キングオブエジプトの吹き替えが下手でひどい?ザヤ役のキャストの名前は?

映画 キングオブエジプト

2016年公開の映画「キングオブエジプト」が、3月3日放送の土曜プレミアムにて地上波初登場する。

 

本映画は古代エジプト神話にそったエンターテイメント作品。

 

神と人間が共存する舞台エジプトで、死んだ恋人をよみがえらせようとする人間のラブロマンスと神々の争いが描かれている。

 

そして今回放送される吹き替え版は、公開後、「吹き替えが下手」「声優がひどい」などと言われた作品で、Kis-My-Ft2の玉森裕太が主人公ベック、女優・永野芽郁がベックの恋人・ザヤ役の声優を務めている。

 

2人ともこの作品が吹き替え初挑戦だったので下手くそと言われても仕方ないのだが、ベック役の玉森に関してはそんなひどいとは思わない。

 

ほかにもLiLiCoやおかずクラブの2人、未知やすえといったタレントも声優を務めているが、さほど違和感を感じなかった。

 

やはり、問題だったのはザヤ役の吹き替え。

 

今回はそんなザヤ役のキャストを中心に映画「キングオブエジプト」を掘り下げていこうと思う。

Sponsored Link

キングオブエジプトの吹き替えが下手でひどい?

映画「キングオブエジプト」は古代エジプトを舞台に、王座を巡る神々の抗争に巻き込まれた青年の冒険を描いたアクションファンタジー。

 

神話やアクションなどが好きな人向きの出来栄えで、CGがウリのような作品となっている。

 

ただ、その分テレビより映画館の大スクリーンで堪能する方がいいかもしれない。

 

また、吹き替えに関して言えば、「下手すぎだろ」「声優がひどい」などと悪評だったが、個人的にはそんなひどい感じでもなかったように思う。

 

声優初挑戦だったにもかかわらず、まずまずの評価だった玉森が演じたのは、主人公の盗賊ベック。

 

ベックを演じるにあたって玉森は

「アクションシーンでの息つぎやリアクションが難しくて苦労しました。アフレコのときはガチガチに緊張していましたが、いい経験ができました」

と感想を述べている。

 

さらに初めて吹き替えを務めるにあたり、参考にした作品を聞かれると、

「『ファインディング・ニモ』を観ました。参考のためだったんですけど普通に楽しんじゃいましたね」

とおどけてみせたという。

 

一方、ベックの恋人・ザヤ役を務めた女優の永野芽郁も吹き替え初挑戦だったが、玉森と違って評価の方がいまいちだった。

 

ザヤ役を演じたことについて永野は

「緊張しました。でも自分が声を当てたものを聞いたらすごいうれしくて、ザヤの役ができてよかった」

とコメント。

 

さらに永野も吹き替えで参考にした作品を聞かれると、

「ザヤの口調とエマ・ワトソンさんのイメージが重なって、(彼女の出演作を)たくさん観ました」

と明かしたという。

Sponsored Link

 

※キングオブエジプトの吹き替え声優とキャスト一覧

・ベック/ブレントン・スウェイツ(玉森裕太ーKis-My-Ft2)(平野潤也)
※ベックの吹き替えはDVDのみ2パターンあり

・ザヤ/コートニー・イートン(永野芽郁)

・ホルス/ニコライ・コスター=ワルドー(中村悠一)

・セト/ジェラルド・バトラー(小山力也)

・トト/チャドウィック・ボーズマン(中井和哉)

・ハトホル/エロディ・ユン(沢城みゆき)

・オシリス/ブライアン・ブラウン(金尾哲夫)

・ウルシュ/ルーファス・シーウェル(大塚芳忠)

・ラー/ジェフリー・ラッシュ(菅生隆之)

・アヌビス/ゴラン・D・クルート(青山穣)

・ムネビス/アレクサンダー・イングランド(西村太佑)

・イシス/レイチェル・ブレイク(田中真弓)

・ネフティス/エマ・ブース(大原さやか)

・アスタルテ/ヤヤ・デュン(オカリナーおかずクラブ)

・アナト/アビー・リー(ゆいPーおかずクラブ)

・小うるさい召使い/ポーラ・アランデル(未知やすえ)

・祭司/マイケル=アンソニー・テイラー(谷昌樹)

・シャリファ/ロビン・ネヴィン(田中真弓)

・裁判長/ブルース・スペンス(吉村作治)

・悪魔たち/(LiLiCo)

・後のベック/リンジー・ファリス(山路和弘)

・スフィンクス/ケネス・ランサム(大砂嵐金崇郎)

キングオブエジプトのザヤ役のキャスト女優の名前

映画「キングオブエジプト」のヒロイン・ザヤ役を演じたキャストの女優が魅力的で話題になっている。

 

ザヤ役を演じた女優の名前は元モデルのコートニー・イートン(22)。

 

コートニー・イートン 画像

 

2015年公開『マッドマックス 怒りのデス・ロード』のフラジール役で映画デビューし、この映画が2作目となる。

 

コートニー・イートンは西オーストラリア州バンバリー出身、身長178センチで父親は西洋人。

 

どことなくアジアの匂いを感じさせるのは、母親が中国人やマオリ族の血を引くからだ。

 

また、コートニー・イートンといえば、2015年の秋に米ポップ・ロック・バンド「R5」のメンバー、ロス・リンチとの交際が話題になった。

 

だが、昨年の秋ごろに破局したとの報道。

 

エンターテイメント情報サイト「JustJared」によると、コートニー・イートンのことをロス・リンチの「元恋人」と表現し、2人が破局していることを伝えている。

 

※キングオブエジプトのあらすじ

神と人間が共生する古代エジプトでは神々を讃える石像やピラミッドが建ち並び、生命の神オシリス王の統治のもと、繁栄を誇っていた。

しかしオシリス王の弟である砂漠の神セト(ジェラルド・バトラー)が王を殺害。

王座を強奪し、混乱が広がる。多くの民が苦しめられる中、オシリスの子・天空の神ホルス(ニコライ・コスター=ワルドー)は妻をセトに奪われた盗賊ベック(ブレントン・スウェイツ)と組み、王座を左右する神の眼を狙う。

引用元:Movie Walkerより

Sponsored Link

▲トップへ戻る