福田和子の息子は鉄工所社長で子供と嫁がいる?和菓子屋 松栄堂に潜伏?

福田和子 画像

全国に指名手配されてから15年もの間、逃亡生活を続け、時効成立まであと21日に迫ったところで逮捕された福田和子元受刑者が、2005年3月10日、脳梗塞で死去した。

 

福田元受刑者が死亡したことは当初、遺族ら関係者を除き、地元の愛媛新聞が報じるまでは一切、公にされなかったとか。

 

火葬後、遺骨は四国に住む息子が引き取ったということだが、現在その息子は結婚して家庭を持ち、父親が経営していた鉄工所の後を継いでひっそりと生活しているという。

 

福田元受刑者には子供が4人いるそうだが、中でも息子は逃亡中の福田元受刑者が身を潜めていた和菓子屋で一時は一緒に暮らしていた。

 

後に福田元受刑者は息子を残して再び逃亡するのだが、身を潜めていた和菓子屋には元プロ野球選手の松井秀喜が通っていたと言われている。

 

福田元受刑者は1982年8月、愛媛県松山市内のマンションで同僚のホステスの命を奪ったしたとして、愛媛県警から殺人容疑で指名手配されていた。

 

被害者となった同僚のホステスの名前は安岡厚子さん(当時31歳)。

 

犯行後、福田元受刑者は15年間、逃亡生活を続けていたが、時効成立する21日前である1997年7月29日、福井市内のおでん屋からの通報で逮捕されたのだった。

Sponsored Link

福田和子の息子は鉄工所社長で子供と嫁がいる

福田和子元受刑者は、全国に指名手配されてから15年間、逃亡生活を続け、時効成立まであと21日に迫ったところで逮捕された。

 

逃亡当初は行く宛てもなく、ただ列車に乗り込み、最終的に行き着いた先は石川県金沢市だったのだ。

 

石川県にたどり着いた福田元受刑者は、やがて県内にある和菓子屋の店主と親しくなり、一緒に住むことになる。

 

だが、和菓子屋の店主は既婚者で嫁がいたのだ。

 

それでも店主は、福田元受刑者と一緒に住みたいがために嫁と離婚までしている。

 

そして、2人の生活が始まると、福田元受刑者は自分の息子を和菓子屋に呼び出して生活を共にした。

 

もともと福田元受刑者は4人の子供がおり、和菓子屋に呼び出したのは長男だった。

 

その息子も現在結婚して、子供もいるそうだが、ほかの子供も結婚してどこかで住んでいるという。

 

また、和菓子屋に呼び出した息子に関しては、現在、愛媛で鉄工所の社長をやってるそうだ。

 

さらに息子が営む鉄工所がどこにあるのか、ネットで検索すると「水野鉄工所」の名前が出てくるが、真相は明らかになっていない。

 

ただ、息子は福田元受刑者のことを「自分にとっては日本一の母親だった」と語り、福田和子元受刑者の子供だという事をまわりに全て明かしているという。

 

しかも息子の母親愛は、ほかのところでもみられた。

 

息子はまだ婚約中だった嫁を逃亡中の福田元受刑者に会わしていたのである。

Sponsored Link

福田和子が息子と暮らした和菓子屋は松栄堂に

福田和子元受刑者の事件は世間が注目しただけに、これまで幾度となくドラマ化されている。

 

中でもターニングポイントとなったのはやはり、福田元受刑者が4年間潜伏していた石川県能美郡(現能美市)にある和菓子屋と、最後に潜伏していた福井県のいきつけのおでん屋「さかえ」の女将に通報される一幕だろう。

 

福田元受刑者は犯行後、15年もの逃亡生活をしていたが、福田元受刑者はこの場所で「小野寺忍」の偽名を使いスナックのホステスとして働き、整形手術を受けて顔までも変えていた。

 

後に店の常連客として石川県根上町(現能美市)の和菓子屋(松村松栄堂)の店主と親しくなった福田元受刑者は、生活に困っていたため、店主と一緒に住むのである。

 

和菓子屋の店主も福田元受刑者と一緒に住むため、離婚までしており、2年8ヶ月の間、福田元受刑者に店を手伝わせるなどした。

 

そして、この和菓子屋には元プロ野球選手の松井秀喜が小学生だったころ買いにきていたことでも知られており、当の松井も福田元受刑者が逮捕されたときのインタビューで「きれいで愛想のいい奥さんだった」と語っていた。

 

福田元受刑者が潜伏していた和菓子屋の名前は「松村松栄堂」だという噂だが、逮捕された後の現在も営業しているという。

福田和子事件 被害者の名前は安岡厚子さん

松山市生まれの福田和子元受刑者は1982年8月19日、愛媛県松山市勝山町1丁のマンションで元同僚ホステス(当時31歳)の命を奪い、現金などを奪って逃走。

 

その後、偽名を使いながら石川、青森など逃亡先で男を次々手玉に取り、「魔性の女」「7つの顔を持つ女」とも呼ばれた。

 

被害者の元同僚ホステスの名前は安岡厚子さん。

 

当時借金があった福田元受刑者は店の人気NO1ホステスで金を持っている安岡さんに目を付け、金を無心するが、断られたため命を奪ったのである。(福田元受刑者は当時34歳)

 

犯行後、福田元受刑者は証拠を隠すため安岡さんを郊外の山林に埋めたが、安岡さんの行方が分からなくなった家族が警察に届けた。

 

そのことで福田元受刑者は危険を感じ、逃亡生活に入ったのだ。

 

結局最後は「福井市内のおでん屋に出入りしている女性客が手配中の福田元受刑者に似ている」と、通報があり、警察は同日夕、店から出てきた福田元受刑者に任意同行を求めた。

 

事情聴取に対し、福田元受刑者は当初「ナカムラユキコ」と名乗り、指紋採取を拒否。

 

否認していたが、手配指紋が一致し、容疑事実を認めたため、同6時40分逮捕された。

 

そして、時効成立まであと21日の逮捕ニュースは大々と報じられ、2003年11月、最高裁で無期懲役が確定していた。

Sponsored Link

▲トップへ戻る