佐賀 同窓会大量殺人未遂事件 犯人の動機は?真相と結末に驚愕!

佐賀 同窓会大量殺人未遂事件

1991年に佐賀県佐賀市で実際に起きた「同窓会大量殺人未遂事件」が、7月6日放送の「超実話○○ミステリー」でドラマ再現される。

 

番組では、同窓会を舞台に大量殺人計画を立てることになった犯人の動機などにスポットが当てられる。

 

この記事では、なぜ、犯人が同窓会で大量殺人を計画しなければならなかったのか?

 

犯人の動機は勿論のこと、事件の真相や結末について、ネタバレになるが、触れて行こうと思う。

佐賀 同窓会大量殺人未遂事件の真相と結末

この「同窓会大量殺人未遂事件」の真相は、1991年1月2日、犯人(当時27)が中学時代にいじめられたことへの復讐に同窓会を計画し、集まった者すべてを殺害しようとしたことである。

 

同窓会は、中学を卒業した12年後に佐賀県佐賀市の旅館で開かれ、当時同じクラスだった同窓生40数人と先生ら5人が集まった。

 

予定通り、宴会は始まるのだが、幹事を申し出た犯人の姿はそこには居なかった。

 

犯人は会社での用事を口実に出席しないことにしていたのである。

 

結局、何事もなく同窓会は終了。

 

しかし、その3日後、新聞に「同窓会大量殺人計画」の文字が。

 

同窓会に出席した者は、新聞を見て驚いたのだった。

 

紙面に書かれていたのは「ヒ素入りビールと爆弾」の文字。

 

これこそ、犯人が計画していた同窓会大量殺人だったのである。

 

では、なぜ何事も起らず同窓会は終了していたのか?

 

ここから結末に入るのだが、実は、同窓会が開かれる2日前、犯人の母親が息子に不審を抱き、持っていたバッグから「殺人計画書」を発見していたのだ。

母親は、すぐさま警察へ通報。

 

通報を受けた警察は同窓会が行われる旅館を捜索し、ヒ素ビールを押収した。

 

そして犯人は警察に捕まり、取り調べを受けることに。

 

自宅の車に時限爆弾を積んでいることを自供し、警察が処理に向かう。

 

自宅に到着した警察が時限爆弾を処理しようとしたそのとき、時限爆弾が爆発。

 

そのはずみで3人が重軽傷を負ってしまったのである。

 

爆発したのは、きっちり同窓会が行われている時間帯だった。

 

その後、犯人は精神疾患の疑いがあるとみられるも、責任能力があると判断されて、懲役6年の刑が下されたのだった。

佐賀 同窓会大量殺人未遂事件 犯人の動機は?

「同窓会大量殺人未遂事件」の真相と結末がネタバレしたところで、次は犯人の動機について触れていこうと思う。

 

結局、犯人の動機は中学時代に受けた「いじめ」への復讐だった。

 

犯人が受けたいじめは、女子生徒の前で裸にされたり、暴力を振るわれたりの酷いもので、恨みを募らせていた犯人は、いつか復讐しようと、高校や大学、就職先まで、すべてにおいて薬品を入手しやすい化学系を選んでいた。

 

そして事件が起きる前の年、犯人は幹事となって同窓会を計画したのである。

 

結局、犯人は、いじめた者だけを標的にしたかったのだろうが、呼び寄せるには同窓会を理由にした方が自然だと思ったのだろう。

 

一歩間違えれば、関係ない人たちも犠牲になり兼ねない事件になっていたかもしれないのだ。

▲トップへ戻る