モンスターズユニバーシティのナメクジとカレンの声優 チーム名の意味は?

映画 モンスターズユニバーシティ

この記事では、3月16日の金曜プレミアムで放送されるピクサー・アニメーション映画「モンスターズユニバーシティ」の声優や登場人物のキャラクターについてまとめている。

 

登場人物の中でも注目したいのは、怖がらせようにも「怖くない」という理由で落ちこぼれてしまった大学サークルのメンバーたちとナメクジのスラッグだ。

 

主人公・マイクはそのメンバーたちが所属する「ウーズマ・カッパ」に入って怖がらせ大会で優勝を目指すことに。

 

今回は映画「モンスターズユニバーシティ」の声優や登場するキャラクター以外にも、落ちこぼれメンバーが所属する大学サークルのチーム名がなぜ「ウーズマ・カッパ」と名づけられているのか。

 

チーム名「ウーズマ・カッパ」の意味や簡単なあらすじについてもふれていこうと思う。

Sponsored Link

モンスターズユニバーシティ カレンの声優

映画「モンスターズユニバーシティ」は、映画「モンスターズインク」の公開から12年ぶりの作品となったシリーズ第2弾。

 

主人公・マイクとサリーの大学時代を描く。

 

モンスターズインクでのマイクとサリーは親友で名コンビとして活躍したが、本作品ではライバルで相性は最悪。

 

だが、この作品を見ればマイクとサリーがどのように出会い、モンスターズインクに入社したのかがわかる。

 

そして、声優の方はというと、モンスターズインクのときと同様、本作品でもマイクの声優を田中裕二、サリーの声を石塚英彦が担当。

 

その他タレント枠から柳原可奈子が、マイクの小学生時代の担任・カレングレーブス先生を演じる。

 

よく、タレントが吹き替え声優を担当すると、「下手」「ひどい」などといった声が聞こえるが、本作品のシリーズに限っては批判されていない。

 

しかし、個人的に言わせてもらうと、田中裕二演じるマイクは「下手」、石塚英彦演じるサリーはまぁまぁ上手かったように思うが、どちらにせよ、タレントを使うのではなくて、ちゃんと声優を使ってもらいたいところだ。

 

※映画「モンスターズユニバーシティ」の声優一覧

・マイク・ワゾウスキ/田中裕二(爆笑問題) 少年期/佐藤和太

・ジェームズ・P・サリバン(サリー)/石塚英彦(ホンジャマカ)

・ランドール・ボッグス(ランディ)/青山穣

・ディーン・ハードスクラブル学長/一柳みる

・スコット・スクイブルス(スクイシー)/嶋田翔平

・スラッグ/玉木雅士

・カレン・グレーブズ先生/柳原可奈子

・ドン・カールトン/宝亀克寿

・テリ・ペリー/佐藤せつじ

・テリー・ペリー/花輪英司

・アート/姫野惠二

・デレク・ナイト教授/石住昭彦

・ジョニー・ワーシントン/東地宏樹

・クレア・ウィーラー/東條加那子

・ブロック・ピアソン/三宅健太

・フランク・マッケイ/小松史法

・スラッグ/玉木雅士

・レフェリー/多田野曜平

・チェット・アレキサンダー/田中英樹

・シェリー・スクイブルス/堀越真己

・ロイ・“ビッグレッド”・オグロウラハン/関貴昭

・バスの運転手/杉浦慶子

・オメガ・ホウルの部長/朝倉栄介

・キャリー・ウィリアムス/大津愛理

・ロズ/磯辺万沙子

・イエティ/立木文彦

・ウィリアム・ブランディワイン教授/星野充昭

・ジェイ/星野健一

・ケイ/川島悠美

・トレイ/綿貫竜之介

・フェイ/愛河里花子

Sponsored Link

モンスターズユニバーシティ 登場人物のナメクジ

映画「モンスターズユニバーシティ」では、努力家のマイクと自信家のサリーの成長が描かれており、ストーリーに絡んでくる登場人物は10体以上にのぼる。

 

それ以外にも300体以上のキャラクターが登場するので、前作の「モンスターズインク」と比べ、より豪華な顔ぶれとなっている。

 

なかでも、「可愛い」「ウケる」と人気なのは、最初に「遅刻する~」と言いながらダッシュしてるのに、全然前に進まない姿がおもしろいナメクジのキャラクターだ。

 

ナメクジのキャラクターは「モンスターズインク」でも事務を担当するおばさんモンスター・ロズが登場していた。

モンスターズユニバーシティ ロズ 画像

モンスターズユニバーシティ スラッグ 画像

 

本作品にも事務を担当するロズは登場するが、新たにスラッグというリュックを背負ったナメクジの生徒・スラッグが登場人物として描かれている。

 

そのスラッグの声を担当しているのは声優の玉木雅士で、重要なストーリーにこそ絡んでないが、その愛くるしさで他のキャラクターを魅了しているのだ。

モンスターズユニバーシティのあらすじとチーム名の意味

映画「モンスターズユニバーシティ」のあらすじだが、簡単にまとめると、マイクは幼い頃、見学先のモンスターズインクで出会った一流の怖がらせ屋と同じ名門大学へ進学した。

 

憧れのモンスターズユニバーシティの怖がらせ学部に入学したマイクは、怖がらせ屋の名家出身・サリーと出会う。

 

見た目が怖くないマイクは必死に勉強し教授にほめられるように。

 

一方のサリーは勉強に励むマイクを小ばかにする。

 

見た目が怖くないため勉強にはげむマイクと才能にかまけて努力しないサリーは衝突を繰り返し、ついにさわぎを起こして学部を追放されてしまう。

 

2人は学部へ復帰するため怖がらせ大会で優勝を目指すことに。

 

チーム参加が条件のため2人は劣等生のチームに入り手を組むことにする。

以上ここまでが簡単なあらすじ。

 

そして2人が入ることになったチーム名だが、そのサークルは「怖くないから」という理由で落ちこぼれたメンバーが集まる「ウーズマ・カッパ」というところだった。

 

また、「ウーズマ・カッパ」というチーム名の意味については、とくに意味はないらしい。

 

ただ、一説によると米国の大学サークルの名前にはギリシャ文字を使うことがあり、カッパ(KAPPA)のKとウーズマ(OOZMA) というギリシャ文字はないが、ウーズマのOを合わせてOkになるようにしたという説があるようだ。

 

結局、意味があるようでないものの、ギリシア語でいうところのカッバは知識への愛。

 

人生の道しるべという意味から作られた言葉だとされている。

 

※ウーズマ・カッパの登場人物一覧

ウーズマカッパ メンバー 画像


(ドン・カールトン=社会人学生として入学してきた元セールスマン。)


(リッキー・ニエルバ=プロダクションデザイナー。)


(スクイシー=餅をモチーフにして作られたキャラクター。)


(テリ&テリー・ペリー=一つの体に二つの頭がある双生児。)

出典元:シネマトゥディ

Sponsored Link

▲トップへ戻る