いしだ壱成の顔面麻痺は逮捕歴が原因?離婚した元嫁 ちえの画像

いしだ壱成 顔面麻痺 画像

俳優・石田純一(63)の隠し子としても知られる俳優・いしだ壱成(42)が、18日に放送されたバラエティ番組「良かれと思って!」に出演し、今年8月に2度目の離婚をしていたことを発表した。

 

離婚した相手は青森出身で、11歳下の一般女性・ちえさん。壱成は元嫁のちえさん(画像あり)と青森で知り合い、4年弱の交際を経て、2014年7月14日に入籍したことを自身のブログで発表していた。

 

今回、いきなりの告白にスタジオは騒然。「父親の石田純一にも離婚したことをまだ報告していない」と語っていたが、それよりも離婚原因を話す壱成の顔面に視聴者は注目したのだ。

 

壱成には独自のルールがあるといい、紹介したのが、「朝起きるとコップ1杯の水を飲み、その後さゆを飲む。」「シャワーを浴びる間に、バスタオルと洋服を用意させ、サラダには7種類のドレッシングを用意。」「帰宅すると同時に45度のお風呂に入り、その間にかばんから領収書を精算する」などといった細かな作業。

 

この作業を元嫁にやらせていたのが、離婚の原因だと明かした。

 

しかし、その間の壱成の顔左半分は”ピクリ”とも動かず。右目のまばたきだけが目立ったのだ。

 

すると、ネット上では「いしだ壱成の顔面麻痺がヤバい」と話題に。過去に逮捕されたことを掘り返され、「いしだ壱成の顔面麻痺は○の影響?」といった声まであがったのである。

 

たしかに壱成は、2001年に逮捕歴はあるが、もう15年以上前の話。

 

現在もその時の影響を引きずっているかというと、疑問が残る。何か別の原因があるような気がするのだが、はたして…。

Sponsored Link

いしだ壱成の顔面麻痺は逮捕歴が原因?

いしだ壱成がテレビで見せた顔面麻痺は逮捕歴が原因なのか。

 

18日に放送されたバラエティ番組「良かれと思って!」に出演した際、2度目の離婚を発表した、いしだ壱成だが、コメント時に画面がアップされると、左目のまばたきがなく、「顔面麻痺」のような症状がみてとれた。

 

ネット上では、過去に○で逮捕されたことが掘り返されているが、その時の影響が出ていると話題になっている。

 

いしだ壱成は、2001年8月に違法な○○○の所持で逮捕歴がある。当時は現行犯逮捕され、後に自宅からも○が発見されたことでも再逮捕。

 

後に懲役1年6ヶ月、執行猶予3年の有罪判決が下され、2年間の謹慎。以来、表舞台から姿を消すことになった。

 

そもそもいしだ壱成は、1992年に俳優としてデビュー。その中性的なキャラが話題となり、ドラマ「ひとつ屋根の下」でブレイク。

 

「ひとつ屋根の下」は、フジテレビの月9ドラマで、江口洋介が長男役、福山雅治が次男役、壱成が三男役を演じたことで話題となり、最高視聴率37.8%をマークするほどの人気ドラマだ。

 

このドラマで知名度を上げた壱成は、その後、「未成年」「聖者の行進」などのドラマでは主演を務めるほど人気を博し、私生活でも共演した女優・坂井真紀との熱愛がスクープされている。

 

その後も、ドラマの共演者だった女優・とよた真帆との同棲や、一緒に海外旅行などへ出かけたことが報じられ、結婚秒読みかと思われた時に○で逮捕。

 

当時の彼女・とよた真帆とは、起訴される直前に破局したことが報じられたが、2年間の謹慎を経て復帰した。

 

それから現在まで、壱成が○を使用しているというウワサは聞かない。

 

左顔面麻痺は、その時の影響が出ているのかもしれないが、時間が経っているのでさすがにそれもなさそうだ。

 

やはり、最近の離婚など、他に原因があるのかもしれない。

Sponsored Link

いしだ壱成が離婚した元嫁 ちえの画像

2003年に復帰を果たした、いしだ壱成は、とよた真帆との破局後に交際していたグラビアアイドル・三宅えみと結婚した。

 

だが、三宅えみとの関係も長くは続かず、3年で離婚。

 

(離婚した元嫁 三宅えみの画像)
いしだ壱成 元嫁 三宅えみ 画像

 

壱成はこの時も離婚の原因を、「自分の厳しすぎるルールのせい」と語っている。

 

その後、元嫁の三宅えみは、壱成との子供を連れて、俳優・谷原章介と再婚したのだが、壱成はというと、2009年に女性問題が原因となり、所属事務所から解雇されている。

 

当時、壱成は都内のマンションで同居していた川合千春とは別に、一般女性と二股交際していた事が発覚。

 

報道では、この女性が壱成の子供を妊娠。その後、壱成と連絡が取れなくなり中絶したと伝えられた。

 

以来、芸能界から干される形となり、2010年に中国に渡り、映画やドラマなどのエキストラを行うことになる。

 

そして、日本に帰ってきた壱成は、青森で11歳下の元嫁・ちえさんと知り合う。(画像あり)

 

(離婚した元嫁 ちえさんの画像)
いしだ壱成 元嫁 ちえ 画像

 

ちえさんはもともと壱成と親しいDJ友達のクラブハウスの元従業員。交際が始まり、しばらくはちえさんが青森にいたので遠距離恋愛だったという。

 

当時、壱成は石川県を拠点に生活。2012年の春頃から一緒に暮らし始め、後に東京へ移住し、2014年7月14日に2人は入籍した。

 

だが2度目の結婚も壱成のルールのせいで離婚。

 

ちえさんがこのルールを担っていて出来ていないことがあると、壱成は激怒するそうで、そのことが原因で別居状態に。

 

ちえさんに謝罪したものの、受け入れられなかったらしく、ついには離婚に至ったということである。

いしだ壱成の彼女で女優の飯村貴子はハーフ?

離婚発表後、いしだ壱成と舞台女優の飯村貴子(19)が同棲していることを週刊文春が報じた。

 

さらに文春は発売前日に壱成と飯村が一緒のところを直撃する動画を公開。動画には壱成が交際の事実を認めるところなどが収められていた。

 

離婚発表後、さっそく彼女を作っていた壱成だったが、会見を開いた際には飯村との同棲生活の様子や馴れ初めを赤裸々に告白。

 

飯村とは舞台で共演したことをきっかけに知り合ったことや、壱成の一目惚れで交際に発展したこと、交際が始まったのは離婚してから約1ヵ月が経っていたので「不倫関係にはなかった」と不倫疑惑も否定した。

 

ただ、飯村との同棲生活の様子については信じられない発言をしている。

 

現在、壱成は元嫁と暮らしていた部屋で飯村と同棲しているといい、さらに飯村は元嫁が使っていた箸やヘアカーラー、スニーカーなどの生活用品を使っているという。

 

この発言にネット上では「ありえない」「気持ち悪い」と言った声が続出。

 

だが当の飯村は元嫁の生活用品を使うことに何ら抵抗ないらしく、現在も気にせずに使い続けているそうだ。

 

本来、彼女なら彼氏の元カノが使っていたものを共有することなんて考えられないはずだし、しかも元嫁なら尚更考えられないことなのに、なぜ飯村は気にせずに使えるのか?

 

芸能記者レッドによると、女優の飯村貴子は純粋な日本人ではないという。

 

 

(いしだ壱成の彼女 飯村貴子の画像)
いしだ壱成 彼女 女優 飯村貴子 画像

 

そう言われてみれば、確かに日本人らしい顔立ちをしていない。

 

どちらかと言えば中国やベトナム系の顔をしているようだ。

 

芸能記者レッドが言うように、飯村が日本人ではなく中国やベトナムなどのハーフだとすれば、家賃3万のアパート生活や元嫁が使っていたものにも抵抗がないのだろう。

 

お互いのことを「いっくん」と「たーたん」と呼び合っているという2人。

 

いつまでこの「ラブラブ」が続くのかにも注目だ。

Sponsored Link

▲トップへ戻る