キンタロー 社交ダンス 全日本選手権の結果とアジアチャンピオン(長野)の順位は?

キンタロー ロペス 社交ダンス 画像

金スマ人気企画の1つ「社交ダンス」でペアを組むキンタローこと田中志保&ロペスこと岸英明が、2018年5月13日に「全日本選手権シニア」、7月15日の「アジアチャンピオンシップ」に出場した。

 

8月10日の番組では、5月13日に大阪の不死王閣グリーンホールで開催された「全日本選手権シニア」の競技模様と、順位結果が発表される予定だ。(7月15日の「アジアチャンピオンシップ」の放送は未定)

 

そこで、先に大会結果のネタバレをしようと思うので、気をつけてもらいたい。

 

昨年2位だった「全日本選手権シニア」に出場したキンタロー&ロペスペアの順位は、見事優勝!

 

2位はライバルの名越慎吾&明子ペアだった。

 

続いて、まだ放送されるか分からないのだが、7月15日に長野市ホワイトリングで開催された「アジアチャンピオンシップ」に出場した、キンタロー&ロペスペアの結果は惜しくも2位。

 

優勝は今大会にも出場していた名越慎吾&明子ペアだった。

Sponsored Link

キンタローの社交ダンス 全日本選手権シニアの結果順位

前回の金スマでは、4月6日にオーストリアのウィーンで開催された「WDSFオーストリアオープン2018」に出場したキンタロー&ロペスペアの競技模様と結果が放送された。

 

このオーストリアオープンには、日本のライバル・名越慎吾&明子ペアや、他にも世界ランクトップ10の6組が出場。

 

超ハイレベルの大会となった中で、キンタロー&ロペスペアは決勝まで進出したのだった。

 

そして、結果は7位という順位に終わったのだが、それでも決勝に進んだことで目標としている世界ランキングを上げることに成功。

 

キンタロー&ロペスペアは、10月に行なわれる「社交ダンスシニアIラテン世界選手権」までに世界ランキング10位以内を目指している。

 

※オーストリアオープンの結果記事はこちら…キンタローの社交ダンス オーストリアオープンの結果は?コーチの先生の実力が凄い!

 

そんなキンタロー&ロペスペアは、オーストリアオープン出場時の世界ランキングは29位。

 

決勝に進出したことで世界ランキングは14位にまで浮上した。

 

あとは10月に行なわれる「社交ダンスシニアIラテン世界選手権」まで、どこまで世界ランキングを上げられるかになる。

 

そこで今後のスケジュールだが、キンタロー&ロペスペアは世界選手権までに、5月の「全日本選手権シニア」、7月の「アジアチャンピオンシップ」、8月の「ジャーマンオープン」の出場を予定。

そして、現在キンタロー&ロペスペアの大会結果が分かっているのが、5月13日に大阪で開催された「全日本選手権シニア」、7月15日に長野市ホワイトリングで開催された「アジアチャンピオンシップ」となる。

 

冒頭でネタバレしたように「全日本選手権シニア」はライバルの名越慎吾&明子ペアが出場。

(順位結果)
キンタローの社交ダンス 全日本選手権シニア 結果 画像

(5種目の採点票)
キンタローの社交ダンス 全日本選手権シニア 結果 画像
キンタローの社交ダンス 全日本選手権シニア 結果

(5種目の総合結果)
キンタローの社交ダンス 全日本選手権シニア 結果

 

優勝したキンタロー&ロペスペアの背番号は74、名越慎吾&明子ペアは85番で、2組の独壇場となった。

 

社交ダンス ラテン競技は、「サンバ」、「チャチャチャ」、「ルンバ」、「パソドブレ」、「ジャイブ」の5種目で競う。

 

「全日本選手権シニア」の採点票を見ると、全種目で安定していたのは名越慎吾&明子ペアの方だった。

 

しかし、1位を付けた審査員の数が多かったキンタロー&ロペスペアが、総合で優勝を果たしたのである。

Sponsored Link

キンタローの社交ダンス アジアチャンピオン(長野)の結果順位

キンタロー&ロペスペアは、7月15日に長野市ホワイトリングで開催された「アジアチャンピオンシップ」にも出場して、すでに結果は分かっている。

 

ただ、この大会の模様が番組で放送されるのかまでは、現時点で分かっていない。

 

大会の順位は「全日本選手権シニア」の1.2位が入れ替わる形となり、キンタロー&ロペスペアは名越慎吾&明子ペアに惜敗した。

キンタロー 社交ダンス アジアチャンピオン 長野 結果 画像

出典元:WDSF公式サイト

 

金スマの番組内でも放送されていたが、現在キンタローはカリスマトレーナーAYAの指導の下でトレーニングをし、見違えるほど締まった体を披露していた。

 

ダイエットする以前と比べると、まるで別人のようになっていたわけだが、パートナーのロペスを見ていても分かるように、激しい競技ダンスを踊るには、筋肉やスタミナが必要になってくる。

 

キンタローが厳しいトレーニングをしているのは、それだけ本気になって社交ダンスに取り組んでいるということなのだろう。

Sponsored Link

▲トップへ戻る