伊藤綾子と北川景子に不仲説!安住紳一郎が原因で結婚式に欠席か?

伊藤綾子 画像

4月29日に東京・グランドプリンスホテル新高輪の大宴会場「飛天」で結婚式を挙げたDAIGO(38)と北川景子(29)。

 

披露宴には政財界や芸能界を中心に500人以上の列席者が駆けつけ、華々しいものだったという。

 

当然、この中には北川景子の友人である伊藤綾子アナ(35)も参列していると思われていたのだが、出席者の名簿に載っていなかったことが判明。

 

欠席した理由が「不仲なのでは?」とネット上で話題になったのだ。

 

伊藤綾子といえば、現在、フリーアナウンサーとして活躍しているが、秋田の局アナ時代はTBSの安住紳一郎アナとの熱愛を報じられた。

 

当時はそんなに有名ではなかったが、嵐の二宮和也(33)との熱愛が発覚してからは、ブログで交際を匂わすなど二宮ファンから批判を浴びて注目されている。

関連記事….伊藤綾子の匂わせブログに二宮の足が!?誕生日はソファでゲーム三昧だった?

 

そんな伊藤綾子は北川景子と大の親友ということもあり、北川のブログにも度々登場するほどだった。

 

それだけに結婚式を欠席したことが以外だったのだ。

 

不仲説がささやかれるなか「本当に2人は仲がよいのか?」と、いった疑惑も浮上しているだけに、今回は結婚式を欠席した理由の解明にスポツトを当てて行きたいと思う。

Sponsored Link

伊藤綾子と北川景子は不仲?

不仲説がささやかれている伊藤綾子アナと北川景子だが、そもそも2人は番組での共演がきっかけに仲がよくなったという。

 

2人の関係は、北川が結婚する前までは月2で食事に行く仲で、途中からDAIGOが合流することも多かったとか。

 

そのときのツーショット写真が北川のブログに公開されることもしばしあり、まわりからは姉妹のような関係にも見えるほど。

 

伊藤綾子 北川景子 画像

 

しかし、一見仲がよさそうでも、「この関係はあまりあてにならない」と芸能記者はいう。

 

その理由は、主役を張るような人気女優には友人が少なく、番組で「友人と一緒に」とオファーをすると、女優が名前を挙げてくるのは決まってスタイリストやメイクさんだから。

 

あとはだいたい、格下の女優や事務所の後輩になるという。

 

つまり、本人と事務所側はいっしょに並んでも自分の邪魔にならない人を選択するそうで、北川の場合も伊藤アナを選んでいるのは、自分より年上で知的なおねえさんだけど、自分とは絶対かぶらない存在だから。

 

この先、「ネームバリューでも自分が負けることは絶対にない」ということと、アナウンサーという立場上、「DAIGOとのことをペラペラ喋るハズはない」ということから伊藤綾子アナを友達に選んだのかもしれないということである。

Sponsored Link

伊藤綾子 北川景子の結婚式欠席は安住紳一郎が原因?

北川景子と伊藤綾子アナが知り合ったのは、伊藤アナ出演の『news every.』に北川がドラマの番宣で出演したのがきっかけだとか。

 

それ以降、親しくなった2人は月2で食事に行く仲で、北川のブログにも度々登場していることから親友だと思われた。

 

なので当然、北川景子とDAIGOの結婚式にも伊藤綾子アナは参列するものだと思われたが、実際は欠席だったらしいのだ。

 

一応、伊藤アナは北川景子とDAIGOの結婚会見の翌日、『スッキリ!!』に友人代表としてVTRで祝福のコメントを寄せていた。

 

なのに結婚式には出席していない。

 

もともと招待されていないのか、それとも本当は不仲だったからなのか、その理由が色々と取り沙汰されているのである。

 

伊藤アナは現在、二宮との熱愛を報じられているが、秋田の局アナだった時代はTBSの安住紳一郎アナとウワサになったことがあった。

 

安住紳一郎 画像

 

当時は安住アナの二股騒動が話題になったが、もともと北川と安住アナは同じ大学の先輩後輩の間柄で親密関係。

 

そのウワサを聞いた伊藤アナが北川に寄り付き、安住アナのことを色々聞くことに北川が嫌気を差し、結婚式に招待しなかったという説もある。

 

伊藤アナは美人だが、「性格が欠陥だらけ」のお墨付きだそうなので、北川からしてみれば嫌な女に見えてきたのかもしれない。

 

しかし、これらの話はウワサされているだけで、実際のところ結婚式を欠席した理由は『news every.』があるために出席できなかったという。

 

ほんとうは結婚式に出席したかったそうだが、他にも出席できなかった友人らがいたらしいのだ。

 

こういったことは仕事上よくあることなのに、変なウワサが立てられてしまったのである。

Sponsored Link

▲トップへ戻る