松橋事件の真犯人は被害者の知人?現場の住所や息子の現在は?

松橋事件 犯人 宮田浩喜 画像

33年前の1985年1月8日に起きた「松橋事件」の犯人として、有罪判決を受け服役した宮田浩喜さん(85)の冤罪を弁護側が訴えていた件で、福岡高裁は裁判のやり直しを認める決定を出した。

 

1985年1月8日に発生した松橋(まつばせ)事件は、熊本県で1人暮らしだった59歳の男性が、刃物で刺されて殺害されているのが見つかった事件。

 

事件現場は、現在の住所でいうと「熊本県宇城市松橋町曲野」。

 

犯行が行われた場所は、被害者の男性が住んでいた民家で、当時将棋仲間だった宮田浩喜さんが殺人などの疑いで逮捕されたのである。

 

そして、捜査段階での自白に基づいて、懲役13年の判決が確定し、宮田さんは13年間服役した。

 

だが、この松橋事件では物的証拠がなく、弁護側は自白と食い違う証拠を発見したとして、熊本地裁に再審請求していたのだ。

 

熊本地裁は去年6月再審開始を決定。

 

検察側は福岡高裁に即時抗告したが、福岡高裁は「自白と矛盾する新たな証拠を覆すだけの検察側の証拠はない」として、改めて裁判のやり直しを命じたのである。

 

よって、宮田さんは今後、真犯人が見つからないまま、殺人罪の無罪が言い渡されるとみられる。

松橋事件の真犯人は被害者の知人なのか?

松橋事件の概要を簡単にまとめると、まず被害者の名前は、岡村又雄さん=当時(59)=だった。

 

事件発生当時、警察は被害者である岡村さんの自宅で飲食を共にした知人らのうち、岡村さんと口論していた宮田浩喜さん(当時51歳)が犯人だと目星をつけたのである。

 

そして、警察は宮田さんを任意で引っ張り、取り調べを行ったのだ。

 

取り調べに対して、宮田さんは当初、犯行を否認していたが、途中から犯行を認める、いわゆる自白をしてしまった。

 

しかし、一審の途中から「ウソの自白をさせられた」と冤罪を主張したのである。

 

だが、1986年に熊本地裁は懲役13年、2年後に福岡高裁も同じ懲役13年、さらにその2年後の1990年に、最高裁で懲役13年が確定したという経緯をたどった。

 

そこで、宮田さんが冤罪なら真犯人は誰なのかだ。

 

被害者である岡村さんと将棋仲間だったのは、宮田さん以外にもいたはずで、事件当日も岡村さんの自宅には何人かの知人がいた。

 

たまたま宮田さんは、岡村さんと口論になっただけで逮捕されてしまったが、自宅にいた知人の中に真犯人がいる可能性もある。

 

ほかにも怨恨関係を洗っていくと、真犯人にたどり着けるかもしれないが、当時の殺人罪の公訴時効は15年だ。

 

その後、2004年から殺人罪の公訴時効は15年から25年に延長され、2010年には廃止されたが、松橋事件は法が改定される前なので、時効が成立している。

 

なので仮に真犯人を特定できたとしても、起訴することはできないのだ。

松橋事件の問題点

松橋事件の問題点なのだが、この事件は現在の日本の再審制度の課題をいくつも抱えている。

 

まず、再審が認められたという決め手は、そもそも宮田さんが犯人であることを明確に示す証拠というのは、本人の自白しかなかったのだ。

 

その自白はどういうものかというと、核心部分についてはシャツの左袖から布を切り取って、それを凶器の小刀の根元に巻きつけて被害者をを刺した。

 

その後、凶器の小刀はよく洗って、血が付いた布は焼いたという供述をしていたのである。

 

だが、凶器の小刀に血液は残っていない。

 

シャツの左袖から切り取った布も、焼いたから残っていない。

 

物的な証拠がなく、宮田さんの自白だけになっていたのだ。

 

ところが判決が確定した後に、再審の準備をしていた弁護団が検察庁を尋ねたところ、5枚の布が保管されていたことにたまたま気がついた。

 

そして5枚の布を組み合わせたところ、なんと一枚のシャツになったのだ。

 

しかも燃やしたはずの左袖の部分もあり、シャツの布には血液がついていなかったことも判明した。

 

この事実は自白とは明らかに矛盾している。

 

問題はなぜこの証拠が出てこなかったのか。

 

いわゆる、捜査機関側が抱え込んでいたということになる。

松橋事件の現場の住所

松橋事件の現場住所は、当時は熊本県松橋町。

 

現在、松橋町は2005年から合併して宇城市になっている。

 

そして犯行が行われた場所は、熊本県宇城市松橋町曲野の民家だった。

 

(松橋事件の現場)
松橋事件 現場 場所 画像

 

その後、犯人として宮田さんは逮捕され、1997年に有罪が確定するわけだが、上記で説明した証拠が明らかになったのは、刑が確定した7年後だ。

 

警察庁は裁判中この証拠を明らかにしなかったのである。

 

それにしても、検察の態度を見るとかなり悪質な証拠隠しという印象があるのだが、実際に弁護団からも強い批判が上がっていた。

 

というのも、裁判中に出ていたら有罪じゃなかった可能性もあったからだ。

 

この松橋事件は、まず自白に依存した有罪判決、これが新しく出てきた証拠で重大な事実が判明した。

 

そして判決がくつがえるとなれば、過去の再審の例を見ても、こう同じようなパターンが何度も繰り返されるのかというふうに思う。

 

そのひとつには、証拠の取り扱いに関する手続きの問題がある。

 

裁判員制度が導入されたことなどをきっかけとして、一昨年からな裁判の前に検察がすべての証拠をリストにして、弁護側に示すという制度が導入された。

 

この制度が使われていれば、今後冤罪事件は無くなってくるはずだ。

 

だが、再審請求はその対象外で、つまり証拠をどこまで出すように求めるのかというのは、裁判官に権限が委ねられているのである。

 

それに専門家からは、再審請求についても証拠開示を制度化するよう求める意見が上がっているので、今回の決定をきっかけに、制度の検討に向けた議論を始めるべきだと思う。

 

(4大冤罪事件の記事)

松橋事件 宮田浩喜さんと息子の現在

松橋事件で冤罪を着せられた宮田浩喜さんは現在85歳。

 

出所後、脳梗塞を発症し、その後遺症で寝たきりになり、認知症の症状も進行している。

 

弁護団によると、現在の宮田さんは体も弱って1人で歩くこともできないという。

 

それだけに弁護団は1日も早い解決を求めている。

 

また、宮田さんの無実を訴えて裁判のやり直しを求めてきた、息子で長男の貴浩(たかひろ)さんに関しては、昨年病気で亡くなっていた。

 

現在はもうひとりの息子で、東京に住む次男の賢浩(まさひろ)さんが、宮田さんが入居している熊本市東区のデイサービス施設を訪れている。

 

しかし検察は一昨年に熊本地裁が行った決定を不服として、控訴し、去年11月の福岡高裁の決定に対しても、最高裁に特別抗告していたのだ。

 

ただ特別抗告というのは憲法違反や判例違反などに限定され、現実には判断が覆ることは極めて稀。

 

それでも検察は有罪だと主張し続けてきたのだ。

 

その間も宮田さんの体調は悪化するわけなのだが、最高裁では何年間も時間かかるというケースはよくある。

 

ただ、今回に関しては最高裁が決定を出したのがわずか11カ月だった。

 

さらに最高裁は必要があるとみなした場合、自分の考えで裁判官の判断を示す「職権判断」というものを行うこともあるが、それも一切ない。

 

つまり何にも書いてない、文字通り検察を門前払いしたのだ。

 

これは争い続けた検察に対する、いわば最高裁の冷ややかな意思表示だろうというふうに感じる。

 

どういうことかというと、凶器という自白の核心部分が新証拠で大きく崩れた上に、常に2回も再審を認める決定が出ていたわけだ。

 

こうやって考えると、検察が最高裁まで争う必要性というのはどこまであったのか。

 

ましてや、宮田さんの年齢とか健康状態などを考えると、人道的に判断することもできたはずだと思う。

▲トップへ戻る