要潤 十朱幸代 と熱愛後に結婚した嫁はブログで料理を披露する腕前を持つ!

要潤 画像

俳優の要潤(34)が自身のツイッターを更新し、第2子が誕生したことを報告した。

 

生まれた子供は男の子か女の子なのか気になるところだが、ツイッターでは詳しい事が書かれていないため、いまのところどちらかは判明していない。

 

そのあたりは後日、分かると思われるが、現在、要潤の嫁の松藤あつこが話題のようである。

 

松藤あつこは元タレントでグラビアなどをしていたが、あまり世間では知られてないのではないだろうか?

 

なにやら要潤の嫁は、雑誌などの企画で「株アイドル」「ボイン馬券師」として投資術や競馬予想をしていたという。

 

また料理の方が非常に上手いということもあって、テレビでも取り上げられていたようだ。

 

そんなこともあってか、松藤自身のオフィシャルブログ「石鹸屋さんの美肌レシピ」なんかでは、料理の腕前を披露している写真がよく載せられている。

 

要潤は、2003年に女優の十朱幸代(72)との「年の差38才の熱愛」を報じられて話題になったが、後に破局。

 

昔からよく、「男は胃袋をつかめ」と言われているが、要潤は嫁さんの作る料理の腕前に惚れ込んで結婚したのかも知れない。

Sponsored Link

要潤 十朱幸代 と熱愛後に結婚

要潤は、本名も芸名も同じで香川県三豊郡三野町(現・三豊市)出身。

 

1981年2月21日生まれの34歳で、2001年、『仮面ライダーアギト』で俳優デビューした。

 

現在の嫁で元タレントの松藤あつことは、2011年の春ごろ、共通の友人の紹介で知り合い、2013年4月に結婚。

 

同年12月に第一子となる長男が誕生したのである。

 

そんな要潤は、デビュー2年後の2003年に十朱幸代との熱愛を「女性セブン」が報じて話題に。

 

熱愛相手の十朱幸代といえば、西城秀樹や原田龍二と浮名を流すなど、年下キラーとして名を馳せていた。

 

38才年下の要潤もまんまと十朱幸代の戦略にハマったわけだが、きっかけは番組での共演だったようだ。

 

(要潤の熱愛相手 十朱幸代)
十朱幸代 画像

 

当時の報道によると、番組のロケで2人が外国に行ったとき、「十朱幸代の方からせまった」とされていたのだ。

 

しかし、2人は後に破局を迎え、要潤は稲森いずみや釈由美子と熱愛がウワサになった。

 

それでも要潤は結婚することなく、ことごとく破局。

 

その後に知り合った現在の嫁と籍を入れたのである。

Sponsored Link

要潤の嫁はブログで料理を披露

要潤の嫁で元タレントの松藤あつこは1981年9月10日生まれの34歳。

 

千葉県出身で、11歳のときに芸能界入りし、25歳で芸能界を引退した後は化粧品の製造開発および販売を行うクロス・エ・キューブの代表として活躍している。

 

(要潤の嫁 松藤あつこ)
要潤 嫁 松藤あつこ 画像

 

嫁が営む化粧品会社は、2年前に年商7千万円とブログで告白していたので、現在はもっと稼いでいる可能性がある。

 

タレント時代なんかは、株で300万円を3千万円に増やしたという逸話の持ち主だけに、相当やり手だ。

 

それに、料理の腕前が抜群というのだから、これぞ「非の打ちどころがない」という感じである。

 

松藤のブログを見ていても、たくさんの料理が披露されているし、「しゃべくり」でも要潤は嫁の料理自慢をしているほどだ。

 

結局、要潤は嫁に胃袋をつかまされたの対して、松藤は要潤の誠実な人柄にひかれて結婚したという。

 

そんな幸せな夫婦に今回はまた、子どもという新たな幸せが訪れたということである。

Sponsored Link

▲トップへ戻る