指定弁護士(ドラマ)のキャスト相関図とあらすじ!ロケ地はどこ?

ドラマ 指定弁護士 画像

北川景子主演のスペシャルドラマ「指定弁護士」が、9月23日、テレ朝系にて放送される。

 

ドラマ「指定弁護士」は、『相棒』『科捜研の女』など、数々のロングヒット作品を手掛けた脚本家・櫻井武晴による完全オリジナルドラマ。

 

なので原作は存在しない。

 

物語の内容は、検察と同じように捜査の権限を持つ、指定弁護士の奮闘を描いたリーガルドラマ。

 

リーガルとは、法律ものを示す言葉で、北川景子演じる弁護士の一ツ木唯が出世のために、指定弁護士を引き受け、北村一輝演じる検察官の橘慎二とコンビを組む。

 

そして、贈収賄事件の真相を追う一ツ木唯は、次第に法律家としての正義に目覚めていくというあらすじだ。

 

一方、ほかのキャスト陣に目を向けると、えなりかずきが北川景子の夫・一ツ木隆司役、元TBSアナウンサーで、現在フリーとして活躍している安東弘樹アナが、ワイドショーの司会者役で出演している。

 

なかなかユニークな顔ぶれが揃った今回のドラマ「指定弁護士」。

 

作品の舞台が京都なので、地元や滋賀県などの近郊がロケ地として撮影に使用されたのだった。

Sponsored Link

指定弁護士(ドラマ)のあらすじ

ドラマのタイトルになっている「指定弁護士」というのは、あまり聞きなれない言葉だが、一般の弁護士とどう違うのか。

 

裁判における一般の弁護士は、被告人に代わって主張や弁護をしたりするが、指定弁護士は相反する立場の検察官の職務を担う弁護士のことをいう。

 

そのため、検察官と共同で事件の捜査、起訴を行うのである。

 

なのでドラマの中でも、北川景子演じる弁護士の一ツ木唯は、北村一輝演じる検察官の橘慎二とコンビを組んで、不起訴となった事件の真実を追う。

 

そして、およその結末については想像がつくのだが、それまでの過程を描いたあらすじは、以下のようになる。

ドラマ「指定弁護士」のあらすじ

京都の三塚法律事務所で、弁護士の一ツ木唯(北川景子)とボス弁の三塚文則(中村梅雀)がテレビを見ている。

ワイドショーに取り上げられているのは京都選出の衆議院議員・田金清造(石橋蓮司)。

問題発言の多い議員として連日取り上げられていた。

事務所内には唯の夫でパラリーガルの一ツ木隆司(えなりかずき)と、弁護士の箭内光太郎(矢柴俊博)の姿も。

唯と箭内は未来の三塚のパートナーの座を争う間柄でもある。

やがて田金に新たな疑惑が持ち上がった。

2010年に国有地を社会福祉法人『辰波福祉会』に売却した際に、不当な払い下げがあったのではないかというのだ。

田金が『辰波福祉会』の名誉顧問を勤めていたことも判明し、世論からは激しいバッシングの嵐が。

そしてその声に押されるようにして大阪地検特捜部が捜査に入り、田金とその秘書・斎藤益道(伊東孝明)が逮捕される。

だが、結果は双方ともに不起訴処分…!

結果を受けた京都地検・特別刑事部の橘慎二(北村一輝)と白井逸雄(相島一之)は、苦々しい表情でそのニュースを見つめることしかできない。

そんな時、唯は弁護士仲間の神林京子(羽田美智子)から「指定弁護士をやってみないか」と声を掛けられる。

被告人はなんと、あの田金。

彼は不起訴処分を受けたものの、その後の検察審査会で“起訴相当”となり、さらにもう一度行われる検察審査会で再び“起訴相当”になれば、指定弁護士に強制起訴されるのだ。

今や日本中の敵と言える田金…。

その彼を起訴できれば弁護士としての名が売れ、三塚のパートナー弁護士の座も近付くかもしれない―。

唯は指定弁護士を引き受ける。

引用元:指定弁護士

Sponsored Link

指定弁護士(ドラマ)のキャスト一覧と相関図

ドラマ「指定弁護士」で主演を務める北川景子は、2016年1月に歌手でタレントのDAIGOと結婚。

 

以来、妊娠のウワサが絶えないが、現在も絶大な人気を誇っており、最近ではキャリアウーマン役が板についてきている。

 

(関連記事)

 

そんな北川景子が演じる役どころの一ッ木唯は、優秀な弁護士だったが、指定弁護士を引き受けたことから上司にさからって事務所を退所。

 

また、北川景子とコンビを組む、北村一輝が演じる役どころの橘慎二は、検察官で正義感が強く、検事を天職だと思う反面、指定弁護士を目の敵にしている。

 

さらに、北川景子の夫・一ッ木隆司役のえなりかずきは、優秀な法律事務員だが出世思考はまったくないという役を演じ、京都の三塚法律事務所の所長・三塚文則役を中村梅雀が担う。

 

その他キャストには、衆議院議員・田金清造役を石橋蓮司、京都弁護士会所属の弁護士・神林京子役を羽田美智子が演じる。

ドラマ「指定弁護士」のキャスト相関図

ドラマ 指定弁護士 キャスト相関図

出典元:指定弁護士

ドラマ「指定弁護士」のキャスト一覧

一ツ木唯(ひとつぎ ゆい)/北川景子

一ツ木隆司(ひとつぎ たかし)/えなりかずき

橘真二(たちばな しんじ)/北村一輝

三塚文則(みつづか ふみのり)/中村梅雀

安部忠一(あべ ただかず)/生瀬勝久

筧田吾郎(かけいだ ごろう)/松重豊

神林京子(かんばやし きょうこ)/羽田美智子

白井逸雄(しらい いつお)/相島一之

津山悟(つやま さとる)/正名僕蔵

箭内光太郎(やない こうたろう)/矢柴俊博

斎藤里美(さいとう さとみ)/真飛聖

田金清造(たがね せいぞう)/石橋蓮司

指定弁護士(ドラマ)のロケ地はどこ?

ドラマ「指定弁護士」の収録シーンは、舞台となった京都の「種智院大学(京都市伏見区向島西定請70)」、「総合地球環境学研究所(京都市北区上賀茂本山457‐4)」などがロケ地として使われた。

 

その他のロケ地として、滋賀県大津市にある「滋賀県庁」、「滋賀銀行県庁支店」、「びわ湖放送」や、草津市の西友跡地(草津市大路二丁目)で撮影を行ったようだ。

ロケエピソード

滋賀県庁では、建物内では国会の予算委員会・証人喚問のシーンなどが、噴水のある正面玄関前では抗議デモのシーンが撮影されました。

草津駅前の西友跡地では、国有地の空き地という設定で、議員の視察、報道陣の取材のシーンが撮影されました。

そのほか、滋賀銀行県庁支店では特別に店舗内での撮影にご協力いただきました。

元TBSアナウンサー・安東弘樹アナは ロケ場所の「びわ湖放送」まで、東京から自分の車で運転して行った。

引用元:滋賀ロケーションオフィス

Sponsored Link

▲トップへ戻る