筒塩侑子ちゃんの犯人を霊視 事件の真相は姉に関係?FBIが導き出した結末とは?

筒塩侑子 画像

10月14日放送の金曜プレミアムは、「最強FBI緊急捜査!日本未解決事件完全プロファイル」と題し、2004年9月3日、岡山県津山市で起こった「津山小3女児・筒塩侑子ちゃん事件」に迫る。

 

当時小学校3年生だった筒塩侑子ちゃんが何者かによって命を奪われた事件は、発生から12年経った現在も犯人に結びつく有力な手がかりはなく、父親の勝義さんは情報提供を呼び掛けるチラシを配布している。

 

いまだ解決の糸口が見えない事件だが、今回の放送では、FBIが何やら新証言を得たらしく、そこから犯人像が浮かび上がってきたというのだ。

 

筒塩侑子ちゃん事件はこれまで延べ4万人を超える捜査員を投入。

 

なおかつ、家族の要請によりテレビ番組等で霊視、超能力捜査まで行われたものの、犯人の足取りは掴めず仕舞い。

 

なので今回も犯人像が浮かび上がったというものの、事件の真相解明に期待することは出来ないのである。

 

当初は顔見知りの犯行とされ、家族に疑いの目が向けられたこの事件は、ひとりアリバイがなく、状況的に姉(当時15歳)に疑いの目が向けられていた。

 

一体犯人は誰なのか?不明な点が多いこの事件にFBIは時間のトリックに潜む謎を解き明かす。


Sponsored Link


筒塩侑子ちゃんの犯人を霊視 FBIが導き出した犯人像とは?

今回の番組は岡山県津山市で起こった未解決事件に元・FBIプロファイラーらが事件の解明に挑む。

 

過去にも同じようなテレビ番組で超能力者が来日して、霊視を行い、事件の真相に迫った。

 

事件を解決に導くとして霊視や透視を行うものの、たいした手掛かりは掴めず仕舞い。

 

中でもガブリエル・クロフツ氏という霊能力者が犯人の名前に「Sa」「tor」という音が含まれていると霊視したが、ぜんぜん犯人逮捕に至るまでいかなかった。

 

犯人は一体誰なのか?

 

事件直前には通学路の途中で「ボサボサ髪の若い男」が目撃されており、男は筒塩侑子ちゃんの自宅から南西に約100メートル離れた高架の下で「近くにいた女児に向かって薄笑いしていた」との情報がある。

 

その女児が侑子ちゃんだった可能性はあるが、捜査が進む中、ある重大な証言がもたらされた。


Sponsored Link


それは、自宅の鍵についての重要な情報で、事件当日全員が留守のはずの自宅玄関ドアが開いていたというもの。

 

これは侑子ちゃん宅を訪れたメール便の配達業者が、チャイムを押しても返答がなかったが、「玄関のドアが開いていたため、配達物を玄関の中に置いた」と証言。

 

さらにその後には訪問販売員が訪れ、玄関のドアを開けて「誰かいませんか?」と声をかけたという。

 

だが、母親は鍵を閉めて出かけたことを記憶しており、誰もいないはずの自宅玄関ドアの鍵が開いていることはあり得ない。

 

ということは、母親の外出後の約10〜15分の間に犯人が侑子ちゃん宅の鍵を開けたことになる。

 

実は、侑子ちゃん宅では、外出する際にスペア用の自宅の鍵を玄関脇の牛乳受けに入れていた。

 

つまり母親の外出後に配達業者と訪問販売員が訪問したが、そのとき犯人はすでに自宅にいた可能性があるのだ。

 

また、事件発生の半年前、自宅の駐車場に置いてある自動車のタイヤホイールのボルトがすべて緩められ、もう1台あった自動車のワイパーがもぎ取られるといった嫌がらせがあったという。

 

ほかにも、「侑子ちゃん宅の付近に停車している不審な乗用車を見た」という目撃情報も、近隣住民から多数寄せられている。

 

犯人は、念入りに調査した上で犯行に及んだ可能性が高く、筒塩さん宅に恨みを持った者による犯行の可能性も浮上してきている。

 

今回の放送では元・FBIプロファイラーらが新証言を得たというのだから、また違った犯人像を検出することだろう。


Sponsored Link


筒塩侑子ちゃん事件の真相は姉に関係?

2004年9月3日午後3時15分頃、岡山県津山市で当時小学校3年生だった筒塩侑子ちゃんが小学校から帰宅後、何者かに命を奪われた。

 

侑子ちゃんが学校から帰宅して発見されるまでは20〜30分しかなく、その間を狙っての犯行の可能性が高いようだ。

 

侑子ちゃんを発見したのは姉で、その際、玄関の鍵はかかっておらず、さらに侑子ちゃんが持っていた鍵はランドセルと一緒に室内にあった。

 

そして、侑子ちゃんに防御痕が見当たらない上に近隣住民も事件当日に鳴き声や不審な物音を聞かなかったことから、当初は顔見知りの犯行とされ、知り合いや家族に疑いの目が向けられた。

 

事件のあった日時、母親は仕事に出ており、父親・祖母も外出、長男は中学校におり、それぞれにアリバイが成立。

 

唯一アリバイがなかったのが発見者の姉だった。

 

噂では侑子ちゃんと姉は血がつながっていない姉妹だとか。

 

犯人につながる有力な手がかりがなく、アリバイもないことから当初は姉が疑われるはめに。

 

この事件の真相は可愛がられる妹を恨んでの犯行だというわけだ。


Sponsored Link


▲トップへ戻る