吹越満 浮気相手の女優と広田レオナのTTって誰?久本雅美は記者会見までしていた!

吹越満 画像

女優の広田レオナ(54)と俳優の吹越満(52)の元夫妻がそろって18日放送の「ダウンタウンなう」に出演し、離婚の原因は、吹越の浮気にあったことを暴露した。

 

浮気相手は女優だったらしく、広田は「1人目の女優は今では大女優だから言えない。でかいプロダクションだし」と、その女優との浮気疑惑について多くは語らなかった。

 

しかし、広田は「もう1人長く付き合っている女優がいて、それは絶対浮気していた」と主張。

 

一方の吹越は「浮気はしてない」「覚えてない」とあくまで浮気を否定し続けたが、広田いわく、最終的には「離婚後に認めた」といい、「だから慰謝料が大きくなって、家が建ったんです」と明かした。

 

さらに広田は「今不倫の問題がすごいじゃないですか。あのとき私が記者会見で言っていたら、終わってましたよね」と、吹越を守るために離婚理由を隠していたことを説明した。

 

番組内では、そのほかに、2人の馴れ初めなどを紹介。

 

吹越は最初の出会いが広田の誕生日パーティーで知り合ったと、主張したが、広田は俳優のTTさんとのデートで行った「浅草花やしき」で吹越満を見てタイプだと思って誕生日パーティーに呼んだことを説明した。

 

そして出会いから2年後、1994年に2人は結婚。

 

出会った当時の吹越は久本雅美と付き合っていたが、広田を選択。

 

広田の方には当時バツイチで5歳の息子がいた。


Sponsored Link


吹越満 浮気相手の女優って誰

吹越満と広田レオナはこれまで2度の結婚と離婚を繰り返しているが、広田は「最初の離婚理由は吹越の浮気だった」と明かした。

 

1人目の浮気相手だった女優は、今では大女優になっていて、事務所が大手。

 

だが、その疑惑の“大女優”との浮気には確証が持てない部分もあったためか、疑惑にとどめた。

 

そして2人目の女優とは長く付き合っていたと主張。この相手に関しては確証があったらしく、吹越も浮気していたことを「離婚後に認めた」という。

 

また、吹越が完全に浮気を認めた証拠として慰謝料で家を建てたことを明かしている。

 

はたして、吹越満の浮気相手の女優とは一体誰だったのか。

 

吹越といえば、女優の和久井映見と交際していることが週刊誌で報じられたことがある。

 

和久井映見 画像

 

吹越と和久井が横浜中華街で食事しているところやカレーミュージアムで一緒にいるところ、代官山での手繋ぎデートが一般人に目撃されていた。

 

番組でも共演者が浮気相手みたいなことを言っていたので、長く付き合っていた女優というのは、和久井映見のことなのかも知れない。

 

吹越と和久井は1998年10月13日~12月15日に放送されたテレビドラマ「殴る女」で共演。

 

このドラマでヒロイン役を演じた和久井の相手が吹越だった。


Sponsored Link


広田レオナのTTって誰

吹越満と知り合う前の広田レオナは医大生と結婚し、1子をもうけるが3年間で離婚した。

 

離婚の理由は「顔が良ければ金がなくても性格が悪くてもいい」といって 紹介され結婚したら本当に性格が悪かったとか。

 

そしてその旦那との間に出来た息子の名前は雅裕で、現在29歳。一般女性と結婚して、6月11日に女児が誕生したことを広田が番組内で語っていた。

 

また、この息子が逮捕されたという情報があるが、それはデマで逮捕されたのは広田の父親。

 

父親が幼女にイタズラをして逮捕。広田いわく、幼少期から中高時代まで性的虐待受けてメンヘラになったことを泣きながらテレビで告白していた過去がある。

 

話は戻るが、吹越と広田は1994年12月に結婚し、長女が誕生。

 

その後の2005年12月に離婚し、再び12年12月に再婚したが16年12月に2度目の離婚をしている。

 

しかも再婚した理由が娘の受験だったことも番組で明かしたのだった。

 

そもそも広田と吹越の最初の出会いは、広田が俳優のTTさんと「浅草花やしきでデートしているときに吹越を見てTTよりタイプだと思った」と明かしている。

 

広田がデートしていた俳優のTTとは一体誰なのか。

 

田口トモロヲ 画像

 

それは俳優の田口トモロヲ(59)のことだと思われる。

 

広田レオナと田口トモロヲが付き合っていたのは有名な話。

 

声の良い俳優だといい、番組で「ピー」音が入っていたけれど、間違いないだろう。


Sponsored Link


吹越満との交際発覚時 久本雅美は記者会見していた

吹越満は、高校卒業後お笑いを目指すため上京し、 三宅祐司主催のスーパー・エキセントリック・シアター(SET)オーディションを受けるも不合格となった。

 

その後の1984年10月にオーディションを経てWAHAHA本舗に参加。

 

元WAHAHA本舗の吹越は、同じ劇団員の久本雅美と長きに渡り交際していた。

 

そして交際が発覚すると、久本雅美は記者会見を開いたが、当時の吹越はまだまだ無名の劇団員。

 

それでも久本は嬉しそうに交際のことを記者会見で語っていたのである。

吹越が広田に乗りかえるまでは・・・

 

吹越と広田が付きあっていることを聞きつけた久本は、広田の家に異常な回数の無言電話をして恐怖感を与えたのだ。

 

広田がそのことを相談して、吹越から久本に辞めるように電話をするくらいだから久本はよっぽどショックだったのだろう。

 

後日談として、久本がいいともレギュラーの日に広田がテレフォンゲストだったときがあったが、久本はこの日、舞台の稽古という理由をつけて休んでいたことがあった。

 

吹越の一目惚れによって捨てられた形になった久本は、以来結婚せずに独身を貫いている。


Sponsored Link


▲トップへ戻る