても「週刊女性」に理由を説明している。

 

渡辺氏が言うには、喫茶店ではお客から質問攻めにあうのだという。

 

家のこととか家族のこととかを聞かれるのが耐えられないので、そういった態度を示してしまうそうだ。

 

コーヒー一杯出すのに30分待たせることがあるのも認めたらしいが、時間がかかることについては、「メニューに書いてある」と主張していたという。

▲トップへ戻る