勝谷誠彦に妻(画像)と娘の家族がいた?離婚後は甲賀瑞穂と結婚?

勝谷誠彦 画像

辛口発言で人気を博した、コラムニストの勝谷誠彦氏の訃報が飛び込んできた。

 

死因は「肝不全」と発表(享年57)されており、通夜は28日午後7時から、葬儀・告別式は29日午後1時からで、いずれも尼崎市西長洲町の「阪神平安祭典会館」でおこなわれる。

 

生前、酒が好きだった勝谷誠彦氏は、今年8月下旬に重症アルコール性肝炎で緊急入院し、10月9日に退院していた。

 

そのあとは、車椅子でイベントに参加するなどしながら療養生活を送っていたが、今月になって再び入院していたそうだ。

 

なお、喪主を務めるのは家族である弟の友宏氏とのことだが、勝谷誠彦氏には以前に結婚した妻(画像あり)と子供がいる。

 

ただ、妻とは離婚しているため、医者で弟の友宏氏が喪主を務めるようだ。

 

そこで今回は、離婚した妻は誰なのか、娘の現在や勝谷誠彦氏とパートナー関係にあることを公表している、甲賀瑞穂について調査してみた。

Sponsored Link

勝谷誠彦の妻(画像)

勝谷誠彦氏の元妻は、作家の森谷明子だ。

 

(元妻で作家の森谷明子 画像)
勝谷誠彦 妻 森谷明子 画像

 

生前は自身の結婚について、多くのことを語らなかった勝谷誠彦氏だが、妻が作家の森谷明子だったことを有料配信メール『勝谷誠彦の××な日々。』につづっていた。

 

ただ、いつ結婚して、いつ離婚したかの正確な日付までは分かっていない。

 

分かっているのは、勝谷誠彦氏と元妻の森谷明子は早稲田大学第一文学部の同級生で、当時に知り合った。

 

それと勝谷誠彦氏は元妻のことを「私よりも優れた作家で、楽々と文学賞を獲ることまでは、予想外だった。」と語っている。

 

と言っても、勝谷誠彦氏だって灘中学、灘高校出身の秀才。

 

成績はケツから3番目くらいだったそうだが、頭が良いのには変わりない。

 

元妻は神奈川県立小田原高校出身なので、偏差値だけで言うと勝谷誠彦氏の方が上だったのである。

 

ところで、勝谷誠彦氏は過去に、文春の記者だったことがあるのだが、結婚式の仲人は当時の文春の編集長・花田紀凱氏が務めたとされている。

 

ちなみに、この花田紀凱氏というのは、あのコンクリ事件において、加害少年の実名を報道した張本人。

 

当時、文春の記者だった勝谷誠彦氏は、この事件を担当していて、編集長だった花田紀凱氏が実名報道の許可を出したのである。

 

勝谷誠彦のプロフィール

1960年 兵庫県生まれ。

私立灘高校を経て早稲田大学第一文学部文芸専攻卒。

早稲田大学第一文学部在学中にフリーライターとしての活動を開始。

大学卒業後は文芸春秋に入社し、「週刊文春」の記者を経て、フリー転身後はコラムニスト、写真家として活躍。

読売テレビ「そこまで言って委員会」、日本テレビ「スッキリ!!」など多数のテレビ、ラジオ番組に出演。

元妻・森谷明子のプロフィール

1961年生まれ、神奈川県出身。

2003年、紫式部を探偵役にした王朝ミステリ『千年の黙(しじま) 異本源氏物語』で第13回鮎川哲也賞を受賞しデビュー。

卓越した人物描写とストーリーテリングで高い評価を受ける。

ほか、おもな作品に『白の祝宴』『望月のあと』『れんげ野原のまんなかで』『花野に眠る』(小社刊)、『春や春』(光文社)、『七姫幻想』『深山に棲む声』『緑ヶ丘小学校大運動会』(双葉社)、『葛野(かどの)盛衰記』(講談社)、『FOR RENT 空室あり』(幻冬舎)など。

Sponsored Link

勝谷誠彦の家族には娘もいた?

勝谷誠彦氏と元妻の森谷明子が離婚した理由は、結婚後も文春に泊り込みしていたため、なかなか家に帰れなかったことが原因だとされている。

 

さらに、勝谷誠彦氏には元妻との間にもうけた子供(娘)もいたのだ。

 

有料配信メール『勝谷誠彦の××な日々。』によると、娘の名前は香子さんと言って、現在は成人しているとのこと。

 

しかも両親のDNAを受け継いで頭が良く、京大に通っているそうだ。

 

また、娘さんは法的に言うと、まだ勝谷誠彦氏に属しているらしい。

 

ただ、家族には娘さん以外に他にも子供がいるようなのだ。

 

と言うのも、勝谷誠彦氏は自身の子供について、「ようやく上の娘も」とメールでつづっている。

 

上の娘とは、京大に通う香子さんのことなのだが、もし子供が一人だけなら「上の娘」とは言うはずがない。

 

このことからも、香子さんが長女で、次女もいることが想像できるである。

勝谷誠彦は離婚後に甲賀瑞穂と結婚?

勝谷誠彦氏は結婚中、フィリピンにも現地妻と子供がいたというウワサがある。

 

このことはあくまでウワサなので、信憑性に欠けるが、モデルの甲賀瑞穂(45)との関係は事実のようだ。

 

勝谷誠彦氏は元妻と離婚後、独身と公言していた。

 

ところが、昨年に勝谷誠彦氏が兵庫県知事選に出馬した後、甲賀瑞穂がブログで、勝谷誠彦氏とパートナー関係にあることを公表したのである。

 

(勝谷誠彦氏と甲賀瑞穂)
勝谷誠彦 甲賀瑞穂 画像

 

もともと甲賀瑞穂は、「トゥナイト2」という番組で、勝谷誠彦氏が担当するコーナーのアシスタントをしていた。

 

ところが、番組出演中に妊娠していることが判明。

 

妊娠した後もレポーターを続けたため、妊婦レポーターとして話題になった。

 

その後、甲賀瑞穂は第二子を出産したが、2014年ごろから夫と別居し、2017年1月に離婚している。

 

結局、勝谷誠彦氏との関係は、いつから始まったのかまでは公表していないが、ブログには「入籍、同居は子ども達が成人するまでは全く考えておりませんが、この先の人生のパートナーとして古くからの仲の良い勝谷氏と、一般的な形に拘らず共に歩んでゆくつもりでいます」と事実婚宣言したのだ。

 

なので、甲賀瑞穂にとっても訃報の知らせは、ショックの大きい出来事だったのである。

Sponsored Link

▲トップへ戻る