小島一朗 父親の職業や一宮市の住所は?小学校と出身中学校はどこ?

小島一朗 画像

6月9日に起きた新幹線での事件は、犯人の小島一朗容疑者(22)が女性2人にケガを負わせ、助けに入った兵庫県の会社員・梅田耕太郎さん(38)の命を無惨にも奪った。

 

梅田さんのことは無念でならないが、止めに入らなければ、もっと被害者が出ていたかもしれないと思うと、勇敢にも1人で犯人に立ち向かった勇気ある行動が称賛されている。

 

なのに、小島一朗容疑者はというと「むしゃくしゃしてやった」などと、供述をしている。

 

「発達障害」だの、「自閉症」だのと言われているが、あまりにも自分勝手な言動に憤りを隠しきれない。

 

また、事件を起こしたことで小島一朗容疑者の父親がマスコミのインタビューに答えていたが、自分の息子を「一郎君」呼ばわりするなど、他人行儀な言動は世間に大きな波紋を呼んだ。

 

今は籍を抜いて赤の他人になっているのか知らないが、インタビューを聞いていると耳を疑うような衝撃発言も少なくない。

 

“この親にしてこの子あり”のようなので、父親や母親の職業、一宮市の住所、家族構成、小島一朗容疑者の出身小学校、出身中学校などを洗い出してみた。

Sponsored Link

小島一朗 父親と母親の職業

小島一朗容疑者は、母方の祖母の養子縁組になって性が変わったとされており、父親や母親といった家族とは性が異なる。

 

インタビューの受け答えが無責任として炎上している父親いわく、息子の一朗容疑者からすると、両親は「生物学上の生みの親」なんだとか。

 

それにしても、薄ら笑いを浮かべながらインタビューに答える父親の態度はもってのほか。

 

「非常識極まりない」と誰しも思っただろう。

 

小島一朗 父親 インタビュー 画像

 

その父親に取材をした文春が、今回記事にして掲載している。

 

掲載されている記事によると、小島一朗容疑者の父親の年齢は52歳。

 

近所では、いつもニコニコしている人物として知られ、職業は車関連の会社に勤務しているという。

 

現在は車関連の会社勤務らしいが、そのまえは喫茶店に勤めるなど職業を転々としていたそうだ。

 

一方、母親の職業はNPO施設の団体職員として働いているという。

 

過去には共産党候補として、市議会議員選挙に出馬したこともあったそうだ。

 

5歳の時に一朗容疑者は「発達障害」の疑いを指摘され、中学2年の時にかなづちと包丁で両親を襲撃。

 

不登校になった息子をなんとかしようとした母親が、自分の職場であるNPO施設の代表に相談を持ちかけた。

 

一朗容疑者はこのことをきっかけに、中2の終わりごろから母親が働くNPOの自立支援施設に入所することになったようだ。

 

そして、母親の職場であり、一朗容疑者が入所していた自立支援施設の場所だが、一宮市にあり、代表の名前が三輪憲功ということから、一宮市向山町にある「のわみ相談所」であることがわかった。

Sponsored Link

小島一朗の父親らが住む一宮市の住所は?

犯人の小島一朗容疑者は、愛知県一宮市出身。

 

住所が岡崎市になっているのは、母親が岡崎市出身で、養子になった母方の祖母宅の住所が岡崎市だったからである。

 

一朗容疑者は母親が勤める自立支援施設から、中学、定時制高校、職業訓練校に通い、19歳の時に埼玉県内の機械メンテナンス会社に就職した。

 

だが、人間関係がうまくいかず、1年ほどで退社。

 

退社後は地元一宮市に戻って、一人暮らしをしていたという。

 

しかし、すぐに引きこもりになったり、家出を繰り返しては保護されるということを繰り返していたため、地元の精神病院に入院。

 

そこで「自閉症」と診断され、2ヶ月間の入院を余儀なくされたのである。

 

そして、退院後に祖母の養子縁組という経緯になるのだが、もともと住んでいた一宮市の住所はどこなのか?

 

ネットの情報によれば、現在、両親など家族が住んでいる家の住所は「一宮市千秋町」なのだそうだ。

小島一朗の小学校と出身中学校はどこ?

小島一朗容疑者の出身小学校と出身中学校だが、文春の記事によると地元の公立小学校と中学校を卒業したとされている。

 

実家が一宮市千秋町ということなので、中学の学区は「千秋中学校」のみとなる。

 

ネット上でも一朗容疑者は「千秋中学校」と言われているので、出身中学に関しては確定だろう。

 

一方、小学校に至っては、「千秋小学校」、「千秋南小学校」、「千秋東小学校」 が該当する。

 

3つもあるのでどうかと思ったが、それでもネット上の情報で一朗容疑者は、「千秋東小学校」出身であるということがわかった。

 

また、千秋東小学校の学区をネットで検索すると、加納馬場という町名がヒットする。

 

なので、おそらく両親や姉が住んでいるという家の住所は、一宮市加納馬場なのではないだろうか。

 

そして、一朗容疑者が通っていた地元の「定時制高校」や「職業訓練校」、去年11月から1か月余りの間、働いていたという岡崎市にある「障害者就労支援事業所」については、現在調査中なので、また判明次第掲載したいと思う。

 

ところで、小島一朗容疑者の刑罰についてだが、どうせまた弁護士が、精神疾患を理由に責任能力がないなどと主張して、無罪か執行猶予に持っていこうとするのだろう。

 

「誰でもよかった」と言いつつ、最初から女性だけを狙っているのは、冷静な判断があったからこそだと思える。

 

まさしく、計画的な犯行。

 

梅田さんに「邪魔をされて逆上した」と供述しているらしいが、そんなのは後からの言い訳でしかない。

Sponsored Link

▲トップへ戻る